2015年 05月 12日 ( 2 )

原発問題-北海道泊村は、ヨウ素剤の配布開始。

北海道新聞は2015年5月11日、「北海道電力泊原発が立地する北海道泊村と道は11日、村民を対象に原発事故時に甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の事前配布を始めた。19日まで、年齢に応じて1~2錠ずつ配る。安定ヨウ素剤の事前配布は道内で初めて。」と、報じた。

 以下、北海道新聞の引用。


北海道新聞-北海道泊村、ヨウ素剤の配布開始 原発立地、住民に2015年5月11日


 北海道電力泊原発が立地する北海道泊村と道は11日、村民を対象に原発事故時に甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の事前配布を始めた。19日まで、年齢に応じて1~2錠ずつ配る。安定ヨウ素剤の事前配布は道内で初めて。

 村によると、事前の問診で安定ヨウ素剤を服用できると判断された3歳以上の村民1076人が対象。親族が代理で受け取ることもできる。一方で、隣町の共和町は誤飲や紛失への懸念から事故後の配布を原則にしており、同じ原発の5キロ圏の自治体でも、対応が分かれた。

 配布会では村職員が服用方法などを一人一人に説明し、安定ヨウ素剤と注意書きを封筒に入れて手渡した。


by asyagi-df-2014 | 2015-05-12 09:26 | 書くことから-原発 | Comments(0)

米軍再編ー宮古島に自衛隊約800人配備打診

 安部晋三政権は2015年5月9日、沖縄県宮古島に自衛隊800人を配備することを宮古島市長に打診した。
 このことについて、琉球新報は、「防衛省の左藤章副大臣は11日午前10時、宮古島市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、陸上自衛隊の警備部隊、地対空ミサイル部隊、地対艦ミサイル部隊の合計約700~800人の部隊配備を正式に打診した。基地候補有力地として宮古島市の大福牧場と千代田カントリークラブの2カ所を挙げた。」と、報じた。
 また、国の要請理由と宮古島市長の見解について、「左藤副大臣は『国民の生命、財産、領土、領空を守らなければならない』と話し、南西諸島の防衛強化に理解を求めた。下地敏彦市長は『宮古の置かれた状況を考えると、理屈としては理解できる』と配備に理解を示し、今後、議会での議論を踏まえて市としての最終判断を出す考えを示した。」と、伝えた。

 このことも、米軍再編の一環である。

 以下、琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-05-12 06:18 | 米軍再編 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧