2015年 04月 22日 ( 1 )

原発問題-福島第1原発から汚染水流出

 またぞろの事件。
 東京新聞は2015年4月21日、「東京電力は21日、福島第1原発の『K排水路』と呼ばれる排水路内に設置したポンプ全8台が停止し、放射性物質で汚染されている雨水などが外洋に流出しているのが見つかったと発表した。」と、報じた。

 政府、企業の無責任体制がやはり問われるべきである。
 また、これはど原子力産業は技術力のない中で操業していたのかと、改めて驚かされる。

 以下、東京新聞の引用。


東京新聞-福島第1、排水路の全ポンプ停止 汚染雨水流出-2015年4月21日


 東京電力は21日、福島第1原発の「K排水路」と呼ばれる排水路内に設置したポンプ全8台が停止し、放射性物質で汚染されている雨水などが外洋に流出しているのが見つかったと発表した。ポンプが停止した原因や流出量などは調査中という。

 K排水路は、原子炉建屋周辺の雨水などを流す目的で設置。2号機原子炉建屋の屋上にたまった高濃度の放射性物質を含む雨水などが、事故直後から外洋に流出していたとみられることが今年2月下旬に判明したため、排水をポンプでくみ上げ、港湾内につながる別の排水路に移送する対策を今月17日に始めたばかりだった。


by asyagi-df-2014 | 2015-04-22 06:12 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧