2015年 04月 18日 ( 2 )

沖縄から-翁長雄志沖縄県知事は「辺野古反対は圧倒的な民意」と。

 翁長雄志沖縄県知事は、安部晋三首相との初めての会談で、「米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する姿勢をあらためて強調した。」と、沖縄タイムスは2015年4月17日報じた。また、「『自ら(米軍用の)土地を奪っておきながら、『嫌なら代替案を示せ』というのは、こんな理不尽なことはない』と強い調子で、首相に迫った。」とも、伝えた。

 以下、沖縄タイムスの引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-04-18 08:15 | 沖縄から | Comments(0)

労働問題-東京都労働委員会はファミマ店主は「労働者」と認定

 東京都労働委員会は、2015年4月16日、ファミリーマート本社に、ファミリーマート店主は労働組合上の労働者であることから団体交渉に応じることを命じた。
 東京新聞はこのことについて、「都労委の命令書によると、ユニオンは一二年九月と十月、本社に文書で団体交渉を申し入れたが、本社は店主個人との話し合いの場を設けたいなどとし、団体交渉について明確に回答しなかった。本社と店主の契約内容が本社によってあらかじめ決められ、店主は本社の業務依頼に応じなくてはならないことなどから、命令書は、店主が『顕著な事業者性を備えているとはいえない』と判断した。」と、報じた。
 一方、本社側の対応について、「本社広報室の担当者は『加盟店主は独立した経営者と考えており、中央労働委員会に再審査を申し立てる』と話している。」と、伝えた。

 こうした判断は、2014年3月の岡山県労委に次いで全国の労働委員会で二度目のものになった。
 資本(企業)による不当労働行為の実態が明らかになってきた。

 以下、東京新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-04-18 06:20 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧