2015年 04月 10日 ( 2 )

原発問題-伊方原発が3カ所目の合格へ。


 愛媛新聞は2015年4月10日、「四国電力は9日、愛媛県伊方町にある原発3号機の年内再稼働を目指し、原子力規制委員会の新規制基準適合審査会合での指摘事項を反映させ『原子炉設置変更許可』の補正申請書を来週前半に、規制委へ提出する方向で準備中と明らかにした。
 これを受けて、規制委員会は「『合格証』となる審査書案の作成に入る。」ことになる。したがって、このままでは、伊方原発は新規制基準に適合する3カ所目の原発となる見通しである。

 以下、毎日新聞及び愛媛新聞の引用。


毎日新聞-伊方原発:3カ所目の合格へ 新規制基準に適合-2015年04月09日


 原子力規制委員会は9日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の再稼働に向けた安全審査会合を開き、残る課題となっていた火山噴火対策を確認し、安全対策の審査を実質的に終了した。四電は近く、審査を踏まえた安全対策を盛り込んだ原子炉設置変更許可申請の修正文書(補正書)を提出し、規制委は「合格証」となる審査書案の作成に入る。伊方原発は新規制基準に適合する3カ所目の原発となる見通し。


愛媛新聞-伊方原発再稼働へ来週にも補正申請 四電方針-2015年04月10日


 四国電力は9日、愛媛県伊方町にある原発3号機の年内再稼働を目指し、原子力規制委員会の新規制基準適合審査会合での指摘事項を反映させた「原子炉設置変更許可」の補正申請書を来週前半に、規制委へ提出する方向で準備中と明らかにした。
 9日に東京であった審査会合の後、四電原子力部の黒川肇一副部長が報道陣に対し、提出時期について「来週前半にはやりたいとの目標で事務方が精力的に作業を進めている」と述べた。
 審査会合では、敷地に積もる火山灰の厚さを最大15センチに引き上げた影響について、四電が「堆積する火山灰の荷重に対し、原子炉建屋などの積載荷重には十分な余裕がある」などと説明した。


by asyagi-df-2014 | 2015-04-10 13:52 | 書くことから-原発 | Comments(0)

2016年度から使われる中学校用教科書の検定結果を危惧する。

 文部科学省は2015年4月6日、2016年度から使われる中学校用教科書の検定結果を公表した。
このことについて、沖縄タイムスは2015年4月7日、「領土に関する教育を強化させた学習指導要領解説書に沿い、社会科(地理・歴史・公民)の全ての教科書が尖閣諸島について取り上げ、多くが『固有の領土』と記述した。中国船による領海侵入などに触れる教科書も目立つ。歴史では、沖縄戦や沖縄の米軍基地問題を手厚く取り上げた『学び舎(しゃ)』が新規参入し合格、教科書の選択肢が広がった。』と、報じた。
 また、「領土教育については、今春から使われる小学校の社会科教科書も全て尖閣・竹島を記述しており、義務教育から教える流れが鮮明になった。社会科で政府見解の明記などを求めた新検定基準も初めて適用され、政府の立場を教科書に記載する傾向が強まった。」としている。

 この検定結果の焦臭さについて、2015年4月8日の沖縄タイムス社説は「国家による教育への過剰な介入は危うさがつきまとう。特に周辺諸国とのあつれきを生みかねない領土問題や歴史認識についてはなおさらだ。時計の針が戦前に逆回転しているような印象さえ受ける。」と伝えた。
 
 安部晋三政権下での「教書改革」の初の検定である。
 「政府見解の記述を求めるのは実質的な『国定教科書』への回帰である。」との指摘は、この政権下の方法論の常套手段を言い当てている。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-04-10 06:10 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧