2015年 04月 05日 ( 2 )

沖縄から-翁長雄志知事との会談

 菅義偉官房長官は2015年4月4日、米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区返還式典に出席するため沖縄を訪れた。5日には翁長雄志知事と会談を行うとされている。
 どうやら、その理不尽さが読み取れるキーワードは、次の三つの言葉である。
 ①「辺野古が唯一の選択肢」、②「総合的な政策で選ばれる」、③「法事国家として」。  
沖縄タイムスと琉球新報の社説から、この間の安部晋三政権の理不尽さを読み取る。
 
 (1)「辺野古が唯一の選択肢」について、「安倍晋三首相が好んで使う『この道しかない』という言葉は、サッチャー元英首相のスローガン『ゼア・イズ・ノー・オルタナティブ(ほかに選択肢はない)』に由来する。この言葉を政権は恐らく辺野古推進の哲学にしている。なぜ辺野古なのか、県外はどうなったのか。詳しい説明がないまま、県の頭越しに現行案を決め『唯一の選択肢』や『危険性の除去』を脅し文句のように繰り返している。」と、分析する。また、「選択肢のない政策はない。国と県が今後も協議を継続するのであれば、辺野古での海上作業を一時中断し、対話の環境を整えるべきである。」と、指摘する。
 実に、明快である。


 (2)「総合的な政策で選ばれる」について、次のように反論する。
 管氏は、「移設に反対する人もいれば、逆に普天間の危険除去を一日も早く実現してほしいという多くの民意もある」と述べたが、「菅氏の言う危険性除去は新基地建設のための方便にしか聞こえない。」。何故なら、「危険性除去を最優先させるなら、ここまで長期にわたって問題を引きずることはなかったはずだ」と。そして、「危険性の除去が主たる目的であるのなら、事故後すぐに基地は閉鎖されるべきであった。いまだに「世界一危険」なまま放置されていることに疑問を抱く。 菅氏の一連の発言にちらつくのは、政権のおごりと、都合のいい解釈である。」と、結論づける。
 これまた、明快である。


(3)「法事国家として」について、行政不服審査法の第1条「趣旨」は、「行政庁の違法不当な処分、公権力行使に関し、国民に広く不服申し立てのみちを開く」と定義されている。そもそも「国の不当な行為から私人を守ることが『趣旨』である法を使い、国の行為を守ったのだ。立法趣旨に反するとの意見が法学者の間でも強い。これで『法治国家』もあるまい。」と、切って捨てる。
 そして、「およそ非論理的な発言の数々は滑稽ですらある。これ以上、詭弁(きべん)を続けるのはやめてもらいたい。」と、結論づけた。

 安部晋三政権の方法論と沖縄の二紙のどちらが理に適っているか、これまた明快である。

 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-04-05 09:49 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-チビチリガマで慰霊祭(遺族会主催)

 琉球新報は、2015年4月5日、チビチリガマ の慰霊祭(遺族会主催)の様子を次のように伝えた。



「沖縄戦で米軍沖縄本島上陸直後の1945年4月2日、住民83人が『集団自決』(強制集団死)をした読谷村波平のチビチリガマで4日、慰霊祭(遺族会主催)が行われた。遺族や関係者ら約20人が集まり、70年前に起きた惨劇で犠牲となった肉親の冥福を祈り、平和を願った。沖縄戦終結から70年たったいま、住民が体験した『戦争』の記憶の継承に危機感が募る一方で、『「戦争のできる国』の流れが進む中、体験者や遺族らは『不戦』への思いを新たにしている。」
また同時に、遺族会の「チビチリガマから平和を発信するため、いろいろな形で子や孫に歴史を継承していきたい」との意思も伝えている。


 チビチチガマの悲劇は、シムクガマとの違いを含めて、これまでの戦争の意味を語りかけてくれてきた。
 「戦争ができる国」「戦争をする国」として変えられようとしている今の日本の状況について、「軍隊は住民を守らない」というチビチリガマを始めとする沖縄での事実を対峙させることの重要性を、あらためて深く振り返る必要がある。

 以下、琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-04-05 09:11 | 水俣から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧