2015年 03月 30日 ( 1 )

沖縄から-林芳正農相は30日、作業停止指示の効力停止。

 今回の農相による作業停止指示への効力停止政治的処置は、安倍晋三政権の予定内行動である。
 琉球新報は、2015年3月30日、このことについての知事の対応について、「翁長知事は同日午前、林農相が作業停止指示の効力の一時停止を発表したことに『じっくり精査し、正式に記者会見したい』との考えを示した。岩礁破砕許可を取り消すかどうかについては『これも含めて後で(説明を)やる』と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。」と、報じた。

 以下、琉球新報の引用。


琉球新報-辺野古 農相、作業停止指示の効力停止 知事「精査し会見」-2015年3月30日

 林芳正農相は30日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐり、翁長雄志知事による沖縄防衛局への海底作業の停止指示の効力を、一時的に停止すると発表した。水産庁の職員が同日午前、県庁を訪れ、効力を停止する内容を伝える文書を提出した。これに対し県は、防衛局への岩礁破砕許可の取り消しや訴訟などの対抗措置を検討している。
 翁長知事は同日午前、林農相が作業停止指示の効力の一時停止を発表したことに「じっくり精査し、正式に記者会見したい」との考えを示した。岩礁破砕許可を取り消すかどうかについては「これも含めて後で(説明を)やる」と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。
 県の作業停止指示はいったん失効する形となり、防衛局は辺野古沿岸部での海底ボーリング調査を続けるとみられる。


by asyagi-df-2014 | 2015-03-30 19:58 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧