2015年 03月 25日 ( 1 )

安倍首相が口にした『我が軍』という言葉。

 「五十嵐仁の転成仁語」というブログで、「安倍首相が口にした『我が軍』という言葉はどのような意味を持っていたのか」という内容に出合いました。
 どうやら、安倍首相は、3月20日のの参院予算委員会で、「自衛隊と他国との訓練について説明するなかで自衛隊を『我が軍』と述べました。維新の党の真山勇一氏が訓練の目的を尋ねたのに対し、首相は『我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている』」と、語ったということなのです。
 東京新聞が2015年3月25日に、「『わが軍』答弁、問題ない 野党批判に官房長官」という記事を掲載しましたので、驚くことに、間違いのないことなのです。それも、官房長官が、「自衛隊が軍隊であるかどうかは、定義いかんによるものだ。(答弁が)誤りとの見解は全く当たらない」と述べた、ということなのです。
 あきれ果ててしまいます。
 こんな人たちだから、現行の日本国憲法の意味を全く理解できないないしは理解しようとしない人たちであるからこそ、現在の状況があるということを、これはいつものように本音の発言であることを、改めて確認しました。

 例えばそれは、民主党の細野豪志政調会長の「これまで自衛隊という形で憲法の枠組みの中で積み上げた議論を、全部ひっくり返すような話を総理がおっしゃるということについては非常に理解に苦しむ。(新しい安全保障法制をめぐる)与党合意ができたということで前のめりになっておられるのかもしれないが、この問題については時間をかけてしっかりと国会でやることが極めて重要だ。私は安全保障については現実的な対応を、という考え方だが、私の目から見ても非常に懸念される状況なので、より民主党の役割は大きくなってきている」という発言が、あたりまえの反応である。
 さらに、現在の集団的自衛権の論議がいかにひどいものであることの証明である。

 以下、十嵐仁の転成仁語の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-03-25 17:41 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧