2015年 02月 08日 ( 1 )

沖縄から-辺野古新基地建設は沖縄の民主主義と人権の侵害と米大統領に書簡

 沖縄タイムスは、2015年2月5日、米国特約記者からの「米ブラウン大学のスティーブ・ラブソン名誉教授ら欧米日の識者ら17人は2日、オバマ米大統領に米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設中止を求める書簡を連名で送った。沖縄が建設に反対しているにもかかわらず、計画を強行しようとする日米両政府は『沖縄の民主主義と人権の侵害』と批判している」との記事を掲載した。

 こうした取り組みが、米国でも起こっていることを私たちはきちっと知る必要がある。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-02-08 08:43 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧