2015年 02月 03日 ( 1 )

「こういった事件を今後、繰り返さないための糸口が見えるかもしれない・・・。」ということを、噛みしめます。

 NPJを見ていましたら、水島宏明さんのブログの「後藤さんの災害事件で『あさイチ』柳澤キャスターの珠玉の1分間コメント」という記事に出合いました。

 それは、次のようなものでした。 ブログから引用します。


僕も後藤さんとはおつきあいがあったものですから、一番、いま、強く思っていることは、ニュースではテロ対策とか過激派対策とか、あるいは日本人をどうやって守ればいいか、が声高に議論され始めているんだけど、ここで一番、僕らが考えなきゃいけないことというのは、後藤健二さんが一体、何を伝えようとしていたのか、ということ。

戦争になったり、紛争が起きると弱い立場の人がそれに巻き込まれて、つらい思いをするということを、彼は一生懸命に伝えようとしていたんじゃないか。

それを考えることが、ある意味で言うと、こういった事件を今後、繰り返さないための糸口が見えるかもしれない・・・。

われわれ一人ひとりにできることというのはものすごい限界があるんですけど、この機会にそういうことを真剣に考えてみてもいいのでは・・・。

それが後藤さんが一番、望んでいることじゃないか。そう思ったものですから、冒頭なんですけど、ちょっとお話をさせてもらいました。」


 確かに、マスコミでは、驚くほど「テロ対策とか過激派対策とか、あるいは日本人をどうやって守ればいいか、が声高に議論され始めている」状態である。
  だからこそ、「ここで一番、僕らが考えなきゃいけないことというのは、後藤健二さんが一体、何を伝えようとしていたのか、ということ。戦争になったり、紛争が起きると弱い立場の人がそれに巻き込まれて、つらい思いをするということを、彼は一生懸命に伝えようとしていたんじゃないか。それを考えることが、ある意味で言うと、こういった事件を今後、繰り返さないための糸口が見えるかもしれない・・・。」ということを肝に命じたい。


by asyagi-df-2014 | 2015-02-03 06:06 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧