2015年 02月 02日 ( 2 )

私も、彼らの犠牲が最後となることを祈ります。

後藤健二さんらの人質殺害をうけて、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)が声明を出しました。

声明のつぎのことに、深く繋がります。

「暴力による負の連鎖を断ち切るために、原因を追求し、私たちは賢明な平和的手段で解決することを訴えます。」

「今も世界各地では戦闘や空爆が続き、犠牲者は増え続けています。暴力から尊い命を守ること、それが後藤さんがジャーナリストとして命をかけて伝えたかったことではないでしょうか。後藤さんと湯川さんのご冥福を祈ると同時に、彼らの犠牲が最後となることを祈ります。」

 以下、声明の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-02-02 19:47 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

集団的自衛権-「積極的平和主義を推進」 集団的自衛権で首相答弁

 東京新聞は、2015年2月2日、「安倍晋三首相は二日午前の参院予算委員会で『国民の命、安全を守ることは政府の責任であり、最高責任者は私』と述べた。首相が積極的平和主義と称して、集団的自衛権の行使を含む外交・安保政策を進めることで、日本がテロの標的になると問われたが『テロのない社会をつくるため、積極的平和主義を進める』と強調した。自衛隊による在外邦人救出を可能とする法整備にも意欲を示した。」との安部晋三首相の発言を報じた。
 また、「集団的自衛権の行使に関し『どこなら当てはまらない、近くなら当てはまる、ということではない』として、地理的な制約はないとの認識を示した。」とも伝えた。

 一国の首相の情緒的あるいは扇情的な言動が、国のあるべき姿を変えてしまう恐れを感じる。
 まずは、「積極的平和主義」という言葉の非論理性を突き詰めよう。

 以下、東京新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-02-02 17:39 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧