2015年 01月 15日 ( 1 )

沖縄から-辺野古新基地建設、海上作業を再開。市民ら激しい抗議、けが人も。

 2015年1月15日、辺野古新基地建設が新しい状況を迎えた。

 沖縄タイムスは、このことを次のように伝えている。

 「米軍普天間飛行場の返還に伴う新基地建設に向けた沖縄防衛局の作業再開を前に、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では15日未明、抗議の市民約100人と機動隊など県警120人以上が激しく衝突した。」

 「午前8時15分過ぎ、座り込んでいた80代の女性が機動隊から排除される際に頭を打ち救急車で病院に搬送された。ゲート前では、市民ら約50人が海上作業の再開に対し、激しい抗議を続けている。」

「沖縄防衛局は15日午前、名護市辺野古の新基地建設に向けた海上作業を再開した。午前9時半すぎから海岸のクレーン車でオイルフェンスをつり上げ、キャンプ・シュワブ沿岸に設置している。昨年11月の知事選、同12月の衆院選で沖縄の四つの全選挙区で新基地建設ノーの民意が示されており、県民の反発は強まっている。」

 安部晋三政権は、「自己決定権」の基本に、まずは立ち返るべきだ。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-01-15 21:08 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧