2014年 12月 09日 ( 1 )

GDP下方修正、これをどのように考えるか。

朝日新聞は、2014年12月8日、「7~9月期のGDPの2次速報では、物価の変動をのぞいた実質成長率は、前期(4~6月)と比べて0・5%減、この状況が1年続いた場合の年率で1・9%減となった。」と、報じた。

 例えば、安部晋三政権の閣僚は、「経営者の責任」と演説した。それは、自己責任論を振りまいた経営者達の「本人の責任」の言葉を彷彿とさせる。
 その構造は、自らの責任を放棄するために、または自らを守るために、ターゲットを差し出すやり方であり、何とヘイトクライムの構造そのものでもあるのだ。

 安部晋三政権は、確かに、差し出すものと囲うものを明確化して戦略を作り上げてきた。 安部晋三政権の「成長戦略」とは、まさしくそういうものである。そして、そのもとにもたらされたものが、この結果である。
 だとしたら、安部晋三政権とは違う地平を目指さなければならない。
 何故なら、安部晋三政権が、この先、囲うもののために、より一層の差し出すものを用意しているからである。

 以下、朝日新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-12-09 20:59 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧