2014年 12月 07日 ( 1 )

反戦歌うと「監視」

東京新聞のこんな記事を見つけました。

「ライブから四年後、報道機関から突然、電話がかかってきた。『あなたが自衛隊の内部資料に載ってます』。資料は共産党が自衛隊員の内部告発を基に公表したものだった。男性の仕事は福祉系団体職員。所属政党もない。ライブ活動は芸名だ。それなのに勤務先や本名まで記されていた。
『陰湿さ、恐ろしさを感じた』。知らぬ間に監視対象にされたことに震えた。
『戦時中に憲兵隊や沖縄の日本軍がやったような国民監視はやめさせねば』。男性は〇九年二月、自衛隊の監視差し止めを求める裁判を仙台地裁に起こした。」

  記事は、「男性の個人情報を記載した内部資料には、消費税増税に反対する団体の活動も盛り込まれていた。男性は仙台で脱原発デモに参加しながら、監視の網が広がる不安をぬぐえないでいる。『原発再稼働や集団的自衛権への抗議活動も監視され、参加者を調べているかもしれない』と、警鐘を鳴らす。

 以下、東京新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-12-07 11:37 | 特定秘密保護法 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧