2014年 11月 12日 ( 1 )

沖縄から-三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第15回

 沖縄の地で、体を張って新しい歴史を作ろうとしている人たちがいる。
 そこには、その煌めきの記録を残そうとしているジャーナリストがいる。
だとしたら、その生きざまの瞬間を私たちは受け取る必要がある。
三上知恵の沖縄撮影日記。
 
 
 今日の報告では、いつにも増して、「この映像を見ただけで、地球の裏側に住む学者でも、いや、専門知識などないアルプスの牧童でも、誰でも『この海を潰してはいけない』と言うはずだし、主張する権利は同じだけある。この海の価値を知る者にしかこの海は守れない。直感で動ける人にしか状況を変える力はない。『仕事だから』と思考を停止しながら埋立てに協力する人達や、『日米が決めたことに逆らえない』と諦めて眺めている人達は、たとえこの海に触れる近さにいたとしても、守る力を奪われてしまっているのだ。
 だから、この映像を見て『すごい!』と思ってくれた、大浦湾を見たこともない人達にお願いしたい。『この海を埋めるのは地球の損失であり狂気の沙汰である」と、表明して下さい。間に合わなくなる前に。」と、訴える。

 そうなのです。
 「間に合わなくなる前に」という言葉を肝に銘じて。
 今回は、このホームページで、動画を見てください。

 以下、三上知恵の沖縄撮影日記の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-12 19:37 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧