2014年 10月 08日 ( 2 )

ヘイトクライム-李信恵さんの第一回口頭弁論

在日特権を許さない市民の会(在特会)と同会の桜井誠会長、そしてまとめサイトである保守速報に対して損害賠償を請求する訴訟を起こした、李信恵さんの第一回口頭弁論が大阪地方裁判所にて10月7日に行われた。

以下、日仏共同テレビ局の記事の引用。


日仏共同テレビ局-李信恵氏 差別撤廃に掛ける想い- 2014年10月7日

在日コリアンでありフリーライターの李信恵氏の第一回口頭弁論が大阪地方裁判所にて10月7日、行われた。

李信恵氏は8月18日、在日特権を許さない市民の会(在特会)と同会の桜井誠会長、そしてまとめサイトである保守速報に対して損害賠償を請求する訴訟を起こした。

李信恵氏は在特会と保守速報によるヘイトスピーチ・差別や誹謗中傷を受け、差別撤廃や再発防止の為に訴訟を決意した。今回被告側は姿を見せず、次回公判は12月16日に予定されている。なお、保守速報との裁判は第一回口頭弁論が10月30日10:00から大阪地方裁判所にて行われる。

公判終了後に開かれた報告会には100名を超える人が集まり、上瀧浩子弁護士や報告会主催団体である「李信恵さんの裁判を支える会」(リンダの会)スタッフの話に聞き入った。 李信恵氏は報告会で、公判傍聴に来た人々に感謝の思いと裁判に向けた決心を語った。

Reported by 冨田すみれ子・大阪特派員


by asyagi-df-2014 | 2014-10-08 18:01 | 書くことから-ヘイトクライム | Comments(0)

労働問題-賃金体系や労働時間規制の見直しに突き進む前に、政府には解決すべきことが山ほどある

高知新聞は、2014年10月3日、安部晋三政権に対して、「政労使会議 政府が口を挟むことか」と、社説で苦言を呈した。
 その内容は、「政府と経済界、労働界代表による政労使会議で安倍首相は、年齢や勤続年数に応じて給料が上がる年功序列型賃金の見直しを検討するよう求めた。」というものである。
 高知新聞の見解は、「労使交渉を飛び越し、政府が賃金体系の見直しに口を挟むのはおかしい。」とした。
 どうやら、安部晋三政権には、根本的問題が横たわっているようだ。
 日本国憲法、自由権、基本的人権等の基本原則、基本理念を理解できていないということだ。
 こう指摘すると、いびつな戦後体制をかたち作ってきた諸々を壊すために政策展開をしているのだと、抗弁してくるのだろう。
 しかし、「連合の古賀会長は『労使で議論してきた積み重ねが現在の姿。年功序列の(賃金)カーブだけを見て解消すべきだというのは乱暴』と反論」といったこれまで労使で培ってきた枠組みを、「成長戦略」という一部利益団体の利潤追及に添った制度に無理矢理変えようとするやり方には、「日本国憲法、自由権、基本的人権等の基本原則、基本理念を理解できていない」というしかない。
 そしてやはり、労働者の問題については、高知新聞同様に、「全労働者の4割近くを非正規雇用が占める中、若者らを長時間労働で使い捨てるブラック企業の問題なども深刻だ。賃金体系や労働時間規制の見直しに突き進む前に、政府には解決すべきことが山ほどある。」と、強く言うしかない。

 以下、高知新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-08 05:29 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧