2014年 09月 21日 ( 2 )

沖縄から-防衛局長との交渉の様子

やんばる東村 高江の現状のホ-ムページは、2014年9月19日、防衛局長との交渉の様子を「不毛」という表現で伝えています。
 その報告の最後は次のように結ばれています。

「私たちが最後の最後に言った『話し合いもないまま強制排除はありえませんからね!』の念押しを聞いた時の局長の顔はこれでした。
ハッキリ言って、コワイです。
“まだ決まっていない” が、ある日 “決まったから排除する” に代わる、ある日突然警備員を引き連れて強制排除が始まってしまう、そんなXデイは、実はもう水面下で準備されているのではないでしょうか・・・。
防衛局のしらばっくれた対応は、何を意味するのでしょうか?
皆さんは、この局長の表情から、何を感じ取りますか?」

 ここでは画像はありませんが、確かに、ある種の強い意思を感じます。

 以下、やんばる東村 高江の現状の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-09-21 05:55 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-辺野古に県民再結集

沖縄県名護市の辺野古で、新基地建設に反対する「みんなで行こう辺野古へ。止めよう新基地建設! 9・20県民大行動」と題した新基地建設に反対する集会が、2014年9月20日の午後、辺野古漁港に隣接する浜辺で開かれた。
この集会には、5,500人が参加した。
集会では、「子や孫のために、サンゴのために、ジュゴンのために、未来のために―などと、全国、全世界の人々と連携して新基地建設を止めよう」というスローガンが採択された。

 以下、沖縄タイムス及び共同通信、琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-09-21 05:32 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧