2014年 09月 09日 ( 1 )

沖縄から-辺野古市議選は反対を示した。

 辺野古基地問題を焦点として行われた名護市議選は、「建設反対の稲嶺進市長を支える与党候補が過半数を維持した。1月に稲嶺市長が圧勝した市長選に続き、あらためて建設に反対する名護市民の民意を明確に示したことになる 」と報じられた結果となった。
 この結果は、「4年前の市長選以降、市民が2度の市長選と2度の市議選で基地建設反対の意思を鮮明にし、維持し続ける意味は大きい。」ものである。
 本来、政府はこの結果を受けて、「新基地建設を強行せず、地元名護市民が出した建設反対の意思を真摯に受け止める必要」があるはずである。
 しかし、安部晋三政権の菅官房長官は、次の様に政府の姿勢を述べている。
 「市議選はその一点だけの結果ではない。辺野古移設は淡々と進める」とし、「地元のみなさんにはさまざまな意見があることは承知している」とした上で、「普天間の固定化は絶対に避けなければならない」と強調。「一日も早く普天間返還が実現できるよう全力で取り組む」と。
 こうした安部晋三政権のあり方について、琉球新報は、以下のように、現政権を切って捨てる。
 「それなら今回、逆の結果が出たのだから、政府は『市民の民意は移設反対だ』と言明すべきだ。移設作業を中断するのが筋であろう。しかし政府は移設強行の姿勢をあくまで続ける構えだ。論理性はみじんもない。
 ことし1月の名護市長選で稲嶺氏は「自然と未来の子どもを守るためにも、辺野古に新しい基地は造らせない」と訴えた。市民はその決意を信じ、自らや子孫の将来を託した。本来ならその時点で政府は新基地建設を断念すべきだ。
 例えばじゃんけんをするとする。幼児は往々にして、自分が勝つまで執拗(しつよう)に繰り返すよう求めるものだ。
 自分の見たいものだけを見て、自分が見たくないものには目をふさぐ。見たい選挙結果が出るまで、何度でも執拗に繰り返しを求める。辺野古移設をめぐる政府の態度は、そのような幼児的心性そのものだ。」

 あえて、安部晋三政権には、要求する。
「政府は新基地建設を強行せず、地元名護市民が出した建設反対の意思を真摯(しんし)に受け止める」こと。そして、沖縄の民意に立って、辺野古新基地建設を永久に断念すること。

以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用





More
by asyagi-df-2014 | 2014-09-09 05:30 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧