2014年 09月 07日 ( 2 )

原発問題-川内同型原発は審査簡略化可能か

 「川内(せんだい)原発と同型炉なら審査の効率化は可能じゃないですか」という菅官房長官の発言を改めて考えてみた。
 この発言は、これまでにも指摘してきたように、命の問題は隅に追いやり、成長戦略を題目として掲げた以上何としてもやりとげようとする安部晋三政権の政治的意図を感じさせるものである。
 このことについては、次のような反論がまっとうなものして出されている。

(東京新聞引用)
「菅氏の発言は、早く原発の審査を終えたいという本音なのでしょう」。規制委に対しても、「本来、『審査をなんだと思っているんだ』と苦言を呈すべきなのに、なぜ黙っているのか」と批判した。

「上流のダムを一つ決壊させれば、下流のダムも次々と決壊するということなのでしょう。だが、川内が終わる前から、次の原発の再稼働を考えているとは、あきれてものも言えない」

「原発ごとに地震の大きさ、津波の影響も変わる。老朽化の具合も違う。それぞれの原発の事情を考慮することなく審査を簡略化するようなことは、あってはならない」

「安全審査でなく、基準の適合性を審査した。安全だということは私は申し上げませんと、国会でも答えてきた」などと話した。つまり、菅氏の「安全軽視」の姿勢は根本的に誤っているというわけだ。

(小出裕章ジャーナル引用)
「新規制基準では、『活断層をより厳密に審査しろ』ということであったり、あるいは、『津波の影響がどれだけあるかを審査しろ』とかいうことであったわけで、そういうものは全て敷地に依存していますので、加圧水型という原子炉のかたちとは違うことをキッチリと評価しなさいというのが新規制基準の目玉ですので、そんなもの簡略化できる道理がないのです。」

   この問題は、小出裕章さんの次の結論に尽きる。

 「一番大切なのは、本当に住民の安全が守れるかということなのであって、それこそ大切であって、個別敷地に依存しているのです。ですから簡略化というのは、ほんのごく一部でできる場所もあるかもしれませんが、ほとんどのものはできないと思った方がいいと思います。」

 以下、東京新聞及び小出裕章ジャーナルの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-09-07 09:36 | 書くことから-原発 | Comments(0)

沖縄から-辺野古工法変更

沖縄防衛局は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て工法の変更を沖縄県に申請した。
県は、わずか1カ月で審査を済ませ、10月上旬にも承認の予定だという。
 このことについて、沖縄タイムスは、この「変更申請は、名護市との協議などを避ける内容で、稲嶺進市長の権限を骨抜きにする狙いがあり、“名護外し”が鮮明になった。」と、断じている。
 また、10月承認とも伝えられる沖縄県の姿勢について、「申請からわずか1カ月での承認を予定する姿は国との共同歩調そのものだ。容認を通り越して推進派に等しい。『政府の仕事』どころか、県が先導役になっているではないか。世論調査で県民の8割が反対する移設工事を国と共に推進するのでは、沖縄の民意を代表する資格はない。」と、仲井真県政を糾弾している。

 いずれにしても、安部晋三政権の姑息なやり方は、際立っている。
 この間の安部晋三政権の手法は、琉球新報の「沖縄県自ら、沖縄の民意など聴く必要がないと言っているようなものだ。あきれるほかない。」という慨嘆にとどまらず、「すなわち植民地と言うに等しい。」という言葉の領域にすでにたどり着いてしまっている。
 忘れてはいけない、沖縄県議会は9月3日に新基地建設の即時中止を求める意見書を可決したばかりなのである。
 今、日本にとって本当に必要なものは、「沖縄の在り方を決めるのは沖縄の民意であるべきだ。」という地域の自己決定権の確立である。

 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-09-07 05:59 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧