2014年 07月 17日 ( 1 )

貧困問題-子どもの貧困1

 沖縄タイムスは、2014年7月15日、共同通信記事として「子どもの貧困率16・3%過去最悪を更新、厚労省調査」と報じた。
 以下、沖縄タイムス記事引用。


 平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す「子どもの貧困率」が2012年時点で16・3%と過去最悪を更新したことが15日、厚生労働省の国民生活基礎調査で分かった。所得の減少が原因で、前回調査の09年時点から0・6ポイント悪化した。深刻化する子どもの貧困問題に対応するため、政府は今月下旬に対策の大綱を閣議決定する。実効性ある対策の必要性が鮮明になった。
 また、介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、介護を担うのも65歳以上という「老老介護」の世帯の割合は13年時点で51・2%と初めて半数を超えたことも判明した。(共同通信)

 厚生労働省は2014年7月15日、の「平成25年国民生活基盤調査の概要」の中で、貧困率の状況について、「平成24 年の貧困線(等価可処分所得の中央値の半分)は122 万円(名目値)となっており、『相対的貧困率』(貧困線に満たない世帯員の割合)は16.1%となっている。また、『子どもの貧困率」(17 歳以下)は16.3%となっている。『子どもがいる現役世帯』(世帯主が18 歳以上65 歳未満で子どもがいる世帯)の世帯員についてみると、15.1%となっており、そのうち「大人が一人」の世帯員では54.6%、「大人が二人以上」の世帯員では12.4%となっている」と、発表した。
 また、 生活意識の状況については、「生活意識別に世帯数の構成割合をみると、『苦しい』(『大変苦しい』と『やや苦しい』)が59.9%、「普通」が35.6%となっている。年次推移をみると、『苦しい』と答えた世帯の割合は、近年、上昇傾向となっている」と、している。

これまでも、2007年の国連総会では、子どもの貧困について、「貧困によって誰もが悪影響を受けるが、子どもたちが経験する貧困は異なる」という認識を示している。
 このように、子どもの貧困の解決は、緊急且つ重要な課題となっている。政府が今月下旬に対策の大綱を閣議決定するとしており、注目をしなければならない。


by asyagi-df-2014 | 2014-07-17 05:25 | 書くことから-貧困問題 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧