沖縄-辺野古- 高江-から-2017年7月22日

 「沖縄県は、沖縄防衛局が進める名護市辺野古の新基地建設工事の差し止めを求め、24日午後に那覇地裁へ提訴する。判決まで工事停止を求める仮処分も同時に申し立てる。・・・辺野古新基地に関する訴訟で、新基地建設を巡る県と国の対立は、再び法廷での争いに入る。」、と沖縄タイムスは伝えた。
 実は、問われているのは、日本という国のあり方だ。
一方、沖縄では、「辺野古・大浦湾の埋め立てを止めよう!人間の鎖大行動」(基地の県内移設に反対する県民会議主催)が22日開催され、主催者発表で約2千人の参加者は国道329号沿いのフェンス約1・2キロに並び、手をつないで「人間の鎖」をつくり、四つのゲートを封鎖した。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。

 2017年7月22日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-米軍機墜落原因は操作ミス、沖縄 本島沖事故で海兵隊報告書-2017年7月21日 20:45


 琉球新報は、「米海兵隊は、沖縄本島沖で昨年9月、攻撃機AV8ハリアー1機が墜落した事故について、空中戦訓練中にコントロールを失い、きりもみ状態となった機体を回復できなかったパイロットの操作ミスが原因だとする調査報告書をまとめた。提供を受けた日本政府が21日、概要を公表した。」、と報じた。
 また、「米軍は同様の事故が発生しないように、墜落事故が起きた訓練時の状況をフライトシミュレーターで再現し、訓練を行うなどの再発防止策を取ったとしている。ただ、具体的にどのような操作ミスが墜落につながったのかは不明。』、と伝えた。


(2)沖縄タイムス-沖縄県、24日に辺野古差し止め提訴 漁業権争点に 工事停止仮処分も申し立て-2017年7月22日 05:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県は、沖縄防衛局が進める名護市辺野古の新基地建設工事の差し止めを求め、24日午後に那覇地裁へ提訴する。判決まで工事停止を求める仮処分も同時に申し立てる。埋め立て承認取り消しを巡る違法確認訴訟で県敗訴が確定して以降、初めての辺野古新基地に関する訴訟で、新基地建設を巡る県と国の対立は、再び法廷での争いに入る。」
②「県は、防衛局が県漁業調整規則に基づく翁長雄志知事の許可を得ずに、岩礁破砕行為をするのは違法だと指摘。破砕行為はまだ行われていないが『今後行われるのは確実だ』」として提訴に踏み切る。」
③「一方、国は今年1月に名護漁協が埋め立て海域の漁業権を放棄し、漁業権は消滅したため岩礁破砕許可は不要だと主張。以前の許可が切れた今年4月1日以降、新たな申請を出さず工事を継続しており、裁判では『許可不要』として全面的に争う構えだ。」
④「県は、名護漁協の漁業権の一部放棄は『漁場の変更』に当たるため、知事の変更免許が必要との認識だ。県は、漁業権に関する過去の見解を変更した水産庁に対し、2度にわたり見解を照会したが十分な回答は得られなかった。今回の裁判で実質審理入りすれば、漁業権の解釈が争点となる。一方、自治体が行政上の義務の履行を求める訴訟は、裁判の審理対象(法律上の争訟)とはならないとの最高裁判決がある。裁判所の判断によっては、今回の訴訟が審理対象にならない可能性もある。」
⑤「提訴後、知事や弁護団は会見を開き、争点や訴訟の意義などを説明する予定。」


(3)沖縄タイムス-辺野古新基地反対の意思つなぐ 2千人の「人間の鎖」、1・2km伸び4ゲートを封鎖-2017年7月22日 15:10


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する『辺野古・大浦湾の埋め立てを止めよう!人間の鎖大行動』(基地の県内移設に反対する県民会議主催)が22日、米軍キャンプ・シュワブ前で開かれた。主催者発表で約2千人の参加者は国道329号沿いのフェンス約1・2キロに並び、手をつないで『人間の鎖』をつくり、四つのゲートを封鎖した。」
②「午後2時、ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表が『21年間闘い続けた名護市民にとっても印象に残る日になる。米軍基地、キャンプ・シュワブが県民から嫌われていることを示そう』と開会を宣言。参加者らは、時間がたてば溶けるという素材を使った千個の風船を大空に飛ばした。」
①「司会を務めた玉城愛さんは『辺野古新基地建設を絶対に許さないという強い気持ちが風船に込められている』と語った。地元の稲嶺進名護市長はあいさつに立ち、『この暑さは、ぎらぎらと輝く太陽と一人一人の煮え立つ思いだ。この思い、この頑張る行動は必ず権力に対しても大きな影響を及ぼし、われわれの願いをかなえさせる』と新基地建設反対を貫く覚悟を示した。」


(4)沖縄タイムス-深夜飛行は「違反でない」「最小限にとどめた」 米軍、沖縄での訓練改善示さず-2017年7月22日 10:35


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「在沖米海兵隊は21日、沖縄県宜野座村城原の集落近くで午後11時40分にも及んだ深夜の飛行訓練について、『いかなる2国間の取り決めにも違反しない』と表明し、改善する姿勢を示さなかった。本紙の取材に答えた。」
②「集落に近いキャンプ・ハンセン内の着陸帯『ファルコン』では17日、オスプレイ1機が午後8時ごろから11時40分にかけて低空で旋回。日米合同委員会による騒音防止協定で午後10時~午前6時の飛行は『米軍の運用上必要と考えられるものに制限』と定めているが、海兵隊は『夜間飛行は乗員の練度を維持するために必要で、最小限にとどめている』と主張した。」
③「20日の物資つり下げ訓練については『民間地上空ではなかった』と説明。宜野座村の住宅地上空で、同様の訓練をしないとの従来方針は守る意向を示した。城原区の崎濱秀正区長は『米軍が勝手に必要だと決めて訓練されたらたまったものではない。日本政府が弱いからこういうことになる』と批判した。」


(5)琉球新報-機動隊、ゲート向かいのブロック撤去 市民反発し、一時もみ合いに-2017年7月22日 12:44


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で22日午前、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前では市民約80人が集まり、抗議行動を展開した。午前9時20分ごろ、工事用車両が出入りするゲートと道向かいにある閉鎖されたゲート前に市民が置いていたブロックやのぼりを県警機動隊が撤去し、市民らと一時もみ合いになった。市民らは『私たちの私有財産だ』『窃盗だ』と抗議した。県警は取材に対し『道路上に違法に物が置かれているので撤去した』と説明した。午前中に工事車両の基地内への出入りは確認されなかった。」
②「K9護岸では午前10時50分ごろ、消波ブロックを設置する作業が行われた。市民らが抗議船3隻、カヌー14艇で抗議した。」
③「22日午後2時からはキャンプ・シュワブのフェンス沿いを参加者が手をつなぎ新基地建設に抗議する『人間の鎖大行動』(基地の県内移設に反対する県民会議主催)が予定されており、シュワブゲート前には10時すぎ、各地からの参加者が次々と到着した。」




by asyagi-df-2014 | 2017-07-22 21:24 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧