沖縄-辺野古- 高江-から-2017年7月13日

 沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」は、民間人を含むDNA鑑定を望む遺族の名簿135人分を提出した。
希望する全遺族の鑑定は、国の責務だ。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。

 2017年7月13日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-遺族135人が集団申請 戦没者DNA鑑定 国は実施に前向き-2017年7月13日 07:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表と遺族らは12日、参院議員会館で厚生労働省に対し、民間人を含む戦没者遺骨の身元を特定するためのDNA鑑定を望む遺族の名簿135人分を提出した。戦没者遺骨の鑑定を集団申請するのは初めて。これまでは事実上、軍人・軍属に限定され、死亡場所も条件付きだった。」
②「これに対して厚労省の担当者は『民間人を排除する意思はない。軍属、民間人を問わず、DNA鑑定をしていくと考えていたが、これまで民間の方が手がかりがなかった』と民間人を含む鑑定に前向きな姿勢を示した。」
③「今回、鑑定を求めている戦没者は民間人も多く、死亡場所が分からない例が多い。具志堅代表は『死亡場所が分からないのが沖縄戦の実情だ』と軍民や死亡場所を問わず、希望する全遺族の鑑定を求めた。」
③「厚労省は月内にもホームページなどで鑑定の申請方法を周知。集団申請した135人を含む戦没者の遺族に申請書を送付し、手続きを進める方向で県と調整している。申請時に詳細な情報を記載することも促す。」
④「ガマフヤーは鑑定を拡大するための要請書も提出。(1)沖縄戦遺族のDNA鑑定の全員受け付けと、年1回、照合結果を遺族に報告(2)県が保管する遺骨を迅速に鑑定(3)国際基準に沿った鑑定体制構築(4)テレビやラジオ、新聞などでのDNA鑑定募集広報の実施―の4項目を求めた。厚労省の担当者は4項目の要請に対しても前向きに進める考えを示した。」


(2)沖縄タイムス-辺野古新基地:炎天下、建設阻止で市民ら連携訴え K1・K9の護岸工事進む-2017年7月13日 12:35


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では13日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が集まった。強い日差しが照りつける中、『埋め立てやめろ』『海兵隊は出て行け』などとシュプレヒコールを上げた。」、と報じた。
 また、「ゲート前のテントでの集会では、県外からの参加者らがマイクを握り、『沖縄と連帯して米軍基地をなくす運動を続けたい』などとあいさつ。連携して埋め立て工事を阻止する決意を示した。一方、シュワブ内にある『「K1』『K9』では、石材が入った網袋を敷き詰める護岸建設作業が続いた。気温33度を超える炎天下、新基地建設に反対する市民が乗ったカヌー13艇が抗議行動した。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-米海兵隊のKC130、嘉手納に着陸 ミシシッピ州で墜落と同型機-2017年7月12日 18:05


 沖縄タイムスは、「米南部ミシシッピ州で墜落事故を起こした米海兵隊のKC130空中給油機と同型機で岩国基地(山口県)に所属する1機が12日午後5時23分、嘉手納基地に着陸した。2014年8月に普天間飛行場所属から全15機が岩国に移駐したとされるが、その後も普天間飛行場や嘉手納基地など県内への飛来は相次ぐ。沖縄近海で垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなどへの空中給油や物資輸送など拠点化した訓練が恒常化している。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-憲法9条の理念を多彩に表現 沖縄平和美術展、那覇市で開幕-2017年7月12日 18:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「『御万人の宝(うまんちゅぬたから)・憲法9条』をキャッチフレーズに第35回沖縄平和美術展(主催・同実行委員会)が11日、那覇市民ギャラリーで始まった。無審査自由出品(アンデパンダン方式)で絵画・写真部門で計132点を展示。絵画部門は油彩や水彩、アクリル、水墨画、キルトアートの平面や、彫刻など多様な表現の作品が並ぶ。16日まで。入場無料。」
②「同実行委員会の顧問で、ともに今年亡くなった久場とよさんと山田實さんの作品も展示されている。ほか、写真家の石川文洋さんや大城弘明さんも出品した。実行委員長で画家の宮良瑛子さんは油彩『オスプレイ墜落』を描いた。」
③「仲程桂一郎事務局長は『10歳の子も出品しており、参加者が幅広くなっている』と話す。会場には『平和の木』と名付けたポスターも掲示。鑑賞者の感想を葉っぱ型のカードに書き込んで貼る試みだ。仲程事務局長は『会期中、大木に育てたい』と呼び掛けている。」



by asyagi-df-2014 | 2017-07-13 18:52 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧