沖縄-辺野古- 高江-から-2017年7月5日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 「毎日のように砕石が大浦湾に投下されているが、新基地建設反対をわれわれは諦めていない」、と団結の声。また、「沖縄の近代史の中でこれだけ長く続いた闘いはないのではないか。」、とも。
 「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブゲート前での建設反対の座り込みが6日で3年を迎える。」、と琉球新報。


 2017年7月5日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


1)琉球新報-明日で反対座り込み3年 辺野古新基地建設-2017年7月5日 13:15


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブゲート前での建設反対の座り込みが6日で3年を迎える。5日午前、ゲート前には約120人の市民らが座り込み「毎日のように砕石が大浦湾に投下されているが、新基地建設反対をわれわれは諦めていない」などの声を上げ、団結している。」
②「この日、名護市は午前中に気温30度を記録した。日光が照りつける中、市民らは日傘などで日よけをし、額に汗を流してゲート前に座り込んだ。ゲート前の座り込みの司会を務めた平和市民連絡会の城間勝事務局長(71)は座り込みが3年を迎えることについて『参加してくれる人がよくこんなに長く頑張ってくれたと思う。沖縄の近代史の中でこれだけ長く続いた闘いはないのではないか』と話した。」
③日々、大浦湾に砕石などが投下されている現状については『新基地建設の全体像から見れば、工事の現状はまだまだ初期段階だ。今ならまだ基地建設反対が間に合う』と話し、今後も座り込みに多くの人が参加するよう呼び掛けた。」
①「一方、海上ではシュワブ沿岸の『K9護岸』で資材を積んだトラックが砕石や砂袋を投下し、重機で敷きならす作業が進められた。」


(2)琉球新報-重機走行で県道70号損傷 米軍北部訓練場N1ゲート前-2017年7月5日 07:30


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場内のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)工事に関して、工事に関わる重機がN1地区ゲート前の県道70号を走ったため、重機の走行用ベルトが道路の表面を削り、白く傷ついた跡が県道70号に残った。ベルト跡は2メートル以上にわたって見られた。沖縄防衛局は3日午前に県道70号を管理する県北部土木事務所に傷付けた県道70号の状況を説明した。沖縄防衛局は本紙取材に『準備が整い次第、補修工事を実施する』とした。」。と報じた。


(3)琉球新報-「やんばるは県民の水がめ」 ヘリパッド建設で市民座り込み-2017年7月5日 12:59


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で5日午前、ヘリパッド建設に反対する市民9人がN1ゲート前に座り込み、抗議の声を上げた。機動隊が市民を強制排除した後、資材や重機を積んだ工事車両が15台ほど北部訓練場内に入った。」、と報じた。
 また、「那覇市から座り込みに参加した仲本政幸さん(73)は毎週東村高江に通い、ヘリパッド建設に反対してきた。『やんばるは県民の水がめであり、大自然の宝庫。ここに来るのは高江の人のためでもあるが、県民のためでもある』と話した。」、と伝えた。


(4)琉球新報-ヤンバルクイナ放鳥 交通事故で治療 国頭-2017年7月5日 13:49


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「国頭村謝敷の県道2号で6月27日、交通事故に遭い保護されたヤンバルクイナの雄1羽が放鳥された。治療したNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の職員らが見守る中、籠から放たれたクイナは、森の中へと駆けていった。クイナの放鳥は今年2件目。」
②「ヤンバルクイナは雄の成鳥で体長約35センチ、体重約480グラム。22日に県道2号で事故に遭った。事故直後に現場を通り掛かったどうぶつたちの病院職員が救護し、うるま市の同病院へ搬送した。全身打撲があったが骨折などはなく、回復も早かったことなどから事故から5日で放鳥した。」
③「どうぶつたちの病院によると、今年に入り、ヤンバルクイナの交通事故は26日現在で14件発生している。交通事故以外の原因(野犬や野猫、カラスによる捕食など)も含めて24日現在で、32件の救護・死骸回収が発生しており、約半分の15件が6月に発生している。同病院の金城道男理事は「繁殖期が続いており、餌を探しに道路に出てくることが多い。ヤンバルクイナを見つけるぐらいの気持ちでゆっくり走ってもらいたい」と呼び掛けた。」


(5)沖縄タイムス-辺野古新基地:石材の設置作業続く 市民ら海と陸から抗議-2017年7月5日 11:13


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ北側の新基地建設工事現場では5日、K9護岸建設予定地で石材を入れた網袋を設置する作業が行われた。建設に反対する市民らは船やカヌーに乗って抗議した。ゲート前では市民約100人が座り込みをしながら、歌を歌ったり『違法工事をやめろ』と声を上げたりして抗議した。午前10時半までに工事車両の搬入はなく、暑さ対策のため近くのテント内に移って監視を続けている。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-「自衛隊は石垣島の経済発展阻む」 尖閣慰霊祭で非戦訴え-2017年7月5日 07:47


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「戦時中、疎開船が米軍機の攻撃を受けた『尖閣列島戦時遭難事件』の犠牲者を悼む慰霊祭(主催・尖閣列島戦時遭難者遺族会)が3日、沖縄県石垣市新川の慰霊之碑であった。約50人が参列し、尖閣近海の平穏と恒久平和を願った。式辞で慶田城用武会長(74)は石垣島への自衛隊配備計画に触れ『経済発展の阻害要因となる』などと反対した。」
②「慶田城会長は、強行採決された『共謀罪』法などの成立や南西地域への自衛隊配備計画など近年の政治状況に懸念を示し『魚釣島の領土問題は経済や文化を通し信頼関係を築き、外交で解決すべきだ』と指摘した。その上で、『石垣島は経済が自立可能な宝の島。経済の発展の阻害要因となる自衛隊配備はやめるべきです』などと訴え、非戦・平和への思いを語った。」
③「1945年7月3日、台湾へ向かう疎開船2隻が米軍の攻撃を受けて少なくとも80人余が犠牲となった尖閣列島戦時遭難事件。72年たった慰霊祭に参加できた生存者は2人。高齢化で遺族らの参加も減る中、父や母の思いを胸に次世代へ語り継ごうと誓う参列者の姿があった。」
④「事件は、疎開船2隻のうち1隻が沈没し、もう1隻は航行不能で尖閣諸島の魚釣島へ漂着した。銃撃死や溺死、漂着先での約1カ月間で餓死者も出たが、正確な犠牲者数は不明という。「いつも私たちを連れて海で手を合わせ、無言で涙を流した姿が忘れられない」。浦添市の崎村サヨさん(69)=石垣市出身=は慰霊祭で、父・知名定喜さん(享年60)の無念を語った。知名さんは当時34歳で、前妻と子ども3人の家族全員を失った。妻たちは台湾で働く知名さんの元へ疎開し、一緒になるはずだった。崎村さんは知名さんと再婚した豊子さん(99)との長女。幼くして亡くなった兄姉の話は幼少時から聞いていた。」
⑤「慰霊祭は、足を悪くした豊子さんに代わり3年前から参列。『生きていればやりたいこともあっただろうし無念だったろう。顔も見たこともない兄姉だが、母にも【絶対に忘れないで】と言われた。生きている限り、父と母の思いを大事にしたい』と涙をぬぐった。
四男・知名克昇さん(55)は別の兄姉がいたことを最近聞いて初めて参列。『母が父の墓に供えた物を海へ流したのは覚えている。語り継ぎ、平和な日が続くようにしたい』と話した。」




by asyagi-df-2014 | 2017-07-05 17:31 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧