沖縄-辺野古- 高江-から-2017年7月2日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 「反差別・反ヘイト―自己決定権を問う」とのシンプジウムが札幌で開催された。
 この中で、島袋教授琉球大学教授は、機動隊の「土人」発言について、「明らかに国際条約とヘイト規制法に違反する対処の仕方だ」「明らかに差別だ」、と批判したという。
 そうだった、安倍晋三政権は、この発言を何と問題なしと閣議決定をしてしまったのだった。
今の国政の混乱の原因をこれまた証明する。
 「倫理感」の欠如。


 2017年7月2日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「偏見へ 無関心許されず」 沖縄ヘイト、事例語る-2017年7月2日 05:00


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「日本平和学会の春季研究大会が1日、札幌市の北海道大学で開幕した。『琉球(沖縄)とアイヌに対する差別の現状と課題』をテーマに開かれた分科会で、アイヌ遺骨返還訴訟の受け皿団体『コタンの会』の清水裕二代表、ジャーナリストの安田浩一さんらが登壇した。アイヌ遺骨返還問題の経緯や沖縄に対するヘイトスピーチの事例などを報告し、参加者と意見を交わした。」
②「清水さんは人類学者により持ち出され、北海道大などで保管されているアイヌ遺骨について『政府は返還する方針を示したが、北海道白老町に造られる【民族共生の象徴となる空間】集約し、研究材料として使ってから返すのだろう。遺骨はコタン(集落)の土に返すべきだ』と批判した。」
③「安田さんは『メディアや政治家が偏見をあおったこともあり、アイヌや沖縄へのヘイトが広がった。無関心は許されず、多数派(の日本人)一人一人が偏見と闘うべきだ』と強調した。」
④「琉球新報の宮城隆尋編集委員は戦前、人類学者らが今帰仁村の百按司(むむじゃな)墓などから琉球人の遺骨を持ち出した問題を巡り、松島泰勝龍谷大教授を中心に返還を求める動きがあることを報告した。日本平和学会の春季研究大会は2日まで。」


(2)琉球新報-米軍基地で決定権侵害 国内少数派、被差別報告 反差別シンポ-
2017年7月1日 14:24


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会は30日、シンポジウム『反差別・反ヘイト―自己決定権を問う』を札幌市の札幌エルプラザで開いた。琉球大学の島袋純教授が、米軍基地問題を巡って沖縄の人々の自己決定権が侵害されている現状を報告した。登壇者は沖縄の人々やアイヌ民族、在日コリアンなど、国内のマイノリティー(少数派)が被差別的な立場に置かれている事例を報告し、参加者と意見を交わした。」
②「島袋教授は、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯建設に反対する市民に対し『土人』と機動隊が発言したことに関して、政府が容認する閣議決定をしたことを挙げて『明らかに国際条約とヘイト規制法に違反する対処の仕方だ』と指摘。基地の過重負担に反対する民意が無視されている点と併せて『明らかに差別だ』と批判した。」
③「ジャーナリストの安田浩一さんは、在日コリアンへのヘイトスピーチに関連し『日本で優越的な権利を持つ外国人は在日米軍だけだが、そこには批判の矛先が向かない』と語った。『沖縄ヘイト』について『沖縄の(民意に対し)【わがままだ】と主張する人々に歩調を合わせるようなメディアが、これを誇張している』と批判した。」
④「ほかにアイヌアートプロジェクトの結城幸司代表、木村朗鹿児島大学教授、琉球新報の宮城隆尋編集委員も登壇した。」


(3)沖縄タイムス-辺野古工事3年、深まる地域の亀裂 「止めたい。でも…」 苦悩し沈黙する住民-2017年7月1日 21:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「政府が名護市辺野古への新基地建設工事に着手して1日で3年を迎えた。大浦湾は広大な海域をブイで囲まれ、取り返しのつかない大規模埋め立ての危機感を住民に突きつける。一方、20年以上、基地を巡る賛否で人間関係を崩した住民の口は重い。『今からでも止めたい。でも行動には移せない』。不満は地域間の分断にもつながっていた。立ち入り制限区域を示すブイが海岸から目の前に迫る名護市瀬嵩。30日夕、公民館にいた女性4人から匿名を条件に話を聞いた。」
②「4人とも海上工事が始まり、埋め立ての巨大さに驚いたという。環境悪化からか、今年は瀬嵩の浜で天然モズクが採れなかった。環境アセス時の飛行ルート調査で航空機は瀬嵩集落の真上を通過した。『今でもみんな反対。でも『基地問題で集落に対立を起こすな』という人もいる。子どもの就職に影響するとか、いろんなしがらみがある』と口をそろえる。」
③「キャンプ・シュワブゲート前の抗議行動には『本来は自分たちがやるべきこと。ありがたい』と感謝する一方、国が『地元3区』とする辺野古、豊原、久志(久辺3区)には不信感を向けた。『V字滑走路計画になり、基地被害は久辺3区より瀬嵩など二見以北地域が深刻になった。しかし、意見を聞いたり、予算などで優遇するのは3区だけ。私たちは無視されている』。
④「同日も、ゲート前の抗議行動には県内外から参加者が集まった。県統一連の瀬長和男事務局長は『“自分たちの問題”との考えが広がり、3年で抗議の輪が全国に拡大した』と指摘。多い時は100台以上もの工事車両の出入りを阻止する。沖縄高専の男子学生(20)は『最近は反対派と右翼がもめるようになった。抗議行動の影響で遅刻する学生もいて、マイナスイメージを持つ人もいる』と言葉を残し、足早に去っていた。」


(4)沖縄タイムス-辺野古巡り再び法廷へ 急ぐ国、名護市長選を警戒 承認撤回時期うかがう県-2017年7月1日 22:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設で本格工事に着手してから3年を迎えた。米軍キャンプ・シュワブの北側ではK9護岸の建設作業が進み、着手から約2カ月で100メートル近くの『石材の山』が海上に姿を現している。基地建設に反対する市民から早期の承認撤回を求める声が強まる中、翁長雄志知事は7月下旬にも工事の差し止め訴訟を提起する考えだ。県と国の対立は、再び法廷での争いに突入する。」(政経部・大野亨恭)
②「辺野古新基地建設に強く反発する県に対し、国は強硬姿勢を崩していない。国の自信の根拠になっているのが、昨年12月の違法確認訴訟の最高裁判決だ。菅義偉官房長官は日々の会見で、昨年3月の代執行訴訟の和解条項を持ち出して『県は裁判の判決に従うべきだ』と繰り返し強調。最高裁の県敗訴により「問題は決着済み」との認識を意図的に広めている。だが、翁長知事が判決に従うことを言明したのは違法確認訴訟で、今回の提訴とはまったく別の話だ。政府関係者の一人は菅氏の発言に関し『政治的意図からの発言で、無理筋だ』と打ち明ける。一方、県は国の“印象操作”に危機感を抱き、県の公式ウェブサイトで正確な情報を強化するなど、情報戦でも対抗を強めている。」
③「また、防衛局が工事を急ぐ背景には、来年1月に予定される名護市長選がある。辺野古新基地建設の是非が最大の争点となる市長選で、選挙戦に突入するまでに可能な限り工事を進め、『あきらめ感を浸透』(防衛省関係者)させることで争点化を避けたい狙いだ。
ただ、政府関係者によると年末までに完了するのは現在作業しているK9護岸と、辺野古崎西側の護岸の一部程度。さらに夏場の台風など気象に左右され工事がどこまで進むかは不透明だ。」
④「知事は裁判後を見据え、承認撤回の時期を検討している。名護市長選を念頭に、撤回の矢をどのタイミングで放つのか。新基地建設阻止の公約実現に向け、知事は法廷闘争と並行し、政局をにらみながら慎重に検討する時期を迎える。」


(5)琉球新報-米軍、野戦食のごみ放置 東村高江-2017年7月2日 07:30


 琉球新報は、「東村高江で、米軍の野戦用携帯食料(レーション)のごみが大量に見つかった。東村高江の県道70号から約5メートル離れた空き地に、レーションの空き袋や使用済みのスプーン、マッチ棒などがそのまま散在していた。5月下旬、県道70号でヤンバルクイナを見つけた男性(50)が、クイナを追い掛けると、空き地に散らばっているごみを見つけた。男性は『自然豊かな森なので、そのまま放置するとカラスも増える。汚さずに持ち帰ってほしい』と求めた。」、と報じた。



by asyagi-df-2014 | 2017-07-02 18:55 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧