沖縄-辺野古- 高江-から-2017年7月1日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 「高江でも工事が再開した。沖縄のきれいな海や山が破壊されるのは自分の体をえぐられるようにつらい」(琉球新報)。
 沖縄からの悲嘆の声にどのように向き合うか。


 2017年7月1日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-K1とK9護岸で砕石積む 辺野古新基地建設-2017年7月1日 10:54


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題で1日午前、キャンプ・シュワブ沿岸ではK9護岸と辺野古崎南西側の沿岸で、工事が続いた。K1護岸予定地に近い辺野古崎南西側の資材搬入用道路の工事では、砂浜と道路の段差をなくすため、クレーンで砂浜に砕石を積む作業が続いた。K9護岸工事現場では、網袋に入った砕石を置く作業が行われた。抗議船4隻とカヌー13艇が海に出て『海を壊すな』などと訴えた。東村高江でヘリコプター着陸帯の工事が再開したことに『あまりにも横暴だ』などと声を上げた。」
②「キャンプ・シュワブゲート前では、昨日の豪雨から一転して32度を超える猛暑となり、市民90人が座り込み、基地建設に反対の声を上げた。読谷村から週に2回座り込みに参加している河野道夫さん(75)は『高江でも工事が再開した。沖縄のきれいな海や山が破壊されるのは自分の体をえぐられるようにつらい』と嘆いた。午前11時現在、基地内への資材の搬入は行われていない。」


(2)琉球新報-高江ヘリパッド工事を再開 ノグチゲラの営巣終了で-2017年7月1日 07:51


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で1日午前、沖縄防衛局は中断していた工事を再開した。午前5時ごろ、工事車両約10台が基地内に入った。ヘリパッド工事に反対する人たちがゲート前に座り込もうとした際、民間警備員と機動隊が阻止したため、一時もみ合いになった。約30人が東村高江のN1ゲート近くで座り込みを続け『県民をばかにするな』『直ちに工事をやめろ』と抗議の声を上げている。工事はG地区の進入路を整備する。ノグチゲラの営巣期間が6月末で終了したことから、工事を再開した。工期は9月末までの約3カ月の予定。」、と報じた。


(3)琉球新報-降下訓練禁止 議題明言せず 2プラス2 沖縄県の要請で防衛省-2017年7月1日 11:53


 琉球新報は、「『嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会』(三連協)と県が米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練と旧海軍駐機場の使用を禁止するため、日米安全保障協議委員会(2プラス2)で取り上げて米側と協議することを政府に要求していることについて、防衛省の武田博史報道官は30日の記者会見で『要望を受け適切に対応したい』と述べるにとどめた。2プラス2で議題として取り上げるかは明言しなかった。」、と報じた。
 また、「三連協と県は日米特別行動委員会(SACO)最終報告に反する運用だとして7日に上京し、外務、防衛の両大臣との面談を打診している。対応については防衛省内で調整しているという。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-「デマに負けない、あきらめない」 辺野古本格工事3年 150人が座り込み-2017年7月1日 12:38


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「国が沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向け本格工事に着手してから3年を迎えた1日午前、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、新基地建設に反対する市民150人が座り込み、『新基地中止』『沖縄は負けない』などと声を上げた。」
②「マイクを握った沖縄平和市民連絡会の城間勝事務局長(71)は『この3年、国の思うように工事が進まないのは、雨の日も風の日も暑い日も県民が声を上げ続けてきたからだ』と強調。『今、国は県民をあきらめさせようと躍起になっている。SNSなどでデマもあるが、絶対に負けない。さらにゲート前の行動を強化していく』と訴えた。」
③「一方、キャンプ・シュワブ内の辺野古崎北側にあるK9護岸建設現場では同日午前、袋に入った石材を護岸に並べる作業があったほか、シュワブ内のK1護岸建設予定地でも石材の投下が確認された。」


(5)沖縄タイムス-延びた護岸約100メートル 辺野古新基地・本格工事着手から3年-2017年7月1日 05:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「国が沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向け本格工事に着手してから1日で3年となった。沖縄防衛局は今年4月25日、護岸建設工事に着手し、連日、海中への石材投下を続けている。本紙が30日に小型無人機で上空から確認したところ、護岸の土台は波打ち際から沖合へ約100メートル延びていた。30日は、午前9時ごろから作業員が米軍キャンプ・シュワブ北側のK9護岸で消波ブロックを設置する作業が続いた」。
②「防衛局は4月1日以降、県の岩礁破砕許可を得ないまま工事を継続している。翁長雄志知事は、許可を得ずに工事を進めるのは県漁業調整規則違反として、国に工事の差し止めを求め提訴する議決案を開会中の県議会6月定例会へ提案した。県は議案可決後、速やかに訴訟手続きに入り、7月下旬には提訴する方針だ。」
③「知事は埋め立て承認の『撤回』に踏み切る考えも明言しており、新基地建設阻止に向け、今後あらゆる対抗策を模索する構えだ。」




by asyagi-df-2014 | 2017-07-01 19:48 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧