沖縄-辺野古- 高江-から-2017年5月9日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 米軍キャンプ・シュワブ前の抗議集会で、「本格的な埋め立て工事と思われるものが昨日から始まったが、K9護岸のだけでもダンプ9千台分以上の砕石が必要だ。長期戦になることを見据え運動をする必要がある」、との呼びかけ。
 砕石を投下する作業が新たに始まった日に、「今日が(護岸工事の)着工だ」との声があがる日に、。
心を折られない闘いが続く。


 2017年5月9日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「長期戦見据え運動を」 辺野古新基地建設の座り込み-2017年5月9日 12:45


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブの『K9護岸』建設現場では9日午前、網袋に入っていない砕石の投下作業が昨日に引き続いて実施された。同護岸だけでもダンプ9千台分以上の砕石が必要とされており、建設に反対している人々が座り込むゲート前では『長期戦になることを見据え運動をする必要がある』との呼び掛けがあった。」
②「海上では新基地建設に反対する市民らが抗議船4隻、カヌー17艇で『工事を止めろ』などと抗議した。」
③「一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では約50人の市民らが新基地建設中止を訴えて座り込んだ。午前8時50分に砕石と土砂を積んだダンプや生コン車など25台がゲート内に入った。工事関係車両の出入りの際、市民らは計2回機動隊によって排除された。」
④「沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんは『本格的な埋め立て工事と思われるものが昨日から始まったが、K9護岸のだけでもダンプ9千台分以上の砕石が必要だ。長期戦になることを見据え運動をする必要がある』と呼び掛けた。」


(2)琉球新報-辺野古「今日が本当の着工」 砕石投下で粉じん、白く濁る海-2017年5月9日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設計画で、沖縄防衛局は8日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部の『K9護岸』に砕石を投下するなどの作業を行った。これまで網袋に入った砕石を護岸に並べていたが、網袋に入っていない砕石を投下する作業が新たに始まった。抗議する市民からは『今日が(護岸工事の)着工だ』との声が上がった。」
②「K9護岸では作業員が同日午後からダンプで砕石を海岸に運び、クレーンの先のかごに砕石を入れて投下した。少なくとも10回以上は投下し、投下の際には粉じんが舞い上がった。夕方が近づくにつれ潮が満ちてくると、積み上げられた砕石に波が当たり、水しぶきが上がる様子も確認された。」
③「建設に反対する抗議船船長の相馬由里さん(39)は、網袋に入れていない砕石が海に投下されたことに『海が壊されている。今日が(護岸工事の)着工だ。これまでのものはパフォーマンスだ』と批判した。投下するたびに粉じんが上がるのを見て『海の汚染を防ぐために一度洗ってから持ってくることになっていたはずだ。洗っていないのではないか』と疑問を呈した。」
④「カヌーで海上から抗議する柴田鉄也さん(29)は、間近まで接近して投下を確認した。大きい石は長さ1メートル程度だったという。『これまでの作業の延長だと思っていたら、いきなり投下したので驚いた』と話した。」
⑤「陸上のシュワブゲート前では新基地建設に反対する市民ら約100人が座り込んだ。8台の工事関係車両が3回にわたり計45台、基地内に入った。」


(3)琉球新報-〈解説〉復帰45年沖縄県民世論調査 基地の集中、県民に影-2017年5月9日 10:20


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「日本復帰45年を迎える県民世論調査で復帰を評価する回答は高い水準ながらも、同様の質問形式になった復帰25年の調査以来20年間で最も低くなった。一方『復帰して悪かった点』は『米軍基地の被害』が初めて最多となった。復帰以降、高まる基地の整理縮小の要求にもかかわらず、変わらぬ基地集中の実態が県民感情に大きく影を落とした格好だ。」
②「昨年末の米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ墜落など米軍機の相次ぐ事故や、米軍属女性暴行殺人事件などの米軍関係者による事件・事故に加え、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で政府による埋め立て作業強行なども重なった中での調査となった。20年前は全国の約75%の米軍専用施設面積が存在したが、現在もなお約70%が集中していいる。国や県に望む施策の中で『基地の整理縮小と跡地利用』を求める声が5年前に続いて最も多くを占め、さらに割合では過去最多となった。政府の言う『沖縄の負担軽減』とは裏腹に、県民が求めた形になっていないのが復帰45年の実態だ。」
③「普天間飛行場の辺野古移設を巡って政府は4月末、辺野古沖で『埋め立て工事着工』を演出し、作業の進展を内外に強調してみせた。その直後の調査にもかかわらず、普天間飛行場の県外・国外、撤去を求める声は74・1%で、容認・推進を大きく上回った。辺野古移設を拒否する民意が従来同様に強く、政府の作業強行が県民の『諦めムード』の惹起(じゃっき)にはつながっていないことがうかがえる。」
④「さらに翁長雄志知事への支持率は66・7%で、大田昌秀氏や稲嶺恵一氏、仲井真弘多氏らの34~37%を大きく上回った。辺野古沖の埋め立て承認の撤回へ翁長知事の決断を迫る声も高まるが、政府と対峙(たいじ)しようとする翁長知事を支える民意が改めて表出したと言える。」(滝本匠)


(4)沖縄タイムス-水産庁が沖縄県に回答 辺野古岩礁破砕の許可は「不要」-2017年5月9日 12:05


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「水産庁は名護市辺野古の新基地建設の埋め立て海域の漁業権は消滅し、翁長雄志知事の岩礁破砕の許可は必要ないとの見解を文書で回答した。水産庁は1日に県に回答書を郵送、県が8日、内容を確認した。新たな解釈の見解などを照会していた県は『こちらが質問したことに答えていない』と指摘。今後の対応を検討するとした。」
②「水産庁は名護漁協が実施した漁業権の『放棄』には、知事の免許は不要とした。」
③「漁業権の一部放棄については、1971年の衆議院農林水産委員会の水産庁長官の答弁や過去の裁判を踏まえて『漁業権者が漁業権を一部放棄することができる』と示した。漁業法第22条は、漁業権の変更には、都道府県知事の免許が必要と記されている。同庁は『漁業法において、漁業権の変更および放棄は、明確に書き分けられている』と説明。その上で県に対し、漁業権の『変更』と『一部放棄』を混同しないよう求めた。」
④「県が漁業権について水産庁に照会するのは初めて。県は文書で4月18日の衆院安全保障委員会での赤嶺政賢氏(共産)と佐藤一雄水産庁長官のやりとりを取り上げ、過去の答弁との整合性など6点を質問。どのような漁業法の解釈の下、72年に県漁業調整規則を認可したのかについても照会していたが、これらに対する具体的な回答はなかった。」


(5)沖縄タイムス-辺野古新基地:沖縄県、工事の停止・協議求める 防衛局に文書送付-2017年5月9日 12:15


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県は8日、沖縄防衛局が実質的な協議をせずに名護市辺野古の新基地建設工事に着手したとして、防衛局に対して工事の停止と協議を求める文書を送付した。サンゴの分布状況を確認するため、立ち入り調査も再度求めた。」
②「県は、2013年12月の埋め立て承認時に付した留意事項に工事の実施設計や環境保全対策で県と協議を行うことが盛り込まれていると説明した。さらに、翁長雄志知事の変更承認を得ずに、サンゴ類の移植・移築などの環境保全措置を講じないまま工事に着手したことは『留意事項に違反している』と指摘。工事を止めて、サンゴ類の移植・移築を実施するか、環境保全措置の変更承認を翁長知事から受けるよう要望した。」
③「また、沖縄防衛局が4月24日に回答したサンゴの保全措置を踏まえ、小型サンゴの移植条件など10項目を再質問した。」





by asyagi-df-2014 | 2017-05-09 17:25 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧