沖縄-辺野古- 高江-から-2017年5月5日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


「米太平洋空軍によると、F16計12機と兵員250人が3~4カ月間嘉手納基地に暫定配備される。残る2機は6日以降に飛来するとみられる。州軍の部隊配備や嘉手納基地所属以外である外来機の飛来をめぐっては、これまでも騒音が増加しており、基地周辺の自治体などは今回の暫定配備に強い反発の声が上がっている。」、と沖縄タイムス。
 まさしく、日本という国の問題である。


 2017年5月5日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-嘉手納に米軍F16が8機飛来 夏まで12機予定 1機は緊急着陸か-2017年5月4日 21:25


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「4日午後2時半から同3時すぎ、米軍嘉手納基地に米コロラド州バックリー空軍基地所属のF16戦闘機が8機が飛来した。2時27~34分までに4機が着陸したが、そのうちの1機に消防車が向かったことから緊急着陸だった可能性がある。F16は4月、米アンドルーズ空軍基地所属の1機が東部メリーランド州で墜落事故を起こしている。」
②「嘉手納基地には今回、F16が12機と兵員250人が配備される予定で、F16の配備は昨年10月以来約7カ月ぶり。3日に沖縄防衛局から周辺自治体へ入った連絡によると、夏ごろまで暫定配備されるという。米太平洋空軍によると、派遣されたのは同州空軍の第120戦闘中隊で、太平洋軍地域安全保障プログラムを支援するための一環。同地域への脅威に対して抑止力の維持のための派遣としている。部隊派遣は2004年から定期的に実施している。」
③「沖縄市と嘉手納町、北谷町でつくる嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)は、8日にも幹事会を開き、対応を協議する。」


(2)沖縄タイムス-暫定配備の米軍F16、嘉手納に2機飛来 計10機に-2017年5月5日 15:34


 沖縄タイムスは、「米軍嘉手納基地に5日午後2時半ごろ、米コロラド州バックリー空軍基地所属のF16戦闘機2機が飛来した。4日に飛来した8機と合わせて計10機となった。米太平洋空軍によると、F16計12機と兵員250人が3~4カ月間嘉手納基地に暫定配備される。残る2機は6日以降に飛来するとみられる。州軍の部隊配備や嘉手納基地所属以外である外来機の飛来をめぐっては、これまでも騒音が増加しており、基地周辺の自治体などは今回の暫定配備に強い反発の声が上がっている。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-辺野古唯一=「沖縄でよかった」 持続する差別の構造 【金平茂紀の新・ワジワジー通信(25)】-2017年5月4日 18:35


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「よりによって東日本大震災と福島第1原発過酷事故からの復旧・復興を担当する今村雅弘復興大臣兼福島原発事故再生総括担当が、東日本大震災の被害に関して『まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、甚大な額になった』などと発言したことが引き金となって、発言当日の4月25日に大臣辞任の意向を表明した。翌日付で辞表は受理されたが、辞任と言うよりは事実上の更迭だった。」
②「政権の反応はすばやかった。これ以上は守りきれないとでも言うかのように。今村大臣の場合、この失言に先立つ『前科』があった。今回の失言の3週間前にも記者会見で、原発事故の自主避難者への住宅無償支援打ち切りをめぐって、記者との間で激しいやりとりがあり『(自主避難者)本人の責任でしょう』『裁判でも何でもやればいいじゃない』『(記者に対して)二度と来ないでください』などと発言し批判を浴びていた。」
③「〈東北で良かった〉はいくら何でもひどい。メディアは今村復興大臣の辞任に至る言動を大々的に報じた。まさにその4月25日のことだった。午前9時20分、沖縄防衛局が名護市辺野古で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる護岸工事に着手した。埋め立て工事は環境を激変させる決定的な動きだ。大量のコンクリートブロックや土砂などが大量に海に投下されれば、原状回復はほとんど絶望的となる。本紙は〈1996年の普天間飛行場返還合意から21年、重大な局面を迎えた〉と報じていた。」
④「翁長雄志知事は『暴挙』という言葉を5回も使ってこの護岸工事着工を強く批判していた。一方、菅義偉官房長官は記者会見で『埋め立て本体の工事開始は、多くの人々が望んできた普天間飛行場の全面返還を実現する確かな一歩だ』と普段よりも語気を強めて用意されたステートメントを読み上げていた。冷徹な事実がある。4月26日付の東京の新聞各紙の1面トップ記事は、横並びで〈今村復興相、辞任〉だった。沖縄の県紙2紙は当然ながら〈辺野古の護岸工事着工〉がトップ記事だった。」
⑤「東京と沖縄の新聞を並べて読みながら、僕には心の中に抑えがたい憤りが湧いてくるのを感じた。『この政権はこれまでずっと〈辺野古が唯一の選択肢〉と言い続けてきた。これは結局、今村前復興相ふうに言えば、〈辺野古でよかった〉と言っているのと同じじゃないのか』と。その根元には、米軍基地は、本土ではなく沖縄でよかった、という本音があるのではないか、と。」
⑥「やがて沖縄慰霊の日が今年もやって来る。歴史家たちの詳細な研究が述べるところによれば、太平洋戦争全体の中で沖縄戦の占める位置づけは、はるかにむごい。沖縄は本土をまもるための『捨て石』にされたのではなかったか。〈沖縄でよかった。本土ではなくて〉。あまりにもむごい。仮に、その考え方が今現在に至るまで脈々と生き続けているとしたら、僕らは誰に向かって何を言えばいいのだろうか。すでに沖縄県民は国政選挙や知事選挙を通じて、これ以上の基地建設はノーだと意思表示してきているのだから。」
⑦「司法に救済を求めたいわゆる辺野古訴訟は最高裁で沖縄県側の敗訴が確定した。政府は『決着がついたと思っている』との姿勢だ。つまりもはや聴く耳を持たないと言っているのだ。1月の宮古島市長選、2月の浦添市長選、4月のうるま市長選と、このところ政府与党の推す候補が連勝してきている。翁長知事を支える『オール沖縄』が苦境に陥っていることは否定できない。沖縄は一体どこへ向かっていくのだろうか。」
⑧「かつての本紙編集局長・由井晶子さんの著書に【沖縄 アリは象に挑む】というタイトルのすばらしい本がある。そのアリが今、踏みつぶされようとしている光景がみえる。〈沖縄でよかった?〉」
*   *
 (以降の記述はフィクションです。念のため)20××年×月×日午前9時23分。沖縄の在日米軍××××基地に、巡航ミサイル59発が撃ち込まれた。寝耳に水のことだった。一体なぜなんだ? 被害は基地のみならず、近隣の住宅地も甚大な被害を受けた。基地内の死傷者に加え、沖縄県民に多数の死傷者が出てしまった。政府はただちに非常事態宣言を発令し、国家安全保障会議が緊急招集された。
 参加者の間で冒頭から激しい口論となった。「だから言わんこっちゃないんだ。沖縄に基地が集中しすぎていることに何の手も打たなかったことの報いだ」「何を言っとる。貴君だって基地反対運動を潰(つぶ)してきた張本人じゃないか」「そうだ、そうだ、あんたは共謀罪を適用して沖縄基地反対運動を壊滅させたことを忘れたようだな」「いや、少なくとも同盟国内からこんな攻撃が起きてしまうなんて想像もできなかった」「現場の軍人は常に極度の緊張にさらされているんだ。何があってもおかしくはないさ」「それにしてもどうする。国民に対してどう説明するんだ」「沖縄勤務経験のある米軍兵士が錯乱してミサイルを誤射したなんて何の説明にもならんぞ」「でも事実だ」。
 その時、普段から寡黙でほとんど会議でも発言したことがない閣僚の一人がこうつぶやいた。「ミサイルが沖縄でよかった。本土や原発立地県ならもっと甚大な被害になっていたな。本土でなくてよかった」。すると突然、部屋中に鋭い金属質の警報音が鳴りだした。ピピピピピピピピ。閣議決定で導入が決まった「失言探知アラート・システム」が作動したのだ。
 -以上は、もちろん架空のフィクションである。けれども、「本土でなくてよかった」という台詞は何だか異様なリアリティーを帯びていないか? 悲しみと憤りがミックスされたカクテルをこれ以上飲み続けるのは、僕はもうごめんこうむりたい。


(4)沖縄タイムス-観光振興へ、責任と希望 一方で内実に疑問も 首里城の運営移管-2017年5月5日 14:03


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「政府が国営沖縄記念公園内の首里城の運営を沖縄県に移す方針が明らかになった。県内の関係者からは観光振興など、県の主体的な利活用への期待が広がる一方、新基地建設の工事強行と対比させながら『何を考えているのか、政府の本音が分からない』と内実に疑問の声もあった。」
②「首里城復元にも関わった歴史家で元県副知事の高良倉吉さんは、詳細が分からないとしながら『沖縄の歴史や文化を踏まえ、首里城復元の意義を生かす形で、今後の利活用がなされることが望ましい』と強調。沖縄観光の国際競争力をつけるため『沖縄ブランド』をより高める必要があるとし『他の観光地との差別化を図る意味でも、首里城を生かしたイベントなどのクオリティーを高めることが重要になる』と、県に主体的な取り組みを要望した。」
③「県立博物館・美術館の田名真之館長は首里城の復元整備が2018年度に終えることを指摘した上で、『県が新たな責任と希望を受け取る形になる。観光はもちろんだが、県民が誇れる文化遺産として県民に還元することも考えていかなければならない』と話す。」
④「『小説 琉球処分』の著作がある芥川賞作家の大城立裕さんは沖縄のアイデンティティーが見直される中で、首里城の運営が県に移されることを一定評価しながら『海洋博のアクアポリスを扱いかねたように、国が県に施設を譲る時はあまりいいことがない』と指摘。 国が辺野古の新基地建設を強行する姿勢を対比しながら『表向きは観光振興という理由だが、政府が何を考えているのか、内実はよく分からない』と疑問視した。」


(5)琉球新報-普天間飛行場4ヘクタール7月返還 東側、市道整備を予定-2017年5月3日 15:10


 琉球新報は、「日米両政府は2日までに日米合同委員会を開き、米軍普天間飛行場の東側の土地約4ヘクタールを7月31日に返還することで合意した。防衛省が2日発表した。返還予定地は宜野湾市が進める『市道11号』の整備予定地となっている。返還予定地は1990年に日米が返還で合意した。その後、宜野湾市が進める『市道宜野湾11号』の建設のため、96年にフェンスの移設などを条件に飛行場東部分の返還が合意された。2015年12月、菅義偉官房長官とケネディ駐日米大使(当時)が共同会見し、17年度中に返還すると発表した。」、と報じた。
 また、「宜野湾市の松川正則副市長は『基地負担軽減に取り組んでいただき、感謝する』と述べ『市道宜野湾11号の整備事業は順調だ。できるだけ早く進めたい。返還日が決まり(関係部署も)さらに頑張ろうという思いになる』と期待した。防衛省によると、巡回道路の付け替えなどを4月中に終え、日米合同委員会が4月27日に、返還日を7月31日とすることで合意した。」、と報じた。


(6)琉球新報-こどもが琉球芸能を奉納 99人が平和願う-2017年5月5日 15:42


 琉球新報は、「第37回こどもまつり『こども琉球芸能奉納』が5日午後、糸満市の平和祈念公園内の沖縄平和祈念堂で開かれた。県内で琉球芸能を学ぶ4歳から高校生、県立芸術大学音楽部琉球芸能専攻有志までの99人が世界平和を願いながら舞い、音色を奏でた。平和祈念堂の参観はこどもの日の5日、高校生以下は無料となった。こどもまつりは戦没者への鎮魂と世界の恒久平和を祈念して開かれた。子どもたちは『鶴亀節』や『マーミナ節』『貫花』などを踊った。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2017-05-05 16:31 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧