沖縄-辺野古- 高江-から-2017年4月29・30日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 『一緒におうちに帰ろうね』
 私たちは、この叫びに返すどんな言葉を持ち得ていると言えるのか。
 魂に、刻み込もう。
ただ、政治の責任者には、少なくとも、『それで終わってはいけない。解決に向けて頑張る、と(自らを)沸き立たせるように手を合わせた』、との想いを持ち合わせているのかどうかが重要になる。


 2017年4月29・30日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「国強行に屈しない」 辺野古で県民集会、3000人抗議 護岸着工後初-2017年4月30日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で29日午前、『辺野古新基地建設阻止! 共謀罪廃案! 4・28屈辱の日を忘れない県民集会』が開かれた。シュワブ沿岸を埋め立てる護岸工事に沖縄防衛局が25日に着手した後、初の大規模な集会となった。約3千人(主催者発表)が参加し、米軍普天間飛行場移設による辺野古への新基地建設阻止を訴え、国による工事強行に抗議の声を上げた。」
②「集会は沖縄平和運動センターや県議会与党会派などで構成する実行委員会が主催した。1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効に伴い、沖縄が日本から切り離された『屈辱の日』を忘れないことや、『共謀罪』の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を廃案に追い込むことも開催の目的に掲げた。」
③「元海兵隊員の米軍属による女性暴行殺人事件の発生から28日で1年となることから、犠牲者の冥福を祈り黙とうした。」
④「集会では『普天間基地の【国外・県外】移設の要求は無視され続けている。三権一丸となって沖縄に襲いかかっている。それでも私たちは屈しない』とする決議を採択した。」
⑤「主催者を代表して県憲法普及協議会の高良鉄美会長は『沖縄の民意に背いた状態が現在も続いている。自己決定権はないのか。米軍基地の過度な集中は、いろいろな事件・事故を起こしてきた。屈辱の日を忘れずに、辺野古に基地を造らせないために頑張っていこう』と呼び掛けた。名護市の稲嶺進市長は『日本政府の差別的な施策によって、われわれは基地の重圧にあえいでいる。私たちは静かな生活をしたいだけだ。辺野古に基地を造らせない。皆で白紙撤回まで頑張ろう』と訴えた。山城博治沖縄平和運動センター議長、国会議員らも登壇し、連帯を訴えた。」



(2)琉球新報-「基地 本土引き取る」 国内5ヵ所で緊急行動-2017年4月29日 11:58


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「『辺野古を止める! 全国基地引き取り緊急連絡会』は28日、サンフランシスコ講和条約が発効した日の『4・28』に合わせて『全国緊急同時行動」を展開した。東京のほか大阪、福岡、新潟、大分でも街宣行動を実施し、米軍普天間飛行場を『本土』に引き取り、名護市辺野古の新基地建設を止めるよう訴えた。」
②「『沖縄の基地を引き取る会・東京』(飯島信、浜崎眞実共同代表)は『沖縄にある米軍基地を【本土】に引き取ることで沖縄に対する加害者、差別者であることをやめたい』とする声明文を発表した。声明文は『1952年4月28日を境に、沖縄を【本土】から切り離し、基地を沖縄に集中させる一方で、【本土】は基地負担を最小限に抑えながら、『平和』と『経済発展』を享受してきた。この状況は今も根本的には変わらない』と強調。沖縄への米軍基地の偏在は『何かの必然ではなく、【本土】に住む私たちが、沖縄の人々の意思や権利を無視した上で、沖縄を切り離し、差別し、基地を押し付けてきたのが原因だ』としている。」


(3)琉球新報-「公平に分担」出発点に 沖国大でシンポ、「県外移設」の根源議論-2017年4月30日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「シンポジウム『「県外移設を再確認する-辺野古新基地建設を止めるもう一つの取り組み』(同実行委員会主催)が29日、宜野湾市の沖縄国際大学で開かれた。在日米軍専用施設の70%が集中する不公平な状態、在沖米軍の多くが戦後の反対運動で日本本土から移転してきた経緯について議論を交わした。さらに『琉球処分』に始まる差別的処遇の歴史をたどりながら、米軍普天間飛行場を巡る『県外移設論』が持つ意味について討議した。日本に米軍基地が必要であれば、全国で公平に分担することを基地問題を巡る議論の出発点にすべきだとの指摘が上がった。」
②「沖縄近現代史家の伊佐眞一氏ら6人が登壇。沖縄大非常勤講師の親川志奈子氏がコーディネーターを務めた。約200人が訪れた。シンポジウムは(1)辺野古新基地建設を直ちに中止し、普天間飛行場を直ちに運用停止する(2)普天間の移設先について、沖縄以外の全国の全ての自治体を等しく候補地とする(3)その際、基地が日本国内に必要かも含めて、当事者意識を持った国民的議論を行う(4)国民的議論で普天間の移設先が国内に必要だという結論になれば、移設先は民主主義と憲法の精神にのっとり、一地域への押し付けとならないよう、公正で民主的な手続きで決定する-ことを求める提言を読み上げた。」


(4)琉球新報-「一緒におうちに帰ろうね」 被害女性の遺族ら、現場で1周忌法要-2017年4月29日 15:44


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「元海兵隊員で米軍属による女性暴行殺人事件の発生から1年が過ぎた29日午後、被害女性の両親を含む遺族8人が犯行現場とみられるうるま市塩屋と、遺体発見現場の恩納村安富祖を訪れ、1周忌の法要を行った。遺族らはそれぞれの現場で花を供えて手を合わせ、被害女性に語り掛けるなどして供養した。」
②「遺族には県警職員や被害者支援機関の職員が同行した。午後0時20分ごろ、被害女性のイヤホンが発見されたうるま市塩屋の現場を訪れた遺族らは花とともに果物なども供え、手を合わせた。強い日差しが照りつける中、遺族は何度も手を合わせ、涙をぬぐっていた。」
③「午後2時前には遺体が発見された恩納村安富祖を訪れた。被害女性の父親が、献花台の周囲に塩をまき、女性の名前を何度も呼びながら『一緒におうちに帰ろうね』などと涙声で語り掛けた。【琉球新報電子版】


(5)沖縄タイムス-翁長知事「やるせない…」 米軍属殺人から1年、事件現場で献花-2017年4月30日 05:00


 沖縄タイムスは、「沖縄県の翁長雄志知事は29日午前、恩納村安富祖にある米軍属暴行殺人事件の遺体遺棄現場を訪れ、亡くなった女性に献花した。上下黒の服装で、20秒ほど手を合わせた。」、と報じた。
 また、「報道陣にどんな言葉をかけたか問われ、『言葉もないくらい。政治の立場にある者として全力を挙げて二度と起こらないようにするという決意を伝え、ご冥福をお祈りした』と答えた。『足取りが重い。ここに来るのはやるせない気持ち』としつつ、『それで終わってはいけない。解決に向けて頑張る、と(自らを)沸き立たせるように手を合わせた』と静かに語った。」、と伝えた。


(6)沖縄タイムス-米軍機が緊急着陸 右翼エンジン停止状態 嘉手納基地-2017年4月30日 09:50


 沖縄タイムスは、「米軍嘉手納基地に28日午後6時すぎ、米ネブラスカ州オファット空軍基地所属の情報収集機RC135V(リベットジョイント)が一つのエンジンを停止した状態で緊急着陸した。同機は、ミサイルと核の開発を進める北朝鮮を警戒する任務に就いているとみられる。目撃者によると、四つあるエンジンのうち右翼外側のエンジンが停止した状態で着陸。滑走路近くでは消防車が待機していた。」、と報じた。


(7)沖縄タイムス-北朝鮮情勢が緊迫する中、沖縄は…? 空自那覇F15 、米空母艦載機と共同訓練-2017年4月29日 08:44


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「航空自衛隊と米海軍のカール・ビンソン艦載機の共同訓練には、沖縄県の空自那覇基地からもF15戦闘機2機が参加。北朝鮮情勢が緊張する中、沖縄を巻き込んだ日米の軍事一体化が浮き彫りとなった。」
②「今回訓練が行われたのは、沖縄東方沖に広がり、米軍と自衛隊が互いに調整しながら使う『調整空域』だという。空自は訓練が『特定の国を想定したものではない』と否定するが、空自の空母艦載機との訓練は珍しく、北朝鮮をけん制する狙いがあると言えそうだ。」
③「県内では米軍との共同訓練を念頭にした自衛隊による米軍施設の『共同使用』も進んでいる。さらに、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が、『将来的にはキャンプ・シュワブで、陸自が日本のオスプレイを使用するべきだ』と言及するなど、日米の軍事一体化は色濃くなっている。」
④「東アジアの安全保障が厳しさを増す中、有識者は今回の共同訓練をどう見るのか。」
⑤「軍事ジャーナリストの前田哲男氏は『安保法制で米艦防護が可能になったが、共同訓練中に実際にそういう場面に直面しないとも限らない』と指摘。那覇空自が増強されたことも踏まえ、『今回、その空自那覇から出た意味も考えなければならない』と、日米の軍事一体化が進む中、沖縄の負担増に懸念を示した。」


(8)沖縄タイムス-「リゾート開発認めぬ」竹富の住民140人集会 地元合意「全くない」-2017年4月30日 12:10


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県の竹富島のコンドイビーチ付近で計画されているリゾートホテル建設に反対する決起集会が28日、竹富島まちなみ館であり、住民約140人が参加した。青年会などが断固反対を表明。『竹富島を守る会』として今後の運動を続けることを確認し、『美しいコンドイ浜周辺にリゾートホテル開発は一切認めない』と宣言した。」
②「計画を進めるのは那覇市のアールジェイエステート(一丸秀信会長)。今年1月に県が約2・1ヘクタールの開発許可を出した。住民らは取り消しを求め陳情と署名2万6671筆を提出したが、県議会は陳情を不採択。住民らは県開発審査会に不服申し立てを行っている。」
③「集会は竹富公民館(上勢頭篤館長)の同計画対策委員会が主催。公民館や全3集落などの反対決議にもかかわらず法的に問題ないと進める企業側への不信感や、石垣島からの給水でまかなう島民の生活水が不足することへの懸念が示された」。

 対策委の水野景敬委員長は「この計画は住民との合意が全くできていない」と指摘。上勢頭館長は「住民が認めない開発を進めるのは許せない」と訴えた。婦人会や青年会は「島の声を聞かないリゾート開発は許さない」「竹富の水を守るぞ!」などと声を上げた。

 公民館は2015年3月の総会で「一切のリゾートホテル建設計画反対」を全会一致で決議している。


(9)沖縄タイムス-国の強権に怒り 4・28シュワブ前県民集会 共謀罪の危険性訴え-2017年4月30日 12:15


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄が日本から切り離された『「屈辱の日』に連動させ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で29日に開かれた県民集会では、市民の先頭に立ってきた山城博治・沖縄平和運動センター議長や地元の稲嶺進名護市長、県関係国会議員らが建設阻止へ向けた決意を表明。共謀罪の問題点を指摘し、1年前に元米海兵隊員で米軍属の男に殺害された被害者の冥福を祈った。」
②山城博治氏(沖縄平和運動センター議長)-大衆運動抑圧の恐れ:「新聞に被害者の親御さんの思いがつづられていた。胸が張り裂ける思いだ。遺族の悲しみに寄り添う日々でありたい。政府は県民の悲しみを顧みることなく辺野古新基地を造る。あろうことか県民を抑えるために共謀罪をつくり、沖縄の大衆運動をつぶし、私たちの島を好き勝手に使う。絶対に許すわけにはいかない。工事が強行されたが、残念ながら私は多くの制限があり、現場に寄れない。申し訳なく思う。だがこの機会に全国を駆け回り、沖縄に力を貸してほしい、安倍政権をぶっつぶせとの思いを届けたい。ついに女性や高齢者にも手を出す権力になってしまったが、今こそ立ち上がろう、今こそ奮い立とう。」
③照屋寛徳氏(衆院議員)-戦争国家 認めない:「残忍、非道で悪質な蛮行によって若い命を奪われた被害者は、悔しかったでしょう、痛かったでしょう。私たちはあなたの嘆き、悔しさをいつまでも胸に秘めて、あなたの遺影のほほ笑みを忘れない。これからも辺野古新基地建設に反対し、ウチナーから全ての基地を撤去するまで、天国の被害者と一緒に闘う。この国はまもなく憲法施行70年を迎える。県民は25年間の米直接支配後に憲法が適用されたが、理念が全く生かされない、反憲法下で生きてきた。安倍政権は今や憲法をぶち壊して共謀罪をつくり、戦争国家へと暴走しようとしている。人間を壊し、立憲主義、民主主義を壊す安倍政権にあらがい、共に闘おう。」


(10)沖縄タイムス-反対の民意固く 4・28シュワブ前県民集会 沖縄に自己決定権ないのか-2017年4月30日 12:16


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①高良鉄美氏(憲法普及協議会会長))-屈辱の思い 忘れぬ:「沖縄の人々が何十万の署名で沖縄を本土から分離しないでと訴えたが、分離された。沖縄の民意に背いた。その姿勢は現在まで続いている。だから、私たちは屈辱を感じている。沖縄に自己決定権はないのか。分離した沖縄に、本土から撤退した駐留軍が来た。それが今の過度な米軍基地の集中になり、いろんな事件事故を起こしてきた。軍属の男による暴行殺人事件も過度な基地の集中がもたらした。沖縄戦で、島が汚され、焦がされた。先祖も悔しくて悔しくて、泣いている。復帰後、県内で米軍演習が原因で消失した面積は那覇市と同じ広さだ。目の前の海も含め沖縄の自然を汚され、侵されている。屈辱の思いを忘れずに頑張ろう。」
②稲嶺進氏(名護市長)-政府 権力を総動員:「昨日、遺体遺棄現場に行ったが、今も被害者の死を受け入れられない。絶対に許せない。被害者の父も、基地あるが故に事件に巻き込まれたと言っている。われわれは新しい基地は造らせない、沖縄から軍事基地を全て撤去せよとの思いで行動している。沖縄がいけにえとして差し出されて65年。今、日本政府は辺野古に新しい基地を造ろうとしている。政府の差別的な政策で基地の重圧にあえいでいる。早く解き放されたい、私たちは静かな生活をしたいだけだ。政府は法律をねじ曲げ、権力を総動員してわれわれの阻止行動を抑え込もうとしている。絶対にひるまず、恐れもせず、これからも行動を続け、みんなの力で白紙撤回まで頑張ろう。」





by asyagi-df-2014 | 2017-04-30 17:08 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧