「最低賃金、時給1500円なら夢ある」、と若者がデモ。

東京の新宿で、主催者の集計では約1500人が参加したデモが行われた。
 このことについて、朝日新聞は2017年4月16日、「労働者の最低賃金を時給1500円に引き上げることを求めて運動している若者のグループ『エキタス』が15日、東京・新宿でデモをした。東京都庁近くの公園を出発し、高層ビル街や新宿駅南口、歌舞伎町などを巡りながら、『最低賃金いますぐ上げろ』『税金つかって貧困なくせ』と訴えた。」(吉沢龍彦)、と若者たちの声を伝えた。
 また、この「エキタス」について、「エキタスは2015年秋から活動し、20代の若者が多く参加している。小気味よいビートに訴えを乗せ、最低賃金の引き上げをはじめ、経済格差の解消や長時間労働の是正も求めている。」、と報じている。
 さらに、朝日新聞は、このデモの要求等についても次のように伝えている。


(1)今回のデモでは、既存の労働組合にも連帯を呼びかけた。「若い人が参加しやすいように、見た目を重視して遠慮してもらっていた」というのぼりや旗の持ち込みも初めて歓迎したところ、連合(日本労働組合総連合会)や全労連(全国労働組合総連合)などの傘下組合のメンバーも多く集まった。主催者の集計では約1500人が参加したという。
(2)都道府県ごとに定められている最低賃金は現在、最も高い東京都でも時給932円で、最低の宮崎、沖縄両県は714円と目標の1500円の半額以下。仮に時給1500円で週40時間働くと、4週間で24万円になる計算だ。
(3)若者たちは「1500円は『健康で文化的な最低限度の生活』に必要な最低限の金額です」「1000円じゃなくて1500円と言うのは、ちょっと夢があるから。夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ」と訴えた。(吉沢龍彦)





by asyagi-df-2014 | 2017-04-16 20:53 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧