沖縄-辺野古-高江-から-2017年3月24日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 『バクレー監督と行く沖縄』の福島県からの参加者の「事件や事故の賠償に日本の税金が使われているとは知らなかった」との声は、私も含めた多くの「本土」の人間の知識である。
したがって、「確定している過去の米軍機騒音訴訟の損害賠償を巡り、米側から賠償金が支払われていない問題で、岸田文雄外相は23日の参院外交防衛委員会で、日米安全保障条約に基づく訓練から発生する騒音については、米側が賠償を負担しないと主張していることを明らかにした。」との沖縄タイムスの記事は、日本の主権国家ではない「姿」と沖縄が置かれてきた「現実」を暴露する。


 2017年3月24日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「集団自決」現行記述にとどまる 米軍再編に検定意見 2016年度教科書検定-2017年3月24日 14:55


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「文部科学省は24日、小学校道徳と主に高校2年生が使用する教科書の2016年度検定結果を公表した。高校日本史教科書8冊中6冊が沖縄戦の『集団自決』(強制集団死)を取り上げたが、『日本軍による命令』『軍命』を明記した教科書はなく、現行本と同様の記述にとどまった。」
②「『集団自決』を巡る記述について、06年度検定意見は日本軍の命令や強制の有無を断定的に記述するのは避けるよう求めている。県内からは検定意見の撤回を求める声が上がっているが、文科省の担当者は『審議会の専門的な審議結果によるものであり、撤回ということは考えていない』と説明した。」
①「米軍再編の目的について、実教出版社の1冊の『沖縄の基地負担軽減それ自体が目的ではなく、世界規模での米軍再編の一環』との記述に関し『生徒が誤解するおそれのある表現』との検定意見が付いた。文科省は『米軍再編には沖縄の基地負担を軽減する目的も含まれている』などとして、記述の変更を求めたことを明らかにした。」


(2)琉球新報-「思いやり予算」現場巡る バクレー監督ら あす上映会-2017年3月24日 12:50


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「在日米軍駐留経費・思いやり予算の在り方を問うドキュメンタリー映画『ザ・思いやり』のリラン・バクレー監督=神奈川県=らが23日、本島中部地域を訪れて米軍普天間飛行場やキャンプ瑞慶覧など米軍施設周辺を巡った。富士国際旅行社が22日から3泊4日で実施するツアー『バクレー監督と行く沖縄』の一環で、県外から5人が参加している。」
②「バクレー監督は『思いやり予算がどう使われているか見れば驚くはずだ。参加者に知ってほしい』」と述べた。次作『ザ・思いやりパート2』も製作中で、ツアーでは作品に登場する人たちを訪ねる。」
③「一行は23日、北谷町北前の米軍キャンプ瑞慶覧第5ゲート(北前ゲート)前を訪れ、米軍人・軍属による事件被害者の会の村上有慶さん(67)=北谷町=の話に耳を傾けた。福島県から参加した八幡隆英さん(67)は『事件や事故の賠償に日本の税金が使われているとは知らなかった』と語った。」
④「25日午後2時から那覇市若狭の不屈館で「ザ・思いやり」を上映する。問い合わせは事務局佐藤契さん(電話)090(2625)8775。」


(3)沖縄タイムス-米軍機騒音訴訟の損害賠償金 「米側は負担しないと主張している」と岸田外相-2017年3月24日 15:17


 沖縄タイムスは、「確定している過去の米軍機騒音訴訟の損害賠償を巡り、米側から賠償金が支払われていない問題で、岸田文雄外相は23日の参院外交防衛委員会で、日米安全保障条約に基づく訓練から発生する騒音については、米側が賠償を負担しないと主張していることを明らかにした。伊波洋一氏(沖縄の風)への答弁。」、と報じた。
 また、「岸田氏は、日米間の協議で妥結をみない理由として『米側は、日本側から提供された施設区域を使用し、日米安保条約の目的達成のために所要の活動を行っており、発生した騒音問題は、米側が賠償すべきものではないとの立場を取っている』と答えた。その上で、日本政府としては日米地位協定第18条に基づき、米国政府に対して騒音訴訟に伴う損害賠償金の分担を求めると説明した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-辺野古で抗議の市民、機動隊が強制排除 工事車両31台入る-2017年3月24日 11:37


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前では24日午前、新基地建設に反対する市民らが最大で約50人集まり『辺野古を守ろう』と声をあげた。午前8時45分後ごろ、約40人の機動隊員による強制排除が始まり、市民ら約25人がごぼう抜きにされた。9時5分までの間に大型ミキサー車や砂利を積んだ大型ダンプカーなど車両31台がゲート内に進入した。」、と報じた。
 また、「海上では大型作業船3隻がクレーンを上げて作業を進め、そのうち1隻がボーリング調査などで使われるスパッド台船を組み立てた。市民らがカヌー8隻と監視船2隻で抗議を続けている。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-「住民に恐怖感与える訓練は問題」と国は言うけれど… 沖縄・宜野座村議会、米軍つり下げ事故に抗議-2017年3月24日 13:08


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県宜野座(ぎのざ)村議会の小渡久和議長ら全議員12人は23日午後、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、米海兵隊UH1Yヘリのつり下げ物資の落下事故に抗議した。提供施設外上空での米軍機の飛行訓練の即時中止や、集落に近い着陸帯『ファルコン』」の即時撤去などを求めた。」
②「中嶋浩一郎局長は『住民に恐怖感を与える訓練は問題である』と述べ、施設外で訓練しないことなど米側に求めていく考えを示した。」
③「米海兵隊の太平洋基地政務外交部長のスコット・コンウェイ大佐は昨年12月、つり下げ訓練について『宜野座村の住宅地上空では今後しない』としていた。」
④「議員団は発言がほごにされたことに反発。村民の生命や安全、平穏な生活を求める意見が相次いだ。村議からは『何回抗議しても変わらないのは何が原因か』『抗議した後の米軍とのやりとりを議会に報告してほしい』などの声が続いた。」


(6)沖縄タイムス-住宅建設現場から米国製5インチ艦砲弾1発 沖縄・南城市であす不発弾処理-2017年3月24日 10:35


 沖縄タイムスは、「沖縄県南城市大里嶺井の住宅建設現場で発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が25日午前9時から行われる。交通規制が同9時半から同11時半ごろまで、周辺の市道などで行われる。処理現場から半径88メートルが立ち入り禁止で、避難対象は32世帯94人。避難所と現地対策本部が嶺井公民館に置かれる。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2017-03-24 17:11 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧