沖縄-辺野古-高江-から-2017年3月4日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 2017年3月4日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


 そうなのだ。
 「名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟で県と国が和解してから4日で1年」になった。
 このことを、沖縄タイムスは、「国は、昨年末の辺野古違法確認訴訟で勝訴し工事を再開したが、翁長雄志知事はあらゆる手法で阻止する姿勢をみせる。」、と伝え、その背景を「違法確認訴訟に至る和解条項の『判決に従い、互いに協力して誠実に対応する』という文言を巡る見解の相違があ。」、と説明する。
 これまでの経過を見た時、確かに、「国は一方的な『解釈』のもと、新基地建設工事を強行」するという、あざとい安倍晋三政権の手法が際立つ。


(1)琉球新報-文化の力で基地建設止める 辺野古ゲート前、三線と琉球舞踊披露 きょう「さんしんの日」-2017年3月4日 11:50


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「名護市辺野古への新基地建設阻止に向けて市民が抗議行動を続ける米軍キャンプ・シュワブゲート前で4日午前「さんしんの日」に合わせた三線演奏会が始まった。三線や箏の奏者20人の演奏による『かぎやで風』の踊りで幕開けし、ゲート前に集まった100人以上の市民も『てぃんさぐぬ花』の合唱やカチャーシーで盛り上がった。若者たちの歌など芸能の披露が続き、正午の全県一斉の三線合奏にも加わった。」
②「飛び入りで参加した彫刻家の金城実さんは『滝落とし』の演奏に乗せて、げたを持って踊る『げた踊り』を勇壮に披露した。金城さんは『太刀を持つことが許されなかった琉球の人たちが、薩摩の役人の横暴から逃れるためにげたを持った。攻撃のためではなく身を守るための文化だ』と紹介した。」
③「ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は『ゲート前のさんしんの日演奏は3年目になる。沖縄には文化の力がある。どんな妨害があろうと、政府が辺野古の基地建設をあきらめるまで何度でもやる』と語った。」
①「午前10時半時点で工事関係車両の基地内への出入りはなく、約150人の市民がゲート前の沿道に集まっている。海上では新基地建設に反対する市民らが抗議船2隻とカヌー10艇で工事の様子を警戒しているが、作業の様子は確認されていない。」



(2)琉球新報-「民主主義問われる」 辺野古新基地で志位委員長 名護市長と面談-2017年3月4日 14:17


 琉球新報は、「共産党の志位和夫委員長は4日午前、名護市役所に稲嶺進名護市長を訪ね、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に向けた連携を確認した。志位氏は辺野古新基地建設阻止を掲げる県や市、市民らの動きに関し『日本の民主主義が問われる闘いだ』と述べた。解散・総選挙の可能性が指摘される衆院選、来年の名護市長選や知事選などで野党共闘を結束させ、勝利を目指す考えを示した。稲嶺市長は『野党共闘を成功させてほしい』と期待した。」、と報じた。
 また、「志位氏は辺野古の浜テントや米軍キャンプ・シュワブゲート前も訪れ、辺野古新基地建設に反対する市民らにあいさつし、国会や各種選挙で基地建設阻止へ尽力することを誓った。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-経団連会長「返還は効果大きい」 普天間飛行場の跡地利用に協力示唆-2017年3月4日 09:16


 沖縄タイムスは、「日本経済団体連合会(榊原定征会長)と九州経済連合会(麻生泰会長)の役員らが3日、宜野湾市役所を訪ね、同市の佐喜真淳市長から米軍普天間飛行場の現状と跡地利用に向けた取り組みなどについて説明を受けた。会合は非公開だったが、終了後、榊原会長は記者団に対し『返還後は年間8千億円の経済効果があるという。(跡地の)有効活用は県民全体に効果が大きい』と経済界としても普天間の跡地利用に協力する考えを示した。」、と報じた。
 また、「佐喜真氏は、市がふるさと納税や寄付金なども活用し2017年度中の設立を構想する、跡地利用や人材育成などのための基金についても協力を求めた。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-辺野古訴訟、県と国の和解から1年 条項、割れる見解-2017年3月4日 09:13


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟で県と国が和解してから4日で1年になった。国は、昨年末の辺野古違法確認訴訟で勝訴し工事を再開したが、翁長雄志知事はあらゆる手法で阻止する姿勢をみせる。背景には、違法確認訴訟に至る和解条項の「判決に従い、互いに協力して誠実に対応する」という文言を巡る見解の相違がある。」(政経部・大野亨恭、東京報道部・上地一姫)
②「2016年3月4日、翁長知事と安倍晋三首相は、福岡高裁那覇支部が示した(1)埋め立て工事を直ちに中止する(2)判決が確定するまで円満解決に向け協議する(3)確定判決には従う-ことが柱の和解を受け入れた。一審、福岡高裁那覇支部判決で国が勝訴した後、12月の最高裁弁論で、県は違法確認訴訟を和解の「枠外」とする一方、国は「枠内」と主張した。国が枠内を主張する背景には、和解条項を盾に撤回などの知事権限の“封印”を狙う国の思惑が透けて見える。」
③「国は『判決に従い、互いに協力して誠実に対応する』との文言を利用し、知事は埋め立て承認を復活させ、その後も知事権限などは行使しない-と県の動きを縛ることを狙う。
一方、県は、最高裁判決は数ある知事権限の一つへの判断にすぎないとし、和解にある「互いに協力」という文言は今後の知事権限を縛るものではないと反発する。和解で想定していたのは『是正指示取り消し訴訟』だったが、実際に県と国が争ったのは違法確認訴訟だったため、そもそも和解条項は適用外との認識だ。」
④「だが国は、『法治国家であり、判決や和解に従い埋め立て工事を進める』(菅義偉官房長官)と繰り返す。国は一方的な「解釈」のもと、新基地建設工事を強行している。」


(5)沖縄タイムス-「政治色が強い」会場使用認めず 孫崎享さん勉強会「沖縄とトランプ大統領」-2017年3月4日 11:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「県立博物館・美術館を運営する指定管理者『沖縄美ら島財団』(花城良廣理事長)は3日までに、『沖縄とトランプ大統領』をテーマに元外務省国際情報局長の孫崎享さんを招いた勉強会(主催・東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター)の会場使用について、『政治色が強すぎる』などの理由で申請を認めない決定を出した。主催者の緒方修センター長は『過去に講演会やシンポジウムを開いているが、なぜ今回はだめなのかが分からない。孫崎さんの現政権批判の論調が理由なら、言論の自由に関わる問題だ』と批判している。」
②「緒方センター長によると、20日に予定していた勉強会はトランプ米大統領の就任と、名護市辺野古の新基地建設や中国脅威論に固執する安倍政権とのはざまで沖縄はどうするべきかを考える趣旨だった。2月中旬、同館に会場の申請を出したが、担当者から『中身がそぐわないので貸すことができない』との連絡があったという。緒方センター長は『米国と安倍政権に翻弄(ほんろう)される沖縄、基地問題について、県民が知りたいテーマでもある』と指摘。『孫崎さんの勉強会の、どこがそぐわないのかが分からない。今回のような対応がまん延すれば、次第に公共的な施設では自由な言論は禁止になりかねない』と訴え、同館に文書での回答を求めた。」
③「一方、昨年4月から同館施設を運営する指定管理者の美ら島財団の担当者は、孫崎さんの勉強会を『政治色が強い』との理由で会場使用を不許可にしたことについて『同館設置の趣旨に則していなかった。政治色の判断基準は決まっていないので難しいが、統括と班長、担当者3人の計5人でさまざまな観点から判断した』と説明した。県と協議した結果、4月以降の施設利用について『土日、祝日は設置目的に沿った事業への利用を優先し、仮予約の時点で内容や趣旨などを精査することに決まった』と説明。勉強会の予定が3月中にもかかわらず、4月以降の利用基準で判断したことについては『担当者の誤りだった』と同センターに謝罪した。」




by asyagi-df-2014 | 2017-03-04 17:22 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧