大阪府豊中市内の国有地が、「森友学園」に小学校用地として不当な価格で売却された問題。(2)

 朝日新聞は2017年2月17日、標題について次のように報じた。


(1)大阪府豊中市内の国有地が近隣国有地の約1割の価格で学校法人「森友学園」(大阪市)に小学校用地として売却された問題で、安倍晋三首相は17日、小学校の名誉校長に妻昭恵氏がついていることを「承知している」と説明。売却に「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と述べ、関与を否定した。
(2)衆院予算委員会で民進党の福島伸享氏の質問に答えた。学校法人との関係をめぐり、首相は「私や妻が(小学校の設置)認可や国有地払い下げについて、(自身の)事務所も含めて一切関わっていないことは明確にしたい」と述べた。妻が名誉校長についていることについて、「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」と説明。また、同学園が「安倍晋三記念小学校」の寄付者銘板に名前を刻印して顕彰する、との文言で寄付金を集めていたことを知っているかとの福島氏の問いには、「いま話をうかがって初めて知った」と答弁した。そのうえで「私の考え方に非常に共鳴している方から、(2007年に内閣総辞職して)首相を辞めた時に『安倍晋三小学校にしたい』という話があったがお断りした。まだ現役の政治家である以上、私の名前を冠にするのはふさわしくない。私が死んだ後であればまた別だけれど、私の郷土の先輩である、例えば吉田松陰先生の名前をつけられたらどうかという話をした」とも語った。
(3)「約9億円と不動産鑑定で評価されていた土地が約8億円もディスカウントされてしまったのはなぜか」との福島氏の問いに対して、財務省の佐川宣寿理財局長は「不動産鑑定士に更地の価格を鑑定してもらい、(国有地を管理していた)大阪航空局が積算した(ゴミなどの埋設物の)撤去費用を差し引いた時価で、適正な価格で売っている」と答えた。売却された土地には、今春に同学園が運営する小学校が開校する予定。理事長の籠池泰典氏は憲法改正を求めている日本会議大阪の役員。ホームページによると、同校は「日本初で唯一の神道の小学校」とし、教育理念に「日本人としての礼節を尊び、愛国心と誇りを育てる」と掲げている。(南彰)
(4)森友学園が4月に開校させる予定の小学校は、ホームページで「日本で初めてで唯一の神道の小学校」とうたう。「歴史・伝統・文化を継承し、日本人としての誇りを持つ人材を育成します」とも記し、安倍昭恵氏の「(籠池泰典理事長の)教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました」とするあいさつ文を載せている。籠池理事長は憲法改正を求める日本会議大阪の役員を務める。
(5)同学園は、大阪市内で幼稚園を運営しており、幼稚園のホームページには、毎朝の朝礼で、明治天皇の名で教育理念などを規定した教育勅語の朗唱、君が代を斉唱すると記載している。また、インターネット上で同園に対する誹謗(ひぼう)・中傷があったとして一時期、声明文を掲載。「投稿者は、巧妙に潜り込んだ韓国・中華人民共和国人等の元不良保護者であることがわかりました」などと記し、後に「K国・C国人」としていた。だが、17日までに、「外国人の方に対して誤解を招く表現があったことをお詫(わ)び致します」とする文章を載せた。
(6)保護者向けに配られた「新聞」では、籠池理事長が「憲法改正を急ぎ、日本人による真の憲法を制定しなければなりません」などと訴えていた。「安倍晋三内閣総理大臣のように身近な人をモデルにし、偉人を手本とすることです」とも記し、昭恵氏が園で講演をする様子などが紹介されていた。


 この報道を受けて、課題は次のことであることがわかる。


Ⅰ.「森本学園に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割」という問題の解明。
Ⅱ.この国有地売却に、不当に関与した者がいるにかどうかの解明。
Ⅲ.森本学園の学校経営方針が、「ヘイトスピーチ解消法」に牴触することはないのかに  ついての解明。





by asyagi-df-2014 | 2017-02-23 09:34 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧