原発問題-福島第一原発2号機に投入した調査ロボット「サソリ」は、途中の作業用レールの上で動けなくなった。

 朝日新聞は2017年2月16日、標題について次のように報じた。


(1)東京電力は16日、福島第一原発2号機に投入した調査ロボット『サソリ』が、圧力容器の直下まで進めず、途中の作業用レールの上で動けなくなったと明らかにした。サソリは圧力容器近くの映像を撮ったり、放射線量を測ったりする予定だったが、東電は午後3時ごろに電気ケーブルを切って回収を断念した。
(2)東電によると、調査は16日早朝に開始。サソリは午前8時前に格納容器に入り、作業用レールを進んだ。しかし、レールには堆積(たいせき)物が段差を作っており、途中で進めなくなった。ケーブルを引いていったん戻し、再び投入したが、圧力容器の手前付近で完全に動けなくなったという。
(3)サソリは2台のカメラや放射線量計などを使い、レールにこびりついた堆積物や周辺の線量を調べるほか、圧力容器近くまで進んで直下の様子を撮影する計画だった。


 調査さへできないのが、「実態」なのである。





by asyagi-df-2014 | 2017-02-16 18:10 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧