沖縄-辺野古-高江-から-2017年2月12日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長の「従来の日米関係と変わらない。ことさらに強調することに違和感を覚える。さまざまな外交手段がある中、安保5条頼りで武力による外交に向かっているように映る。これが南西地域の防衛力強化の理由にされないか心配だ」(琉球新報)、との指摘がすべてを射貫いている。
 問題なのは、『揺るぎない日米関係』のもとでの「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡っては『難関をクリアした過去の問題』(米政府高官)と米側の認識も変化している。」、という沖縄タイムスの平安名純代・米国特約記者の報告である。
 このままでは、日米両政府の「今後はスムーズに進んでいく」という思惑がそのまま
になる危険性があるのではないか。


 2017年2月12日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-日米首脳「辺野古唯一」 市民批判「思考が硬直」 普天間継続使用に不安も-2017年2月12日 11:14


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「10日の安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「唯一の解決策」と共同声明に盛り込んだことを受け、移設に反対する市民らから『思考が硬直している』『やっぱり辺野古にこだわっている。初めから期待していない』など批判の声が上がった。一方『(移設方針が)ぶれていない』と肯定的な意見もあった。」
②「 ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表(70)は『オバマ政権でも【辺野古が唯一】だったので驚かない』と淡々と語った。その上で『知事や名護市長を支え、粘り強く国際社会に訴えていくことが大事だ』と決意を新たにした。」
③「ヘリ基地いらない二見以北十区の会の浦島悦子共同代表(69)は『同じことしか言っていない。思考回路が硬直している』と指摘。『トランプ氏に反対する米国民は多い。そういう人たちと協力しながら、沖縄の思いを伝えることが大切だ』と話した。」
④「大浦湾でカヌーに乗って抗議を続ける間島孝彦さん(63)=名護市=は、安倍首相が5年以内の運用停止について米側に協力を求めなかったことに『辺野古を造って普天間も閉鎖せず、両方運用するのではないか』と不安げに話した。」
⑤「普天間居場所づくりプロジェクトの発起人・赤嶺和伸さん(62)=宜野湾市=は『トランプ氏は日本に駐留費の負担をさらに求めたのではないか』と分析。『5年以内の運用停止』について『期限が迫るのに【補修工事】名目で車両が出入りしている。仮に辺野古ができても普天間も使い続ける魂胆ではないか』と語った。」
⑥「一方、普天間門前まちづくり期成会の柏田吉美理事長(83)=宜野湾市=は『トランプ氏は過去の経緯も踏まえてぶれないと思っていたが、今回証明された。辺野古移設がさらに現実的になるだろう』と評価した。」


(2)琉球新報-尖閣「安保条約の対象」 漁業関係者ら「安心」 日米首脳会談-2017年2月12日 12:26


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「尖閣諸島について、安倍晋三首相とトランプ米大統領が対日防衛義務を定める日米安保条約第5条が適用されることを確認したことに、尖閣諸島を抱える石垣市の漁業者や関係者らは11日、『安心した』『大変いいことだ』と評価した。一方で『従来と変わらない』と冷静に受け止める声もあった。」
②「八重山防衛協会の三木巖会長は『日米同盟が強化され、とてもいいことだ。中国が南シナ海や東シナ海で活動し、軍拡もするなど緊迫を高めている。今回の確認は外交的にも成果があり、尖閣を守るための抑止力になる』と歓迎した。」
③「尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長は『従来の日米関係と変わらない。ことさらに強調することに違和感を覚える。さまざまな外交手段がある中、安保5条頼りで武力による外交に向かっているように映る。これが南西地域の防衛力強化の理由にされないか心配だ』と指摘した。」


(2)琉球新報-尖閣「安保条約の対象」 漁業関係者ら「安心」 日米首脳会談-2017年2月12日 12:26


 【石垣】尖閣諸島について、安倍晋三首相とトランプ米大統領が対日防衛義務を定める日米安保条約第5条が適用されることを確認したことに、尖閣諸島を抱える石垣市の漁業者や関係者らは11日、「安心した」「大変いいことだ」と評価した。一方で「従来と変わらない」と冷静に受け止める声もあった。

 八重山防衛協会の三木巖会長は「日米同盟が強化され、とてもいいことだ。中国が南シナ海や東シナ海で活動し、軍拡もするなど緊迫を高めている。今回の確認は外交的にも成果があり、尖閣を守るための抑止力になる」と歓迎した。

 尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長は「従来の日米関係と変わらない。ことさらに強調することに違和感を覚える。さまざまな外交手段がある中、安保5条頼りで武力による外交に向かっているように映る。これが南西地域の防衛力強化の理由にされないか心配だ」と指摘した。


(3)沖縄タイムス-日米首脳会談:辺野古移設は「過去の問題」 米側の認識に変化-2017年2月12日 13:31


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「トランプ米大統領就任後、初めてとなった日米首脳会談は、日米同盟と経済関係の二つの分野に焦点が当てられた。米側は、日本が求めている「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象」を明言する代わりに、グローバルな脅威のテロ集団との戦いにおける日本の協力を共同声明に盛り込んだ。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡っては「難関をクリアした過去の問題」(米政府高官)と米側の認識も変化している。」
②「ホワイトハウスに到着した安倍晋三首相を抱擁で迎え入れたトランプ大統領は、選挙中に強調していた在日米軍駐留費の負担増を迫るとした強硬姿勢を封印。終始、笑顔を振りまき、共同記者会見の冒頭では『米軍を受け入れている日本国民にも感謝したい』とも述べるなど、『揺るぎない日米関係』を演出した。」
③「ペンス副大統領の関係者によると、『日米首脳会談の下準備』として訪日したマティス国防長官は、安倍首相や稲田朋美防衛相らとの会談を通じ、尖閣諸島を巡る問題と普天間の辺野古移設の2点を、トランプ新政権の出発点で明確に確認しておく必要があると判断。共同声明に盛り込むべきとのマティス氏の提言を受け、翁長雄志知事がワシントンで要請行動をしていたころにはすでに草案ができていたという。」
④「安倍首相は共同記者会見で、トランプ氏と普天間移設について協議したと述べたが、ペンス氏関係者によると、トランプ氏は安倍首相の説明に熱心に耳を傾けてはいたものの、辺野古移設について言及する場面はなかった。日米両政府内には、これまで普天間移設問題に足を取られて取り組むべき問題に対応できないとの不満が渦巻いていたが、埋め立てに向けた海上工事にも着手した今、マティス氏のリーダーシップと日米両首脳による確認で『今後はスムーズに進んでいく』との期待が高まっているという。」





by asyagi-df-2014 | 2017-02-12 15:51 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧