沖縄-辺野古-高江-から-2017年2月10日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 2017年2月10日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-沖縄県、辺野古の協議を要求 防衛局に文書発送へ-2017年2月10日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設計画で沖縄県が求める事前協議を沖縄防衛局が『協議済み』として工事を進めていることについて、県は10日、防衛局に対し、工事を停止し事前協議に応じるよう求める文書を改めて送付する。」
②「県は昨年12月にも事前協議を求めて意見書を出していたが、防衛局は協議は終わったとして工事に着手している。今回の文書で県は防衛局に対し『工事に着手している以上事前協議とはいえない』と再度指摘して工事の停止を求める他、工事の際の技術面での資料提出などを求める。」
③「防衛局は1月、県が意見書で示した疑問点について回答する文書を『事前協議』として送付し、疑義がある場合10日までに回答するよう求めていた。」


(2)琉球新報-ブロック投下進む 辺野古新基地建設 ゲート前で約30人が抗議-2017年2月10日 11:37


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、大型クレーン船2隻が10日午前、大型コンクリート製ブロックを海底に投下する作業を始めた。午前11時現在で、2隻から少なくても各3個のブロックが投下されたとみられる。海底ボーリング(掘削)調査をする大型特殊船「ポセイドン1」は長島付近にとどまっている。この日は9日に続いて波が高く、新基地建設に反対する市民らは抗議船やカヌーによる海上での抗議行動は行っていない。」
②「10日午前9時ごろ、大型クレーン船の1隻がクレーンを上げ、ブロックの投下作業を始めた。もう1隻も午前10時ごろにクレーンを上げ、ブロックの投下を始めた。この日は海上での抗議がないため、海上保安庁のゴムボートは数艇にとどまっている。一方、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では新基地建設に反対する市民ら約50人が三つのゲート前に分かれて抗議行動を行った。午前11時現在、資機材の搬入は確認されていない。」
①「午前8時30分ごろ、ゲートの1カ所から海上での作業員が乗ったとみられる車両2台が基地内に入った。市民ら約10人が阻止行動をしたが、機動隊員に排除された。」


(3)沖縄タイムス-辺野古新基地:大型ブロック4個投入 抗議市民40人を強制排除-2017年2月10日 13:35


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに10日午前、作業員を乗せたとみられる車両2台が入った。正午すぎには、ゲート前で新基地建設に反対し座り込みをする市民約40人が機動隊員に強制排除され、工事関係車両8台が進入した。
辺野古沖の海上では、沖縄防衛局が海中に大型コンクリートブロックを投下する作業を続行した。午前中に少なくとも4個が投入された。沖縄本島地方に波浪警報が出されているため、市民らは海上での抗議行動を見送った。」、と報じた。





by asyagi-df-2014 | 2017-02-10 16:41 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧