沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月31日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 「米NBCニュースは『オスプレイの着陸失敗は敵による襲撃とは関係がない』と報じた。」、と沖縄タイムスは、イエメンでのオスプレイの着陸失敗を報じる。
 また、「中央軍によると、作戦では、海軍特殊部隊シールズが同日未明にアルカイダの拠点を襲撃。激しい銃撃戦で1人が死亡、3人が負傷。米兵らの救出に派遣されたオスプレイが着陸に失敗し、さらに1人が負傷した。機体は着陸後に飛行不能となったため、意図的に破壊したという。複数の米軍事紙は、米軍筋による情報として『オスプレイによる負傷者は2人』などと伝えている。」、と沖縄タイムス平安名純代・米国特約記者は今何が行われているかを伝える。
 日本政府は、このオスプレイ墜落をきちんと把握し、その原因等を日本国民に知らせなけれなまらない。


 2017年1月31日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「危険と隣り合わせ」 那覇空港の空自機脱輪、足止めの乗客に疲労といら立ち-2017年1月31日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「航空自衛隊のF15戦闘機によるトラブルで約2時間にわたって滑走路が閉鎖された沖縄・那覇空港。欠航や目的地変更などで少なくとも7千人以上に影響を及ぼすなど、終日混乱した。出発ロビーは搭乗便の振り替えなどを求める観光客やビジネスマンらでごった返した。足止めとなった乗客からは那覇空港の軍民共用への疑問の声や、長引く待ち時間に疲れた表情を浮かべる姿も見られた。」
②「滑走路が閉鎖されて1時間以上が経過した午後2時20分ごろ、那覇空港の各航空会社のカウンター前には振り替え便を求める人が列をつくった。正午すぎの便で久米島に向かう予定だった清水せい子さん(67)=三重県=は『狭い機内で1時間以上も待たされ、頭がくらくらしパニック障害を起こす寸前だった』と疲れた表情を浮かべた。自衛隊機と民間機が共用する那覇空港については『危険と隣り合わせだ』と述べ、自衛隊や米軍基地など『戦争を連想させる全ての軍事機関に嫌悪感を覚える』と憤った。」
③「羽田から那覇に向かっていたJAL909便は、目的地を変更し米軍嘉手納基地に降り立ち、到着時刻が3時間半の遅延となった。出張で同便に搭乗していた20代の女性=東京都、会社員=によると、嘉手納基地に午後2時20分ごろ着陸した後、那覇空港から燃料が届くまで機内で2時間半以上待たされた。『空調も切れて暑かった。客室乗務員に【どうしてくれるのか】問い詰める客もいた』と述べた。また、石垣発那覇行きの一部の便は、那覇空港上空で引き返し石垣に戻った。那覇空港到着まで2時間近く遅れが出た。搭乗していた長嶺翔太さん(22)=那覇市、会社員=は『自衛隊のトラブルはよくある印象がある』と淡々と話した。」
④「宮古空港では午後2時半ごろ、那覇空港に着陸できなかった全日空機が目的地変更で着陸した。宮古空港管理事務所によると、一時5機分の駐機スペースが満杯になり、着陸した飛行機が誘導路で待たざるを得なかった。一方、国際線ターミナルでは突然の滑走路閉鎖に困惑する外国人観光客の姿も見られた。韓国・ソウルから約3時間遅れで那覇空港に到着したヤン・スンミさん(63)は『滑走路に故障機がある影響で降下許可が出ないと機内アナウンスがあり、空中でずっと待機していた。雪の影響で出発も遅れたのに到着も遅れるなんて、ついてない』と話した。」


(2)琉球新報-米軍オスプレイ墜落か イエメンで4人負傷、攻撃支援中-2017年1月31日 07:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「ABCニュースやFOXニュースなど米メディアによると、28日、イエメン中部のバイダ州で、海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが『ハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)』し、負傷者が出た。」
②「航空ジャーナリストのブログ『The Aviationist』は事故を『墜落』と伝えた。米メディアによると事故による負傷者は4人。米軍は飛行不能となった事故機を破壊した。」
③「米中央軍は29日の声明で、『作戦を支援していた米軍機がハードランディングし、追加の負傷者が出た。航空機は飛行が不可能となり、その場所で意図的に破壊された』と発表した。『ハードランディング』した米軍機の機種については言及していない。」
④「事故は米軍が実施した奇襲攻撃の現場近くで起きた。奇襲攻撃ではヘリコプター部隊が武装勢力の拠点を襲撃し、武装勢力のメンバー14人と民間人16人、米兵1人が死亡した。ブログでは、事故を起こしたオスプレイは奇襲攻撃で負傷した兵士を搬送するためだったとしている。また飛行不能となったオスプレイを破壊したのは、最新のステルス戦闘機に使用されているレーダー塗料が使われているなど、敵に機体がわたるのを防ぐためだとした。」


(3)琉球新報-トランプ政権へ辺野古阻止要請へ 翁長沖縄知事が訪米向け出発-2017年1月30日 18:57


 琉球新報は、「沖縄県の翁長雄志知事と稲嶺進名護市長、辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議の訪米団が30日午後、31日の米国への出発を前に那覇空港で出発式を開いた。翁長知事は、オール沖縄との出発式に先立つ会見で『米大統領が変わって新しいトランプ政権の下で、辺野古を造らせない、造れないということやオスプレイ配備反対を訴え、理解を得たい』と抱負を述べた。」、と報じた。
 また、「稲嶺名護市長は『基地問題はすぐれて人権問題であることを訴えたい。辺野古新基地建設問題は、強い意志で反対していることをしっかり伝えたい』と決意を語った。オール沖縄共同代表の呉屋守将氏は『沖縄の思いを世界に発信して共有してもらいたい』と訪米団の意義を語った。」、と報じた。
 さらに、「一行は31日に米国へ向けて出国し、2月5日に那覇に戻る。米連邦上下両院議員やその補佐官、有識者らと面談する予定。」、と伝えた。


(4)沖縄タイムス-オスプレイが着陸失敗 イエメンで米兵救出中に-2017年1月31日 07:37


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「米国防総省は29日未明、米軍がイエメン中部で国際テロ組織アルカイダの掃討作戦を実施し、米兵1人が死亡、3人が負傷したと発表した。襲撃地点近くで米兵らの救出作戦に当たった米海兵隊の垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗し、さらに1人が負傷した。」
②中央軍によると、作戦では、海軍特殊部隊シールズが同日未明にアルカイダの拠点を襲撃。激しい銃撃戦で1人が死亡、3人が負傷。米兵らの救出に派遣されたオスプレイが着陸に失敗し、さらに1人が負傷した。機体は着陸後に飛行不能となったため、意図的に破壊したという。複数の米軍事紙は、米軍筋による情報として「オスプレイによる負傷者は2人」などと伝えている。
③「米NBCニュースは『オスプレイの着陸失敗は敵による襲撃とは関係がない』と報じた。」
④「米中央軍によると、アルカイダの戦闘員14人も死亡した。」
⑤「トランプ大統領は28日、過激派組織「イスラム国」(IS)の壊滅に向けた戦略を30日以内に策定するよう命じる大統領令に署名している。」


(5)沖縄タイムス-辺野古新基地:「米軍いらない」ゲート前で抗議 長島付近で作業確認-2017年1月31日 13:06


 沖縄タイムスは、「31日午前8時50分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前で新基地建設反対を訴え座り込んでいた市民を約40人の機動隊員が排除した。その直後に工事車両5台が基地内に入り、最後尾の車両はパワーショベルを積んでいた。市民は同日午前6時半前から抗議を開始。正午までに約60人が集まり、ゲート前で『米軍いらない』『戦争させない』などと声を張り上げた。一方、辺野古沖の長島付近では、作業船がフロートの近くで作業をしている様子が確認された。」、と報じた。


(6)琉球新報-住民に配慮した騒音分布図を 中部市町村会が防衛局に要請-2017年1月31日 12:06


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「防衛省が進める米空軍嘉手納基地周辺の航空機騒音を示す騒音分布図(コンター)の見直しを受け、中部市町村会(会長・島袋俊夫うるま市長)は31日午前、嘉手納町の沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、住民意見に配慮したコンター見直し作業を行うよう要請した。中部市町村の首長や住民ら約800人が参加して25日に開かれた『住宅防音事業問題の解決に向けた住民総決起大会』(同実行委員会主催)で決議された要請文も手渡された。」
②「中部市町村会の要請文は(1)コンター見直し作業で基地周辺市町村と住民に配慮(2)(うるささ指数W値が)75以上の区域内の早急な建具復旧工事の実施(3)住宅防音予算の増額│を求めている。」
③「當山宏嘉手納町長は『(米軍は)騒音防止協定も土日も深夜も関係なく訓練し、嘉手納の騒音は激しくなっている。日常的な負担を基地周辺住民は負っている。コンター拡大はあっても縮小はあり得ない』と述べ、住民への配慮を求めた。」
④「中嶋局長は『関係自治体の意見を踏まえて適切に対処したい。防音工事を待っている方がいることも承知している。予算のことではあるが、重く受け止め対処したい』と話した。」
⑤「要請後、島袋市長は『(見直し後のコンターが)公表されてからでは遅い。事前に対策をとの思いで要請した。騒音のある所全てを住宅防音工事の対象にするべきだ』と話した。」





by asyagi-df-2014 | 2017-01-31 16:58 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧