沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月30日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 石垣市への陸上自衛隊配備に反対する市民集会に800人が参加したという。
 また、「補償の問題ではない。命に関わる安全の問題だ」。琉球新報が伝える米軍ヘリ伊計不時着で作物被害者の心からの叫びである。
 今の日本の姿を見たとき、やはり、ともにこう叫ばざるを得ない。

 琉球新報は2017年1月30日 14:50付けで、「ABCニュースやFOXニュースなど米メディアによると、イエメン中部バイダ州で28日、海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが「ハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)」し、負傷者が出たと報じた。航空ジャーナリストのブログ「The Aviationist」は事故を「墜落」と伝えた。米軍は事故機を破壊した。」、と報じている。


 2017年1月30日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-石垣陸自配備、800人抗議集会 市長の受け入れ糾弾-2017年1月30日 07:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「石垣市への陸上自衛隊配備に反対する市民集会が29日、市総合体育館で開かれ、市内全域からこれまでで最大規模の約800人が集結した。中山義隆市長の陸自受け入れ表明を糾弾し配備阻止を訴える決議を採択して、最後に『ミサイル』『基地』の文字に×印を付けたボードを掲げ配備反対をアピールした。」
②「中山市長は配備の可否を判断する前に配備候補地周辺4地区から『意見を聞く』と発言しながら面談せずに、昨年12月26日に突然配備受け入れを表明した。これを受け、4地区も加入する『石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会』が主催し、市民集会を開催した。4地区の住民や戦争体験者、高校生ら10人が登壇し意見を発表した。」
③「4地区代表で発言した嵩田地区の中辻敦子さん(37)は『市長は自分の子どもが通う学校横への配備を受け入れるのか。私たちの地域にも人は住み、学校もある。話し合いもできなかったのはとても残念だ』と市長の対応を批判し『今まで通り静かで穏やかに農作業できる地域であってほしい』と求めた。」
④「戦争体験者で4地区内の川原に住む上原重次郎さん(79)は自身の体験から『基地があると必ず標的にされる。絶対に造らせてはならない』と語気を強めた。八重山農林高校3年の野原心さんも『勝手に配備計画を進めることは疑問だ。将来も安心して暮らせる島であってほしい』と願いを込めた。」


(2)琉球新報-「補償でなく命の問題」 米軍ヘリ伊計不時着で作物被害・上田さん-2017年1月30日 05:00


琉球新報は、標題について次のように報じた。



①「20日にうるま市与那城伊計に不時着した米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリが21日に農道から離陸した際、排気熱により畑の作物が焦げた。不時着現場の横で黄金イモを栽培している上田淳子さん(68)は『今回は葉だけの被害で、地中のイモには影響はなかったが、日中はこの場所で仕事をしている。もしその時に落ちてきたら怖い』と声を震わせた。」
②「沖縄防衛局から補償について連絡が来たが『補償の問題ではない。命に関わる安全の問題だ』と訴えた。不時着後も同型機やMV22オスプレイが1時間に何度も飛ぶ状態について『米軍はわが物顔だ。日本政府が許しているからではないのか』と指摘した。」
③「上田さんは伊計島内で2~3千坪の畑を手掛けている。『伊計の黄金イモは人気があり、年中収穫しているが今の季節が一番おいしい。今回負傷者がいなかったのは良かったが、高校生と植え付けたイモの葉が焼けてしまった』と肩を落とす。イモは島内のインターネットを使った通信制高校『N高等学校』の生徒らと3カ月前に植え、今週には収穫予定だという。」
④「上田さんは20日の米軍の演習について『普段とは違っていた。家の上空をヘリが飛んでいたので、どこかおかしいと不安に思っていた』と振り返る。その後、家から畑の中にヘリが降りていくのが見えたという。『いつかヘリが家に当たらないか、本当に怖い』。」
⑤「夫の清さん(69)は、24日に玉城正則自治会長が中嶋浩一郎沖縄防衛局長に署名を手渡す際も同席し、『伊計島は辺野古の基地からそれほど遠くなく、米軍機が飛ぶ回数も多い。米軍に対しては住民が感じる不安を強く訴え、指導してほしい』と話した。また、『不時着して以降、畑に規制線が張られたり、要請に行ったりと畑仕事ができなかった』と語った。」


(3)琉球新報-日米、尖閣に安保条約適用確認 2月の両国防衛相会談で-2017年1月29日 19:20


 琉球新報は、「2月に来日するマティス米国防長官が、稲田朋美防衛相との初会談で沖縄県・尖閣諸島について、米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だとする米政府の立場を確認することが分かった。複数の日米政府筋が29日明らかにした。強固な同盟関係を打ち出し、海洋進出を強める中国をけん制する狙い。安倍晋三首相とトランプ大統領が合意した2月10日のワシントンでの直接対話に向け安保分野で信頼醸成を図る。日米両首脳は28日深夜に電話会談し、日米同盟の重要性で一致。トランプ氏はマティス氏訪日に関し「一番信頼する閣僚を派遣する」とした。(ワシントン、東京共同)」、と報じた。
 
 

(4)沖縄タイムス-陸自配備反対「意見聞きたかった」 石垣・中山市長も集会に参加-2017年1月30日 08:01


 沖縄タイムスは、「会場後方には中山義隆市長も姿もあった。開会時から秘書と共に参加したといい、取材には「反対する皆さんの意見、どんな不安があるか聞きたかった。一人一人の持ち時間が少なかったが、踏み込んだ話、いい意見はあった」と述べるにとどめた。受け入れ表明の撤回を求める声について『難しい』としながら、可否判断前に聞くとしていた候補地近隣4地区の意見は『機会があれば聞きたい』と話した。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-「現場で闘い、国際社会に訴えていく」 辺野古ゲート前で抗議-2017年1月30日 13:46


 沖縄タイムスは、「名護市辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前では30日午前、新基地建設に反対する市民約50人が抗議行動し、『工事をやめろ』とシュプレヒコールを繰り返した。集会で、ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は『きょう、翁長雄志知事が訪米に出発する。トランプ政権に対峙(たいじ)していくにはわれわれが現場で闘い、国際社会に訴えていくしかない。県政をしっかり支えていこう』と呼び掛けた。午前8時40分ごろ、工事用ゲート前に座り込んでいた約20人の市民を機動隊員約40人が排除し、その間に工事車両3台が基地内に入った。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-那覇空港で滑走路閉鎖 空自F15が脱輪-2017年1月30日 14:34


 沖縄タイムスは、「30日午後1時19分、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が那覇空港から離陸しようとしたところ、前輪タイヤが脱輪した。滑走路は閉鎖され、ヘリ以外の離着陸ができない状態が続いている。那覇空港事務所は午後2時20分現在で、『再開のめどは立っていない』とコメントしている。同空港事務所によると、F15戦闘機は4機編隊の訓練で離陸しようとしたところ、最後の1機が滑走路南側で脱輪したと那覇基地から報告があった。空自は、燃料を一部抜き取り、機体を持ち上げた上で、代替タイヤなどを設置して移動する予定。」、と7報じた。
 また、「離着陸ができないため、那覇空港着の航空機は上空で待機中。同空港事務所は『今後は目的地変更の便も出てくる可能性もある』と話している。」、と伝えた。


(7)琉球新報-山城さんの早期釈放訴え 乗松さん、アムネスティ声明朗読 那覇地裁前に70人超-2017年1月30日 15:02


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設や米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯建設の抗議行動で、中心的役割を果たしていた沖縄平和運動センターの山城博治議長が威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴され、100日以上勾留が続いていることを受け、『山城博治さんたちの早期釈放を求める会』は30日午後、那覇市の那覇地方裁判所前で緊急集会を開いた。『アジア太平洋ジャーナル・ジャパンフォーカス』エディターの乗松聡子さん(51)は国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)が26日に発表した山城さんらの即時釈放要求の原文(英語)を読み上げ『国際人権規約の批准国として、不当勾留を直ちに解消せよ』と訴えた。」
②「雨が降りしきる中、裁判所前には70人以上の市民が集まり、シュプレヒコールを上げた。乗松さんがブラウン大学名誉教授のスティーブ・ラブソンさんらと共に、山城さんらが政府の弾圧を受け、不当に長期勾留されている実情をアムネスティ・インターナショナルに伝え働き掛けたことで、今回の緊急要請文書をはじめとする国際的なキャンペーンが始動した。」
③「乗松さんは『人権運動の権威であるアムネスティ・インターナショナルだけでなく、世界の多くの主要紙が日本政府の沖縄いじめと弾圧を問題視している』と述べ、日本政府の非人道的な市民運動抑制策に警鐘を鳴らした。声明文を読み上げた後、乗松さんは同会の仲宗根勇共同代表と那覇地裁にアムネスティ・インターナショナルの原文を提出した。」


(8)琉球新報-オスプレイ墜落か イエメンで飛行 米軍が機体破壊-2017年1月30日 14:50


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「ABCニュースやFOXニュースなど米メディアによると、イエメン中部バイダ州で28日、海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが「ハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)」し、負傷者が出たと報じた。航空ジャーナリストのブログ「The Aviationist」は事故を「墜落」と伝えた。米軍は事故機を破壊した。」
②「米中央軍は29日の声明で『作戦を支援していた米軍機がハードランディングし、追加の負傷者が出た。航空機は飛行が不可能となり、その場所で意図的に破壊された』と発表した。『ハードランディング』した米軍機の機種については言及していない。」
③「事故は米軍が実施した急襲攻撃の現場近くで起きた。奇襲攻撃ではヘリコプター部隊が武装勢力の拠点を襲撃し、武装勢力のメンバー14人と民間人16人、米兵1人が死亡した。」



by asyagi-df-2014 | 2017-01-30 16:45 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧