沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月24日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 2017年1月24日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-フロート設置作業進む 辺野古新基地建設 海保、カヌー・抗議船を拘束-2017年1月24日 14:05


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向け、沖縄防衛局は24日午前、大浦湾で埋め立て工事などを計画する臨時制限区域を示す浮具(フロート)の設置作業を進めた。米軍キャンプ・シュワブの砂浜に並べてある数十メートルに及ぶフロートを、作業船で同市瀬嵩に近い海域まで引っ張り、前日までに設置したフロートと接続させた。海上作業に抗議する市民らの抗議船やカヌーを海上保安庁のゴムボートが取り囲んだり、拘束したりする場面もあった。」
②「基地建設に反対する市民らは早朝から米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を展開した。午前9時前に作業車両が基地内に入る際、機動隊が座り込みを続ける市民を排除した。」
③「海上のフロート設置の情報を受け、市民らは午前10時すぎ、海上作業が見える瀬嵩の浜に移動した。浜から見える海域で展開される海上作業に『私たちの宝の海の埋め立てを許さんぞ』『フロート撤去せよ』と強く抗議した。」


(2)琉球新報-うるま市議会と伊計自治会 伊計ヘリ不時着で防衛局に抗議-2017年1月24日 13:37


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「20日に米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリコプターがうるま市の伊計島に不時着した問題で、栄野川盛治うるま市副市長、うるま市議会の大屋政善議長、伊計自治会の玉城正則会長らが24日正午すぎ、沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、それぞれ意見書や抗議文書を手渡した。玉城自治会長は『二度とこのような事故を繰り返さないためにも伊計島の上空付近での訓練を見直し、静穏な伊計島の生活環境維持を強く要請する』と述べた。中嶋浩一郎局長は『今回1回の事案でない。津堅島の事前通告なしの降下訓練、北部でのヘリのつり下げ事案など重く受け止めている』と述べて謝罪した。」
①「うるま市議会は同日午前、臨時議会を開き、ヘリ不時着についての抗議決議と意見書を全会一致で可決した。抗議決議と意見書では『安全管理に対する米軍の認識の低さを露呈するもので、激しい憤りを覚える』として、原因究明や再発防止策が公表されるまで同型機の飛行を停止することや、被害調査を徹底的に実施することなど6点を求めた。」


(3)沖縄タイムス-辺野古海上、新たなフロート設置進む カヌー9人拘束-2017年1月24日 12:26


 沖縄タイムスは、「沖縄防衛局は24日午前10時ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖での作業で新たなフロート(浮具)を200メートル張った。海上保安庁はカヌー隊9人を拘束し、抗議船1隻を立ち入り禁止区域外までえい航した。」、と報じた。
 また、「シュワブの工事用ゲート前では、新基地建設に反対する市民らが午前8時ごろから座り込んだ。同9時ごろ、機動隊員約60人が市民を排除し、工事用とみられるトラック4台が基地内に入った。市民たちは瀬嵩の浜に移動し、海上作業に抗議の声を上げた。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2017-01-24 17:17 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧