沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月19日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


「宮城さん(チョウ類研究者の宮城秋乃さん)は『ヘリとオスプレイが同時に飛ぶ時が一番うるさかった。空がうなり、風を切るような音だった。米軍機が飛ばない時は、カエルの声がよく聞こえた。せっかくこんなに生き物がいる場所なのに』と指摘。『集落や高江小中へも行ってみたが、うるさかった』と騒音の大きさを強調した。」、と琉球新報は伝える。
 安倍晋三政権の「沖縄の負担権限」の示すものは、実は、「高江で米軍訓練激化 オスプレイとヘリ同時飛行 風圧、騒音激しく」(琉球新報)ということだった。つまり、それは歴史の繰り返しということでしかない。
 こんなことが許されていいはずがない。


 2017年1月19日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「在沖米軍 台湾移転を」 米国務副長官候補が提言-2017年1月19日 07:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「ジョン・ボルトン元米国連大使は、17日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルへの寄稿で『米国は台湾への軍事装備販売を増やし、米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化できる』と述べ、在沖米軍の一部を台湾に移転することを提案した。タカ派として知られるボルトン氏は一時、トランプ次期政権の国務長官候補の一人と報じられ、現在、国務副長官への起用が取り沙汰されている。ボルトン氏の提言はトランプ氏の外交政策に影響を及ぼす可能性もある。」
②ボルトン氏は『台湾は地理的に沖縄やグアムよりも東アジアの国や南シナ海に近い。この地域への迅速な米軍配備をより柔軟にする』と説明。さらに『日米関係を悩ます沖縄から、少なくとも一部米軍を(台湾に)再配置すれば、ワシントン(米政府)は東京(日本政府)との緊張を緩和するのに役立つかもしれない』と述べ、沖縄の米軍基地問題解決になると指摘した。また『海洋の自由を保障し、軍事的な冒険主義や一方的な領土併合を防ぐことは、東アジアや東南アジアでの米国の核心的利益だ』と強調し、中国をけん制した。台湾との軍事協力の強化は『米国の核心的利益を達成するための重要な一歩だ』とした。」


(2)琉球新報-高江で米軍訓練激化 オスプレイとヘリ同時飛行 風圧、騒音激しく-2017年1月19日 08:30


 琉球新報は2017年1月19日、標題について次のように報じた。


①「東村高江の集落に近い米軍北部訓練場ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)のN4地区の周辺で18日、米軍ヘリやオスプレイによる訓練が行われた。チョウ類研究者の宮城秋乃さんが同日、自然観察で訪れた際に確認した。米軍ヘリは少なくとも4機が飛行し午前11時半ごろから午後5時ごろまで5時間余、県道70号の上空を含む空域で低空の旋回を繰り返していたという。」
②「宮城さんによると、オスプレイは2機が相次いでN4地区のヘリパッドへ着陸した後、そのまま離陸していった。米軍ヘリの低空飛行で県道70号沿いにあった三角コーンが吹き飛んだり、オスプレイが離着陸する際、木の枝が折れて飛び散り、その枝をN4地区ゲート前にいた警備員が拾う場面もあった。また、訓練場内の林の中からは銃声が約30分間聞こえたという。」
③「宮城さんは『ヘリとオスプレイが同時に飛ぶ時が一番うるさかった。空がうなり、風を切るような音だった。米軍機が飛ばない時は、カエルの声がよく聞こえた。せっかくこんなに生き物がいる場所なのに』と指摘。『集落や高江小中へも行ってみたが、うるさかった』と騒音の大きさを強調した。」


(3)沖縄タイムス-辺野古ゲート前 機動隊70人、抗議の市民ら40人を排除-2017年1月19日 10:39


 沖縄タイムスは、「名護市辺野古の新基地建設に反対する市民は19日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議行動した。午前8時40分ごろ、ゲート前に座り込む市民ら約40人を機動隊員約70人が強制排除。工事車両2台がゲートから基地に入った。市民らは午前5時40分ごろから集まり、プラカードを手に『辺野古の海を守ろう』などと新基地建設反対を訴えた。7時30分からゲート前に座り込んだ。」、と報じた。


(4)琉球新報-F15が嘉手納基地に緊急着陸 排気口カバーの一部はがれる-2017年1月19日 13:07


 琉球新報は、「米軍嘉手納基地で19日午前9時36分、同基地所属のF15戦闘機が後部排気口のカバーの一部がはがれ落ちそうになった状態で緊急着陸した。目撃者によると、排気口を取り囲んでいるカバーの一部が垂れ下がっていた。機体は滑走路のワイヤに引っかけて停止し、けん引されて駐機場へ戻った。」、と報じた。


(5)琉球新報-浮具の設置作業続く 辺野古新基地建設-2017年1月19日 12:54


 琉球新報は、「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、19日午前9時半ごろ、海上で支柱の付いた浮具(フロート)を設置する作業を進めた。新基地建設に反対する市民らは抗議船やゴムボート、カヌーで抗議した。」、と報じた。
 また、「米軍キャンプ・シュワブでは午前8時半ごろ、工事車両用ゲートからクレーン付きトラック2台が基地内に入った。新基地建設に反対する市民ら約30人がゲート前に座り込み抗議の声を上げた。機動隊員数十人が市民らを排除し、工事用車両を通した。」、と伝えた。


(6)沖縄タイムス-津田大介さん・安田浩一さん、「ニュース女子」問題でMXテレビ出演辞退-2017年1月19日 12:05


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「東京の地上波テレビ局、東京MXテレビの番組『ニュース女子』が沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動に関し事実と異なる報道(2日放送)をした問題で、ジャーナリストの津田大介さんと安田浩一さんが18日までに同局が放送する別のニュース番組への出演を辞退した。『取材がずさんで事実でない』『報道に値しない』と2日の番組を批判している。」
②「2人が出演を辞退したのは、同社が毎週月-金曜に放送する『モーニングCROSS』。津田さんは1月と2月に出演予定だったが辞退。17日付で自身のツイッターに『【ニュース女子】について何らかの検証や総括がない限りは出演しないつもり』と投稿した。安田さんは1月に予定していた出演を取りやめた。」
③「本紙の取材に対し津田さんは『2014年11月の知事選以降、沖縄で取材して感じる基地問題の現状とは明らかに異なる内容だ。取材もずさんで、事実ではない』とコメントした。」
④「東京MX側は16日の番組後に『さまざまなメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送した』見解を公表。これに対し津田さんは、番組を検証する姿勢が見られず対応がひどいと指摘。『ネットの書き込みと同レベルの内容を放送すれば、視聴者へ与える悪影響は大きい。地上波テレビ局としての責任を感じてほしい』と求めた。」
⑤「安田さんは『現地の人に話を聞く、裏取りするという取材の基本ができていない。抗議行動をおとしめるデマで、報道に値しない』と批判した。」


(7)沖縄タイムス-「沖縄を差別、愚弄」 朝日放送「正義のミカタ」をBPOに申し立て-2016年1月16日 18:15


 沖縄タイムスは、「朝日放送(大阪市)の番組『正義のミカタ』で、沖縄県の翁長雄志知事や沖縄人を差別、愚弄(ぐろう)する発言があったとして、奈良県に住む沖縄県出身者らでつくる市民団体は15日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会と放送人権委員会に審議を申し立てたと明らかにした。代表の崎浜盛喜さんによると、米軍普天間飛行場の移設問題を取り上げた昨年10月24日放送の同番組で、出演者が『沖縄県や知事は新基地と言うけれど、新基地ではなくて改築』『沖縄振興予算は沖縄だけに認められている振興予算』『辺野古の反対運動の3分の2は本土から。仕事です。日当も労働組合から出ている』などと発言した。」、と報じた。
 また、「団体は『発言は事実をねじ曲げたばかりか意図的に捏造(ねつぞう)し、差別に満ちたヘイトスピーチそのものだ』などと批判している。朝日放送広報部は『申し立てを承知しておらず、現段階でコメントできない』としている。」、と伝えた。




by asyagi-df-2014 | 2017-01-19 17:14 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧