沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月15日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 大学入試センター試験が実施された沖縄県の琉球大学で、ヘリが飛行して発生したとみられる騒音が測定された。
 琉球新報は、その被害について、「琉大工学部2号館屋上で渡嘉敷健准教授が設置した測定器で単発騒音暴露レベル86・8デシベル(80デシベルは地下鉄の車内、90デシベルは騒々しい工場の中に相当)が観測された。」、と報じた。
 あわせて、琉球新報はこのことについて、「英語の試験で、リスニングの説明をしている時間帯にヘリの音が聞こえた。実際に試験が始まった時には聞こえなかったが、米軍に飛行しないよう要請しており問題だ」、との声を伝えた。
 「これが沖縄の実態だ」、と言い続けるだけでは、もはや駄目なのだ。


 2017年1月15日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-辺野古、新たに「海上フェンス」 抗議船の進入阻止へ防衛省-2017年1月15日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う同県名護市辺野古の新基地建設計画を巡り、防衛省沖縄防衛局が突起物付きの浮具(フロート)を準備していた件で、防衛局は14日、フロートを海上に並べ、金属製とみられる支柱を新たに取り付けた。海面に突き出た支柱にロープを張る作業も確認された。市民らの抗議船やカヌーが進入するのを防ぐ「海上フェンス」として用いる狙いがあるとみられる。市民らがロープを切断するなどした場合、海上保安庁が器物損壊容疑で立件する可能性もある。フロートに設置された棒は海上に突き出た状態。新基地建設に反対する市民からは危険性を指摘する声も上がっており、工事を強硬に進めようとする政府の姿勢に批判が集まりそうだ。」
②「突起物の付いた新たなフロートの用途について、防衛局は12日、琉球新報の取材に対し『臨時制限区域の境界を明示すると共に作業の安全確保に万全を期すためのフロートであることには変わりない』と回答。『海上フェンス』として用いることなど詳細については明らかにしていない。」
③「板と棒が付いた突起物は海上には見えないため、海中側で重りになっているとみられる。海面に突き出た支柱には、海面と水平にロープを通せる穴が三つ付いている。沖縄防衛局は14日午後3時すぎまでに、突起物の付いた新たなフロート(長さ約100メートル)3本を海上に引き出し、海中に沈めている大型コンクリートブロックにワイヤで固定した。支柱はフロート約3個ごとに立てられた。砂浜には突起物の付いたフロートが多く残っており、トラックで追加搬入されるのも確認された。15日以降も『海上フェンス』の取り付け作業が続くとみられる。」
④「市民らは14日、抗議船3隻、ゴムボート1艇、カヌー11艇で抗議を行ったが、抗議船1隻が海上保安庁に一時拘束された。一方、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前付近では午前7時から、新基地建設に反対する市民らが座り込んだ。参加人数は最大で約90人。」


(2)琉球新報-センター試験中、琉球大でヘリらしき騒音-2017年1月15日 09:59


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「大学入試センター試験が実施された14日、試験時間中の午後5時25分に西原町の琉球大学でヘリが飛行して発生したとみられる騒音が測定された。ヘリの所属、機体は不明だが、SNS(会員制交流サイト)では『オスプレイの騒音がうるさくて迷惑だった』との書き込みもあった。」
②「琉大工学部2号館屋上で渡嘉敷健准教授が設置した測定器で単発騒音暴露レベル86・8デシベル(80デシベルは地下鉄の車内、90デシベルは騒々しい工場の中に相当)が観測された。渡嘉敷准教授は「英語の試験で、リスニングの説明をしている時間帯にヘリの音が聞こえた。実際に試験が始まった時には聞こえなかったが、米軍に飛行しないよう要請しており問題だ」と指摘した。」
①「県内大学は沖縄防衛局などに対し試験時間中の米軍機、自衛隊機の飛行自粛を要請していた。14日午後、本島中部では米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが飛行するのが確認されていた。」


(3)沖縄タイムス-平和市民連絡会が翁長知事を提訴 高江工事警備、支出の違法訴える-2017年1月14日 05:00


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリパッド建設で、警備のために県外から派遣された警察官のために県が燃料費や車両修繕費を支出したのは違法などとして、沖縄平和市民連絡会の市民15人は12日、県警に約860万円を請求・賠償するよう翁長雄志知事に求める住民訴訟を那覇地裁に起こした。連絡会の北上田毅さんは『抗議活動を違法に弾圧した活動への支出で、許されない』と指摘。県警側は『訴状が届いていないのでコメントを差し控えたい』とした。』、と報じた。
 また、「訴状などによると昨年7月、県公安委員会の要請で、東京や神奈川など県外6都府県の警察官約500人が高江の警備に当たった。県警本部に情報公開請求した市民側は、県の経費負担は同7~9月で計約860万円と主張。警備が終了するまでに県が負担した費用はさらに多いだろうと指摘している。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2017-01-15 16:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧