神奈川労働局藤沢労働基準監督署は、三菱電機と当時の上司を労働基準法違反(長時間労働)容疑で横浜地検に書類送検。

 電通に続き、大手企業の違法性が明らかになる。
 このことは、企業の無法ぶりだけでなく、実は、日本の労働行政が、労働者の命や生活を守るのでなく、逆に企業の利潤追求のための手段となってきたのかを物語っている。

 毎日新聞は2017年1月11日、「大手電機メーカー三菱電機が新入社員だった男性(31)に労使協定で定めた上限を超える違法な長時間残業をさせたとして、神奈川労働局藤沢労働基準監督署は11日、法人としての同社と当時の上司を労働基準法違反(長時間労働)容疑で横浜地検に書類送検した。広告大手の電通も昨年末に違法な長時間労働を理由に送検されたばかりで、男性は取材に『これを機に、三菱電機も日本社会も社員の働かせ方を改めてほしい』と話した。」、と報じた。また、「書類送検容疑は、2014年1月16日~2月15日、神奈川県鎌倉市の同社研究所で医療用半導体レーザーの研究開発などを担当していた男性に、上限(月60時間)を超える時間外労働をさせたとしている。藤沢労基署は昨年11月に適応障害を発症した男性の労災を認めた際、月100時間超の残業があったとしたが、今回は証拠に基づき時間外労働は約78時間と認定したという。」、と報じた。
 毎日新聞は、このことについて、2016年11月26日に「元社員の労災認定『月160時間残業』 上司命令で過少申告」、として次のように伝えていた。


(1)入社2年目の三菱電機の男性(31)が違法な長時間残業を強いられて適応障害を発症したとして、神奈川労働局藤沢労働基準監督署が24日、労災と認定した。東京都内で25日に記者会見した男性によると、「過労死ライン」とされる80時間の2倍に当たる約160時間の残業をした月もあったが、上司の命令で少なく申告させられていた。
(2)男性は「不眠と意欲低下で『早く死んで楽になりたい』『逃げたい』とばかり考えた。過労自殺した電通の新入社員と自分は紙一重」と話した。男性は休職期間満了後の今年6月に解雇され、現在はうつ病と診断されて療養中。今後、三菱電機に解雇撤回を求めるという。
(3)認定などによると、男性は2013年4月に入社し、情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)で医療用半導体レーザーの研究開発などを担当した。14年1月以降に月100時間超の残業を強いられ、同年4月上旬ごろに適応障害を発症した。同社の入退室記録によると、繁忙期の同年1月16日から1カ月間の残業は約160時間に及んだ。しかし上司の命令に応じて59時間半と過少申告した。
(4)同社広報部は「労基署の判断を確認のうえ、対応を検討する」とコメントした。


 被害者の男性は、「これを機に、三菱電機も日本社会も社員の働かせ方を改めてほしい」、と話している。
 安倍晋三政権が、今最も受けとめなくてはならないことの一つが、この訴えにある。





by asyagi-df-2014 | 2017-01-12 20:01 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧