沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月11日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 伊江島で、米兵がパラシュート訓練中に、葉タバコ畑に降下。
 これが、沖縄伊江島の日常の中のこと。
 自分の住む家屋の目の前にパラシュートが落ちてくることを想像するなら、これが如何に異常であるかがわかる。


 2017年1月11日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-米兵、葉タバコ畑に降下ミス 伊江島でパラシュート訓練中-2017年1月11日 07:30


 琉球新報は、「伊江村によると10日午前10時43分、米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練中だった米陸軍所属の米兵1人が、フェンスを越えて村西江前の民間地に着地した。米兵にけがはない。落下地点はフェンスから約50メートルの葉タバコ畑だった。農作物や一般の人に被害はない。」、と報じた。
 また、「沖縄気象台によると、伊江島に最も近い観測地点・名護の風速は同日午前11時で北の風3・5メートルだった。同様の事故は昨年12月7日以来で、2016年度では2回目。」、と報じた。
 さらに、「現場を目撃していた名嘉實村議によると、午前10時半に離陸したオスプレイ2機が縦列で飛行し、前方の機体から計6人が降下した。フェンス外に着地した米兵は自力でパラシュートを畳み、迎えに来た他の米兵らと共に基地内に戻ったという。名嘉村議は『目標地点の真上を飛んでいた。風向きを考えるともっと西側から降下するべきだった』と話した。」、と伝えた。


(2)沖縄タイムス-辺野古新基地:週内に国内最大級掘削船を投入 沖縄防衛局-2017年1月11日 07:48


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設工事で、沖縄防衛局が海底ボーリング調査のために国内最大級の掘削調査船を週内に大浦湾へ投入することが10日、分かった。政府関係者が明らかにした。防衛局は早ければ2月中にも調査を終わらせ、早急に本体工事に着手したい考えだ。また、防衛省は全24カ所中、いったんは作業を終えたとしていた23カ所のうちの複数箇所で再掘削し、追加データを得る予定だという。」
②「政府関係者によると、導入する調査船は、これまでボーリング調査で使用してきた作業船の規模を大きく上回り、主に海底資源調査などに使われるという。海面から3千メートル下までの掘削調査が可能で、船体が大きいことから波の影響なども受けにくく、防衛省関係者は『海が荒れる冬場でも短期間で調査が終えられる』としている。」
③「防衛局は2014年8月にボーリング調査に着手。しかし、台風のほか県知事選などの選挙、国と県の『集中協議』などの政治日程で中断に追い込まれ、14年11月に終える予定が大幅に遅れた。国は昨年3月の訴訟の和解を受け作業を中断していたが、埋め立て承認の復活を受け早急に調査を再開する方針を示していた。」


(3)沖縄タイムス-東京MXテレビが沖縄ヘイト 高江抗議に「日当」「暴力」 辛淑玉さん、BPO申し立てへ-2017年1月11日 07:35


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「東京の地上波テレビ局が2日に放映した番組が、米軍ヘリパッド建設に対する抗議行動を『カメラを向けると凶暴化する』『韓国人はいるわ中国人はいるわ』などと紹介し、沖縄をはじめマイノリティーに対するヘイトスピーチだと批判されている。番組中で名指しされた在日3世で人材育成コンサルタントの辛淑玉(シンスゴ)さんは近く放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立てる。(北部報道部・阿部岳)」
②「『反対派は日当をもらっている?』と伝えたのも、『証拠』は出どころ不明の茶封筒に書かれた『光広』『2万』の文字だけ。実際、市民団体では少数の固定メンバーが実費の一部を受け取っているにすぎない。さらに、『反対派の暴力行為により近寄れない』とリポート。『トンネルの向こうは現場』『足止めを食っている』として、残念そうに『ロケ断念』を発表した場所は、高江の現場から直線距離でも25キロ、車で行くと約1時間はかかる名護市の『二見杉田トンネル』前だった。結局、抗議する市民の声は1人も紹介されなかった。」
③「ヘイトスピーチに対抗する団体『のりこえねっと』が本土からの交通費5万円を支給し、高江に『市民特派員』を派遣したことも取り上げた。公開された要項にも財源はカンパだと書いてあるのに、あえて『分からない』と強調。共同代表の辛さんを取り上げ、『反対運動を扇動する黒幕の正体は?』とテロップを流した。」
④「辛さんによると、同局から取材は一切なかったという。『本土の無知につけ込み、沖縄の運動に中国、北朝鮮のカネが入っているなどというネットのデマを地上波が垂れ流した。在日に対する差別を利用し、沖縄とセットでたたこうとする悪質なヘイトスピーチだ』と批判する。」
⑤「MXテレビは本紙の取材に対し、『状況確認や回答の可否を含めて結論が出ていない』と述べた。番組を制作したDHCシアターからは回答がなかった。」
⑦「東京MXテレビ 東京で6局目の民放、初のローカル局として1995年に開局。当初は受信に専用アンテナが必要なUHF放送だったが、2003年のデジタル放送開始で他のキー局と同様に見られるようになった。エフエム東京、中日新聞社、東京都などが株主。」


(4)琉球新報-オイルフェンス並べる準備進む 辺野古新基地建設-2017年1月11日 11:37


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は11日午前、米軍キャンプ・シュワブ沿岸で浮具(フロート)と汚濁防止膜(オイルフェンス)を砂浜のより海に近い側にクレーンで並べる作業を行っている。沖合では沈められたままの状態になっている大型ブロックにワイヤを備え付ける潜水作業が行われているとみられる。双方の作業が済み次第、フロートやオイルフェンスを海上に運んで、大型ブロックとつなげる作業が行われる見通し。工事が中断される前の状態までフロートで囲う範囲が広げられる。」
②「海上では建設に反対する市民らが抗議船2隻、カヌー17艇、ゴムボート1艇で抗議行動をしている。海上保安庁のゴムボートは少なくても5艇が海上で市民らの動きを警戒している。一方、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では新基地建設に反対する市民ら約100人が座り込んでいる。11日午前10時現在、資材搬入は確認されていない。市民らは交代でマイクを持ち、『絶対に新基地建設を阻止しよう』などと訴えたり、歌ったりして抗議の意志を表している。」


(5)琉球新報-安全な生活確保を 名護市区長会 沖縄防衛局へ抗議 宜野座松田区も-2017年1月11日 13:50


 琉球新報は、「名護市の全55区でつくる名護市区長会(会長・山城輝雄為又区長)は11日午前11時、嘉手納町の沖縄防衛局に池田眞人企画部次長を訪ね、昨年12月末に墜落したオスプレイに対する抗議決議を手交した。山城会長は『住民らが不安な生活を強いられていることは、納得がいかない』と安全な住民生活の確保を訴えた。」、と報じた。
 また、「名護市安部区でのオスプレイ墜落を受け、同市区長会は、市内5支部の代表で構成する代議員会を開き、オスプレイの配備撤回を求める抗議決議を全会一致で可決している。同日午前10時には、宜野座村松田区の松田正雄区長らも同局を訪れ、抗議決議を手渡した。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-「私たちが諦めなければ基地できない」 辺野古で200人抗議-2017年1月11日 11:31


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは11日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議集会を続けた。最大約200人が集まった。市民らは早朝からシュワブの工事車両用ゲート前に座り込んだ。また、新ゲート前までデモ行進し『「平和を守ろう』『新基地反対』とシュプレヒコールを繰り返した。県統一連の瀬長和男事務局長は『先は長いが、私たちが諦めなければ新基地ができることは絶対にない』と呼び掛けた。」、と報じた。


(7)沖縄タイムス-辺野古反対、那覇で訴え続ける97歳と90歳「戦争二度と・・・」-2017年1月11日 16:00


 沖縄タイムスは、「『年も年。辺野古や高江までは行けないが、できる範囲で声を上げていきたい』。『安里・大道・松川 島ぐるみの会』のメンバーで、共に那覇市の宮﨑禎治さん(97)と儀間昭男さん(90)は『再びあの戦は繰り返させない』と毎週月曜日午前8時から30分間、安里十字路に立ち、道行く車に辺野古新基地建設反対を訴えている。」、と報じた。
 また、「同会は『翁長雄志知事と共に、辺野古新基地ストップを』を掲げて昨年5月に結成。9月からスタンディング行動を始め、宮﨑さんは10月、儀間さんも11月から毎週足を運んでいる。第2次世界大戦中、フィリピンでの戦いに2年間出兵し、生き残った宮﨑さんは『基地があるから相手は攻めてくる。なぜ政府は沖縄に基地を造るのか。戦争の続きをしようとしている』と、この国の行方を危惧する。儀間さんは鉄血勤皇隊として沖縄戦に動員され、摩文仁で捕虜となり生き残った。立ち続ける理由は『亡くなった人々のためにも基地撤去を訴え続ける。これが生き残った人の役目だと思う』と語った。」





by asyagi-df-2014 | 2017-01-11 18:03 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧