沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月1日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。

 「午前7時20分、雲の向こうから日が昇り、光が真っすぐ浜に差し込むと拍手が沸き起こった。」(琉球新報)。
 光と祈り。
昨日から今日へのわずかは時間の移動ではあるが、やはり、そこに「希望」を祈る。


 2017年1月1日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-新基地阻止誓う 名護市長ら辺野古の浜で初日の出-2017年1月1日 13:16


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設の準備が進む名護市辺野古の松田ヌ浜には1日朝、初日の出を見ようと各地から約250人が訪れ、新しい気持ちで新年を迎えた。午前7時20分、雲の向こうから日が昇り、光が真っすぐ浜に差し込むと拍手が沸き起こった。」
②「地元・名護市の稲嶺進市長やヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表、辺野古在住で長年座り込みを続ける島袋文子さんらは、基地建設阻止の誓いを新たにし、海に向かって祈りをささげた。稲嶺市長は『辺野古も高江も(建設を)止めることを誓い合うきょうの日でありたい。力を合わせて頑張ろう』とあいさつした。安次富共同代表は『日米両政府にウチナーンチュの底力を見せないといけない。絶対勝てる』と意気込んだ。」
③「浜の別の地点では『明けましておめでとう 勝つまで負けないぞ ジュゴンを守ろう』などと書いた連だこを揚げる人々もいた。」
④「地元の若者も集まって新年を祝った。島袋太貴さん(21)は初日の出を見た後に友人同士で景気付けに海に飛び込んだ。『毎年恒例でやっている。ずっとこうやっていられる関係でいたい』と寒さに震える声で話した。」


(2)琉球新報-「日本における沖縄の立場」 40代「単独州」 50代「連邦」 琉球新報県民意識調査-2017年1月1日 07:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「琉球新報の県民意識調査で『今後の日本における沖縄の立場』の質問を年代別に見ると、『現行通り』が半数を超えたのは20代と30代で、40代以上は全年代で半数以下だった。『単独州など』を支持した人は40代で最も多く23・7%、『連邦制』支持は50代が22・7%だった。『現行通り』は30代が最多で55・8%だった。40~60代の中年層で自立志向が強く、若年層と70代以上は『現行通り』『分からない』が多かった。同設問は、選択肢を2011年の前回から一部変更した。『現行通り』『独立』は変わらないが、前回15・3%だった『特別区(自治州など)』の項目を廃止し、新たに『単独州など』『連邦制』を設けた。」
②「米軍基地に関しては『縮小すべきだ』が最も多く40・5%(前回比0・9ポイント増)、『撤去すべきだ』が20・0%(同6・3ポイント減)だった。『維持』は14・2%(同3・2ポイント増)、『強化』は1・6%(同0・5ポイント増)だった。『縮小』『撤去』の合計は、年代別では70代以上が最も多く72・4%、20代が最も少なく38・7%だった。」
③「自衛隊基地は『現状規模のまま』45・5%(前回比4・0ポイント増)、『拡大すべきだ』7・3%(同1・9ポイント増)の合計が52・8%で初めて半数を超えた。『縮小すべきだ』は19・9%(同2・2ポイント減)、『撤去すべきだ』は7・4%(同1・8ポイント減)だった。『現状』『拡大』の合計を地域別に見ると、最も多いのは中部で66・2%だった。「拡大」が最も多いのは八重山で16・9%だった。」


(3)沖縄タイムス-新基地阻止を誓う 辺野古の浜で稲嶺名護市長らが御願-2017年1月1日 14:10


 沖縄タイムスは、「名護市辺野古の浜で1日朝、新基地建設に反対する市民らが御願(うがん)をささげた。100人以上が集まり、初日の出に基地を造らせないことを誓った。
就任以来、毎年訪れている稲嶺進市長は『政府が畳み掛けてくる厳しい年になる。ウチナーンチュ、全国の結集が試される』とあいさつ。ヘリ基地反対協の安次富浩代表も『政府のための沖縄ではない。私たちの沖縄だ』と強調した。」、と報じた。


by asyagi-df-2014 | 2017-01-01 21:47 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧