「土人」「シナ人」発言を考える。(52)

 沖縄タイムスは2016年12月14日、「沖縄『土人』発言から見えるもの 琉球独立学会がシンポ」の記事を掲載した。
 沖縄タイムスは、次のように伝えた。


(1)琉球民族独立総合研究学会のオープン・シンポジウム「高江、辺野古問題、『土人・シナ人』発言問題から考える琉球独立」が3日、沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学であり、発表者が高江、辺野古の基地建設や機動隊員による差別的発言の問題点について議論した。会場には約120人が参加。各発表に耳を傾けた。
(2)シンポでは、高江・ヘリパッドいらない住民の会の儀保昇氏が高江の現状について報告。「12月までに工事がどんどん激しくなり、今では1日に100台の車が砂利を運び込んでいる。山の中は惨憺(さんたん)たるもの」と報告した。その上で「現場の県警は他府県から来た警察の指揮下に入っているように動いていて惨めだと思う。抗議をする人たちが力ずくで排除されているが、それでも朝から多くの人たちが来てくれることが救い。アキラメテナィビランドー」と呼びかけた。
(3)龍谷大学の松島泰勝教授は、日本国憲法の改悪が琉球独立運動に与える影響について発表。国民の権利や言論や表現の自由が制限される自民党の改憲草案の問題点を指摘しながら「国家の独裁体制のような状況が実現され、独立学会の活動も大きな規制を受ける恐れがある」と説明。「辺野古や高江の背景には、改憲で日本を独裁国家にしていく大きな動きがある。独立学会としては今後の琉球独立を目指して、実効性の高い自らの憲法草案を作る必要がある」と強調した。
(4)琉球大学大学院の親川志奈子氏は、「土人」という差別的な表現への怒りとともに「私たちは土人ではない」という反応も多かったとして「これでいいのかと大変違和感を覚えた」と問題提起。人類館事件などを例にしながら「この痛みや怒りと正しく向き合わなければ『土人と一緒にするな』と差別される存在を前提としたまま、逆に私たちも差別者になる。日本人に同化しなければ差別されてしまうという心理は、悲しいまでの被植民者の精神の表れだ」と問題視した。
(5)このほか、琉球新報の普久原均編集局長は高江での記者拘束の問題や「土人」発言の概要について、西原町議会の与那嶺義雄議員は植民地主義や琉球・沖縄人のアイデンティティーの重要性について、それぞれ基調講演した。


 確かに、「『この痛みや怒りと正しく向き合わなければ【土人と一緒にするな】と差別される存在を前提としたまま、逆に私たちも差別者になる。日本人に同化しなければ差別されてしまうという心理は、悲しいまでの被植民者の精神の表れだ』と問題視した。」、との指摘は、一方で、真実を突いている。


 以下、沖縄タイムスの引用。








沖縄タイムス-沖縄「土人」発言から見えるもの 琉球独立学会がシンポ-2016年12月14日 16:30




 シンポでは、高江・ヘリパッドいらない住民の会の儀保昇氏が高江の現状について報告。「12月までに工事がどんどん激しくなり、今では1日に100台の車が砂利を運び込んでいる。山の中は惨憺(さんたん)たるもの」と報告した。

 その上で「現場の県警は他府県から来た警察の指揮下に入っているように動いていて惨めだと思う。抗議をする人たちが力ずくで排除されているが、それでも朝から多くの人たちが来てくれることが救い。アキラメテナィビランドー」と呼びかけた。

 龍谷大学の松島泰勝教授は、日本国憲法の改悪が琉球独立運動に与える影響について発表。国民の権利や言論や表現の自由が制限される自民党の改憲草案の問題点を指摘しながら「国家の独裁体制のような状況が実現され、独立学会の活動も大きな規制を受ける恐れがある」と説明。

 「辺野古や高江の背景には、改憲で日本を独裁国家にしていく大きな動きがある。独立学会としては今後の琉球独立を目指して、実効性の高い自らの憲法草案を作る必要がある」と強調した。

 琉球大学大学院の親川志奈子氏は、「土人」という差別的な表現への怒りとともに「私たちは土人ではない」という反応も多かったとして「これでいいのかと大変違和感を覚えた」と問題提起。

 人類館事件などを例にしながら「この痛みや怒りと正しく向き合わなければ『土人と一緒にするな』と差別される存在を前提としたまま、逆に私たちも差別者になる。日本人に同化しなければ差別されてしまうという心理は、悲しいまでの被植民者の精神の表れだ」と問題視した。

 このほか、琉球新報の普久原均編集局長は高江での記者拘束の問題や「土人」発言の概要について、西原町議会の与那嶺義雄議員は植民地主義や琉球・沖縄人のアイデンティティーの重要性について、それぞれ基調講演した。


by asyagi-df-2014 | 2016-12-31 15:45 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧