沖縄-辺野古・高江から-2016年12月19日

 昨日(2016年12月18日)、次のように書き込んだ。

 安倍晋三首相は、「事故に関しては『遺憾なことだ。同時に原因が究明されるまでは運航をやめてもらいたいと米国側に要請した。米側は運航を【止めてくれ】といってもなかなか止めなかったが、日本においては運航を一時的に止めてくれた』と成果を強調した。」、と2016年12月16日の夜のテレビ番組で、披露した。
 よもや、19日にオスプレイノ運行を再開させることはないはず。

 「オスプレイは午後1時58分ごろ、1機が米軍普天間飛行場を離陸。同機は午後2時14分ごろ沖縄本島北部の伊江島補助飛行場に着陸した。普天間からはその後もオスプレイが午後2時半までに計2機離陸し県内を飛行するなど本格的運用が始まっている。」、と沖縄タイムスは伝えた。
 管官房長官は、『米側の説明は防衛省、自衛隊の専門的知見に照らし、合理性が認められることであって、本日午後からオスプレイの空中給油以外の飛行が再開することは理解できると認識している』、と安倍晋三政権の思惑を強弁する。
 しかし、そこには、沖縄県民の意志は全く考慮されていない。
 加えて、「オスプレイが墜落した名護市安部の現場ではまだ機体の大部分が回収されずに残っている。」(琉球新報)という状況の中である。
 一方では、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は、「オスプレイの安全性に我々が確信を持っていることを、日本のみなさんが理解することが重要だとの認識を示した。」(沖縄タイムス)。とその傲岸ぶりが際立つ。

 「こんなこと」、こう言うしかないではないか。
 「こんなこと」が許されてはいけない。


 2016年12月19日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「政府は相手にできない」 翁長沖縄知事、飛行再開に強い憤り-2016年12月19日 11:23


 琉球新報は、「米軍オスプレイ墜落事故以来飛行停止していたオスプレイが19日午後から飛行再開することに対し、翁長雄志知事は『言語道断だ。とんでもない』とコメントした。飛行再開を認めた日本政府の姿勢について『もうそういう政府は相手にできない。法治国家ではない』と憤った。」、と報じた。
 また、「米軍側は、『不時着』は訓練中の事故が原因で、機体の問題ではないとの見方を表明していた。17日に墜落現場を視察した安慶田光男副知事が『事故原因が究明されるまでは再開しないように要請している。米軍、米国政府は、沖縄県民をはじめ日本国民、日本政府に真摯(しんし)に応えていくべきではないか』と述べていた。』、伝えた。


(2)琉球新報-防衛局、宜野湾市に飛行再開通知  宜野湾市「市民の理解難しい」-2016年12月19日 11:01


 琉球新報は、「オスプレイ墜落に関し、沖縄防衛局の池田眞人企画部長は19日午前9時45分、宜野湾市役所に鈴木宏治市基地政策部長と伊佐英人市渉外課長を訪ね、墜落後に止めていた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行を同日午後から全面的に再開させると伝えた。伊佐氏は『市民の理解を得るのは難しいと考えている』と答えた。」、と報じた。
 また、「市議会定例会への出席のため途中退席した鈴木氏は市としての対応を問われ『説明を受けているところだ。市長にもまだ話していない』と話した。面談後、池田氏は『情報提供した』と述べるにとどめた。」、と伝えた。


(3)琉球新報-宜野座村長「恐怖を感じる」 オスプレイ飛行再開伝達-2016年12月19日 12:18


 琉球新報は、「沖縄防衛局の遠藤仁彦次長が午前10時半ごろ、宜野座村役場を訪ね、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行再開を當眞淳村長に伝えた。遠藤次長は午後1時ごろに金武町役場も訪れる予定だ。」、と報じた。
 また、「村によると、遠藤次長は名護市安部にオスプレイが墜落した件に関して、オスプレイの機体自体に問題はなく、訓練の一環で行った空中給油の際に事故が発生したと説明。當眞村長との面談後、遠藤次長は本紙記者の取材に対して『ちょっと』と言い残し、その場を立ち去った。當眞村長はオスプレイの運用が決定したことに関して『多くの県民、村民が安全性に関して疑問を持っている。その懸念が払しょくされていない状況の中で、恐怖を感じる』と強調。『このような状況の中で運用再開は決して容認できるものではない』と話した。」、と伝えた。


(4)琉球新報-沖縄名護市に飛行再開伝達 稲嶺市長「とても信じられない」-2016年12月19日 11:45


 琉球新報は、「沖縄防衛局の高木健司次長は19日午前、名護役所に稲嶺進名護市長を訪ね、米軍普天間飛行場所属のオスプレイの飛行を19日午後から再開することを伝えた。13日夜に同市安部の海岸へオスプレイが墜落してから、6日が経過したばかり。稲嶺市長は「とても信じられない。納得できない。到底、許されるものではない」と述べ、事故原因や対策について米軍側の説明をそのまま伝え、飛行再開を認める国側の姿勢を強く批判した。」、と報じた。
 また、「防衛局によると、同市安部海岸への墜落事故の原因となった空中給油訓練に関し米軍は集合教育や手順の確認、地上でのシミュレーションなどを終えた上で再開するとしている。」、と伝えた。


(5)琉球新報-政府、飛行再開を容認 菅氏「米側の事故説明に合理性」-2016年12月19日 12:04


 琉球新報は、「米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが名護市安部に墜落した事故を巡り、米軍が19日から同機の飛行再開を通達したことについて、菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、飛行再開を認める考えを示した。」、と報じた。
 また、「菅氏は米側から事故原因が空中給油のホースとオスプレイのプロペラが接触したもので、機体自体の原因ではないとの説明を受けていると述べつつ『米側の説明は防衛省、自衛隊の専門的知見に照らし、合理性が認められることであって、本日午後からオスプレイの空中給油以外の飛行が再開することは理解できると認識している』と語った。」、と伝えた。


(6)琉球新報-飛行再開に稲田氏理解 空中給油訓練は「米の情報提供後」-2016年12月19日 12:59


 琉球新報は、「墜落事故を受けて飛行が停止されていた米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行再開について、稲田朋美防衛相は19日、米側からオスプレイの機械系統や機体構造に問題がないと説明を受け『防衛省、自衛隊の知見、そして専門的見地、経験則などから合理性がある』と理解を示した。」、と報じた。
 また、「飛行再開後も当面は中止するとしている空中給油訓練については『再開前に安全上の措置について具体的な情報提供を求め、米側から了承を得た』として事前に情報提供を得て再開されると説明した。オスプレイ配備撤回などを求めている県、県民に対しては『事故で最も不安を感じている県民の皆さまや地元の方々にしっかりと説明をしていくことに尽きる』と述べた。脚部の故障で別の機体が胴体着陸した事故に関して、米側から情報提供が遅れたことに対しては『速やかに連絡する方法を確認することで日米間で合意した』と述べた。」、と伝えた。


(7)沖縄タイムス-オスプレイ墜落:金武町議会、抗議決議・意見書可決-2016年12月19日 12:32


 沖縄タイムスは、「金武町議会(嘉数義光議長)は19日午前の町議会12月定例会で、MV―22オスプレイの墜落に対する抗議決議と意見書の両案を賛成多数で可決した。墜落事故原因の徹底究明、沖縄配備の即時撤回、日米地位協定の抜本的な改定を求めている。」、と報じた。


(8)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>オスプレイ飛行再開に抗議 「日本は米軍の言いなりか」-2016年12月19日 12:42


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは19日午前8時から正午過ぎまで、北部訓練場のN1ゲート前で集会を開いた。普天間飛行場所属のオスプレイが13日の墜落後、飛行を再開するという知らせに、激しい雨が降る中、『再開は許さない』『日本は米軍の言いなりか』と抗議の声を上げた。同ゲートから工事車両の出入りは確認されていない。」、と報じた。


(9)沖縄タイムス-墜落したオスプレイへ給油の機体、嘉手納所属MC130に修正 防衛省-2016年12月19日 13:49


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「防衛省は19日午前、オスプレイ飛行再開に関する報道発表資料の中で、墜落機に給油訓練していた機体について、これまで説明していた空中給油機『KC130』から特殊作戦機である『米空軍嘉手納基地のMC130』に修正した。」
②「KC130は米海兵隊所属機で、墜落原因の訓練に参加した空中給油していた機体の所属や機種を誤って発表・説明していたことになる。防衛省によると、当初、米軍は防衛省へ『KC』と説明していたが、19日までに『MC』だったと訂正したという。沖縄防衛局は19日午前、基地所在市町村に対し、報道発表資料と同様に『MC130』と修正した内容をファクスなどで一斉に伝えた。事故原因機の特定は再発防止策ともかかわっているにもかかわらず、説明が不十分なまま飛行再開直前での修正となった。」
③「13日夜の墜落後にホースを垂らしたままMC130特殊作戦機が嘉手納基地に緊急着陸したとの目撃情報もある。このため嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)は事実関係の把握や対応を検討している。」


(10)沖縄タイムス-米軍もオスプレイ飛行再開を発表 安全性を「徹底的に確認した」-2016年12月19日 11:50


 沖縄タイムスは、「米第3海兵遠征軍は19日午前、オスプレイの飛行を再開するとの声明を出した。在日米軍トップのマルティネス司令官は「安全性に関し徹底的に確認した」と述べ、再開を発表した。在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は安全確認により『オスプレイを安全に運用できると確信している』と強調。飛行再開にあたり、オスプレイの安全性に我々が確信を持っていることを、日本のみなさんが理解することが重要だとの認識を示した。」、と報じた。


(11)沖縄タイムス-オスプレイ飛行再開 普天間から2機離陸-2016年12月19日 14:47


 沖縄タイムスは、「墜落事故を受け14日から停止されていた在沖米海兵隊のオスプレイ飛行が19日午後、再開された。オスプレイは午後1時58分ごろ、1機が米軍普天間飛行場を離陸。同機は午後2時14分ごろ沖縄本島北部の伊江島補助飛行場に着陸した。普天間からはその後もオスプレイが午後2時半までに計2機離陸し県内を飛行するなど本格的運用が始まっている。」、と報じた。


(12)琉球新報-【電子号外】オスプレイが全面飛行再開 普天間飛行場、沖縄の反発押し切る-2016年12月19日 14:14


 琉球新報は、号外で、標題について次のように報じた。


①「13日夜に名護市安部の海岸で墜落して以降、飛行を停止していた米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが19日午後1時58分、宜野湾市の普天間飛行場を離陸し、飛行を再開した。伊江島の補助飛行場からも午後2時32分、駐機していた1機が離陸した。」
②「オスプレイが墜落した名護市安部の現場ではまだ機体の大部分が回収されずに残っている。機体回収も完了しない状況で、事故から6日後に飛行再開することに県民の反発は一層強まりそうだ。

 普天間飛行場のオスプレイ1機が19日午後1時43分ごろ、プロペラを回し始め、同50分ごろにはもう1機のプロペラも回転を始めた。

 米軍は19日の飛行再開の理由について伊江島補助飛行場に駐機しているオスプレイを普天間に戻すためと説明していたとされる。
伊江村の着陸帯「LHDデッキ」付近にあるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)に1機が駐機しているのが18日午後に確認されていた。同機体は事故が発生した13日以前に伊江島に飛来していたとみられるが、飛来した詳しい期日や理由は明らかになっていない。

 19日正午前から伊江島補助飛行場ではトラックが行き交うなどしているのが確認されており、午後2時の飛行再開に向けて準備していたとみられる。

 沖縄防衛局は米軍が19日からオスプレイの飛行を全面再開する意向を受けて、同日朝、職員らを派遣し、県庁や名護市など地元関係自治体に飛行再開を伝えていた。
【琉球新報電子版】


(13)琉球新報-金武町長、再度中止を要請 飛行再開「十分な調査なし」-2016年12月19日 14:30


 琉球新報は、「名護市安部に垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した件で、沖縄防衛局の遠藤仁彦次長が19日午後1時ごろ、金武町役場の仲間一町長を訪ね、米軍が午後2時からオスプレイ飛行訓練を再開することを伝えた。金武町には米軍キャンプ・ハンセンがあり、連日行われる民間地上空での低空飛行訓練による騒音問題などが発生している。遠藤次長は米軍による墜落原因の説明と日本政府が空中給油以外の訓練に理解を示したことを報告した。」、と報じた・
 また、「仲間町長は『十分な調査がされないままの飛行再開は大変残念で、強い憤りを感じている』と強調。その上で『米軍へ再度、原因究明の徹底ができるまでの飛行再開の中止を強く求め、今回の報告を受ける』と遠藤次長に伝えた。」、と報じた。


(14)琉球新報-県が現場の海水、砂採取 米側設置油防止膜の外側-2016年12月19日 15:10


 琉球新報は、「米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ墜落現場の名護市安部海岸で19日午後1時半ごろ、墜落による環境調査のため県の職員らが墜落現場を訪れた。県による環境調査は墜落後初めて。」、と報じた。
 また、「米軍側が設置した油防止膜(オイルフェンス)の外側の海水と砂を採取し、放射能検査も実施した。県衛生環境研究所環境科学班の渡口輝班長は海水と砂は持ち帰って調査するとし一定の日数がかかるとの見方を示した。放射能については『環境レベルだった』と答えた。県の調査はオイルフェンスの外側で行われ、墜落機の近くまで立ち入ることはできなかった。」、と伝えた。


(15)琉球新報-「米軍を優先、県民不在」 翁長沖縄知事、日米政府を批判 -2016年12月19日 16:14


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「在沖米海兵隊が13日夜に墜落した垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行訓練を19日午後2時に再開したことを受け、翁長雄志知事は同日午後3時半に県庁で記者会見した。翁長知事は『県民に寄り添うとしながら米側の説明をうのみにし、米軍の考えを最優先し、飛行再開を容認する政府の姿勢は極めて県民不在だと言わざるを得ない。日米安保に貢献する県民を一顧だにしないもので強い憤りを感じる』と強く批判した。その上で改めて日米両政府にオスプレイの配備撤回と飛行中止を求めた。」
②「飛行再開は、事故から3日目の16日に米側が日本政府に打診し、両政府は19日の再開で協議してきた。米軍はオスプレイの飛行は全面再開した一方、墜落事故が起きた際に行っていた空中給油訓練だけは休止を続けている。」
③「19日午前9時には、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が県庁に謝花喜一郎知事公室長を訪ね、飛行再開を伝えていた。謝花氏は中嶋氏に飛行を再開しないよう求めていた。翁長知事は中嶋氏の来訪後、飛行再開の受け止めを記者団に問われ、『言語道断でとんでもない』と批判していたが、同日午後の飛行再開となった。一方、在沖米軍トップのニコルソン在沖米四軍調整官は19日、飛行再開に伴う声明を発表し『MV22の安全性と信頼性に高い自信がなければ、米軍は飛行を続けないと理解してもらうことが重要だ』とした。その上で『同じく重要なのは操縦士の練度を維持し、同盟国を支援するために行う訓練の機会を確実に持つことだ』と再開の必要性を主張した。」


 以下、琉球新報、沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-「政府は相手にできない」 翁長沖縄知事、飛行再開に強い憤り-2016年12月19日 11:23


 米軍オスプレイ墜落事故以来飛行停止していたオスプレイが19日午後から飛行再開することに対し、翁長雄志知事は『言語道断だ。とんでもない』とコメントした。飛行再開を認めた日本政府の姿勢について『もうそういう政府は相手にできない。法治国家ではない』と憤った。

 「米軍側は、『不時着』は訓練中の事故が原因で、機体の問題ではないとの見方を表明していた。17日に墜落現場を視察した安慶田光男副知事が『事故原因が究明されるまでは再開しないように要請している。米軍、米国政府は、沖縄県民をはじめ日本国民、日本政府に真摯(しんし)に応えていくべきではないか』と述べていた。
【琉球新報電子版】


(2)琉球新報-防衛局、宜野湾市に飛行再開通知  宜野湾市「市民の理解難しい」-2016年12月19日 11:01


 【宜野湾】オスプレイ墜落に関し、沖縄防衛局の池田眞人企画部長は19日午前9時45分、宜野湾市役所に鈴木宏治市基地政策部長と伊佐英人市渉外課長を訪ね、墜落後に止めていた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行を同日午後から全面的に再開させると伝えた。伊佐氏は「市民の理解を得るのは難しいと考えている」と答えた。

 市議会定例会への出席のため途中退席した鈴木氏は市としての対応を問われ「説明を受けているところだ。市長にもまだ話していない」と話した。面談後、池田氏は「情報提供した」と述べるにとどめた。
【琉球新報電子版】


(3)琉球新報-宜野座村長「恐怖を感じる」 オスプレイ飛行再開伝達-2016年12月19日 12:18


 【宜野座】沖縄防衛局の遠藤仁彦次長が午前10時半ごろ、宜野座村役場を訪ね、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行再開を當眞淳村長に伝えた。遠藤次長は午後1時ごろに金武町役場も訪れる予定だ。

 村によると、遠藤次長は名護市安部にオスプレイが墜落した件に関して、オスプレイの機体自体に問題はなく、訓練の一環で行った空中給油の際に事故が発生したと説明。當眞村長との面談後、遠藤次長は本紙記者の取材に対して「ちょっと」と言い残し、その場を立ち去った。

 當眞村長はオスプレイの運用が決定したことに関して「多くの県民、村民が安全性に関して疑問を持っている。その懸念が払しょくされていない状況の中で、恐怖を感じる」と強調。「このような状況の中で運用再開は決して容認できるものではない」と話した。
【琉球新報電子版】


(4)琉球新報-沖縄名護市に飛行再開伝達 稲嶺市長「とても信じられない」-2016年12月19日 11:45


 【名護】沖縄防衛局の高木健司次長は19日午前、名護役所に稲嶺進名護市長を訪ね、米軍普天間飛行場所属のオスプレイの飛行を19日午後から再開することを伝えた。13日夜に同市安部の海岸へオスプレイが墜落してから、6日が経過したばかり。稲嶺市長は「とても信じられない。納得できない。到底、許されるものではない」と述べ、事故原因や対策について米軍側の説明をそのまま伝え、飛行再開を認める国側の姿勢を強く批判した。

 防衛局によると、同市安部海岸への墜落事故の原因となった空中給油訓練に関し米軍は集合教育や手順の確認、地上でのシミュレーションなどを終えた上で再開するとしている。(琉球新報電子版)


(5)琉球新報-政府、飛行再開を容認 菅氏「米側の事故説明に合理性」-2016年12月19日 12:04


 【東京】米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが名護市安部に墜落した事故を巡り、米軍が19日から同機の飛行再開を通達したことについて、菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、飛行再開を認める考えを示した。

 菅氏は米側から事故原因が空中給油のホースとオスプレイのプロペラが接触したもので、機体自体の原因ではないとの説明を受けていると述べつつ「米側の説明は防衛省、自衛隊の専門的知見に照らし、合理性が認められることであって、本日午後からオスプレイの空中給油以外の飛行が再開することは理解できると認識している」と語った。【琉球新報電子版】


(6)琉球新報-飛行再開に稲田氏理解 空中給油訓練は「米の情報提供後」-2016年12月19日 12:59


 【東京】墜落事故を受けて飛行が停止されていた米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行再開について、稲田朋美防衛相は19日、米側からオスプレイの機械系統や機体構造に問題がないと説明を受け「防衛省、自衛隊の知見、そして専門的見地、経験則などから合理性がある」と理解を示した。

 飛行再開後も当面は中止するとしている空中給油訓練については「再開前に安全上の措置について具体的な情報提供を求め、米側から了承を得た」として事前に情報提供を得て再開されると説明した。オスプレイ配備撤回などを求めている県、県民に対しては「事故で最も不安を感じている県民の皆さまや地元の方々にしっかりと説明をしていくことに尽きる」と述べた。

 脚部の故障で別の機体が胴体着陸した事故に関して、米側から情報提供が遅れたことに対しては「速やかに連絡する方法を確認することで日米間で合意した」と述べた。【琉球新報電子版】


(7)沖縄タイムス-オスプレイ墜落:金武町議会、抗議決議・意見書可決-2016年12月19日 12:32


 【金武】金武町議会(嘉数義光議長)は19日午前の町議会12月定例会で、MV―22オスプレイの墜落に対する抗議決議と意見書の両案を賛成多数で可決した。墜落事故原因の徹底究明、沖縄配備の即時撤回、日米地位協定の抜本的な改定を求めている。

(8)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>オスプレイ飛行再開に抗議 「日本は米軍の言いなりか」-2016年12月19日 12:42


 【東】東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは19日午前8時から正午過ぎまで、北部訓練場のN1ゲート前で集会を開いた。

 普天間飛行場所属のオスプレイが13日の墜落後、飛行を再開するという知らせに、激しい雨が降る中、「再開は許さない」「日本は米軍の言いなりか」と抗議の声を上げた。同ゲートから工事車両の出入りは確認されていない。


(9)沖縄タイムス-墜落したオスプレイへ給油の機体、嘉手納所属MC130に修正 防衛省-2016年12月19日 13:49


 【嘉手納】防衛省は19日午前、オスプレイ飛行再開に関する報道発表資料の中で、墜落機に給油訓練していた機体について、これまで説明していた空中給油機「KC130」から特殊作戦機である「米空軍嘉手納基地のMC130」に修正した。

 KC130は米海兵隊所属機で、墜落原因の訓練に参加した空中給油していた機体の所属や機種を誤って発表・説明していたことになる。

 防衛省によると、当初、米軍は防衛省へ「KC」と説明していたが、19日までに「MC」だったと訂正したという。

 沖縄防衛局は19日午前、基地所在市町村に対し、報道発表資料と同様に「MC130」と修正した内容をファクスなどで一斉に伝えた。事故原因機の特定は再発防止策ともかかわっているにもかかわらず、説明が不十分なまま飛行再開直前での修正となった。

 13日夜の墜落後にホースを垂らしたままMC130特殊作戦機が嘉手納基地に緊急着陸したとの目撃情報もある。このため嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)は事実関係の把握や対応を検討している。


(10)沖縄タイムス-米軍もオスプレイ飛行再開を発表 安全性を「徹底的に確認した」-2016年12月19日 11:50


 米第3海兵遠征軍は19日午前、オスプレイの飛行を再開するとの声明を出した。在日米軍トップのマルティネス司令官は「安全性に関し徹底的に確認した」と述べ、再開を発表した。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は安全確認により「オスプレイを安全に運用できると確信している」と強調。飛行再開にあたり、オスプレイの安全性に我々が確信を持っていることを、日本のみなさんが理解することが重要だとの認識を示した。


(11)沖縄タイムス-オスプレイ飛行再開 普天間から2機離陸-2016年12月19日 14:47


 【宜野湾・伊江島】墜落事故を受け14日から停止されていた在沖米海兵隊のオスプレイ飛行が19日午後、再開された。オスプレイは午後1時58分ごろ、1機が米軍普天間飛行場を離陸。同機は午後2時14分ごろ沖縄本島北部の伊江島補助飛行場に着陸した。普天間からはその後もオスプレイが午後2時半までに計2機離陸し県内を飛行するなど本格的運用が始まっている。


(12)琉球新報-【電子号外】オスプレイが全面飛行再開 普天間飛行場、沖縄の反発押し切る-2016年12月19日 14:14


 13日夜に名護市安部の海岸で墜落して以降、飛行を停止していた米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが19日午後1時58分、宜野湾市の普天間飛行場を離陸し、飛行を再開した。伊江島の補助飛行場からも午後2時32分、駐機していた1機が離陸した。

 オスプレイが墜落した名護市安部の現場ではまだ機体の大部分が回収されずに残っている。機体回収も完了しない状況で、事故から6日後に飛行再開することに県民の反発は一層強まりそうだ。

 普天間飛行場のオスプレイ1機が19日午後1時43分ごろ、プロペラを回し始め、同50分ごろにはもう1機のプロペラも回転を始めた。

 米軍は19日の飛行再開の理由について伊江島補助飛行場に駐機しているオスプレイを普天間に戻すためと説明していたとされる。
伊江村の着陸帯「LHDデッキ」付近にあるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)に1機が駐機しているのが18日午後に確認されていた。同機体は事故が発生した13日以前に伊江島に飛来していたとみられるが、飛来した詳しい期日や理由は明らかになっていない。

 19日正午前から伊江島補助飛行場ではトラックが行き交うなどしているのが確認されており、午後2時の飛行再開に向けて準備していたとみられる。

 沖縄防衛局は米軍が19日からオスプレイの飛行を全面再開する意向を受けて、同日朝、職員らを派遣し、県庁や名護市など地元関係自治体に飛行再開を伝えていた。
【琉球新報電子版】


(13)琉球新報-金武町長、再度中止を要請 飛行再開「十分な調査なし」-2016年12月19日 14:30


 【金武】名護市安部に垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した件で、沖縄防衛局の遠藤仁彦次長が19日午後1時ごろ、金武町役場の仲間一町長を訪ね、米軍が午後2時からオスプレイ飛行訓練を再開することを伝えた。金武町には米軍キャンプ・ハンセンがあり、連日行われる民間地上空での低空飛行訓練による騒音問題などが発生している。

 遠藤次長は米軍による墜落原因の説明と日本政府が空中給油以外の訓練に理解を示したことを報告した。

 仲間町長は「十分な調査がされないままの飛行再開は大変残念で、強い憤りを感じている」と強調。その上で「米軍へ再度、原因究明の徹底ができるまでの飛行再開の中止を強く求め、今回の報告を受ける」と遠藤次長に伝えた。
【琉球新報電子版】


(14)琉球新報-県が現場の海水、砂採取 米側設置油防止膜の外側-2016年12月19日 15:10


 米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ墜落現場の名護市安部海岸で19日午後1時半ごろ、墜落による環境調査のため県の職員らが墜落現場を訪れた。県による環境調査は墜落後初めて。

 米軍側が設置した油防止膜(オイルフェンス)の外側の海水と砂を採取し、放射能検査も実施した。県衛生環境研究所環境科学班の渡口輝班長は海水と砂は持ち帰って調査するとし一定の日数がかかるとの見方を示した。放射能については「環境レベルだった」と答えた。県の調査はオイルフェンスの外側で行われ、墜落機の近くまで立ち入ることはできなかった。【琉球新報電子版】


(15)琉球新報-「米軍を優先、県民不在」 翁長沖縄知事、日米政府を批判 -2016年12月19日 16:14


 在沖米海兵隊が13日夜に墜落した垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行訓練を19日午後2時に再開したことを受け、翁長雄志知事は同日午後3時半に県庁で記者会見した。翁長知事は「県民に寄り添うとしながら米側の説明をうのみにし、米軍の考えを最優先し、飛行再開を容認する政府の姿勢は極めて県民不在だと言わざるを得ない。日米安保に貢献する県民を一顧だにしないもので強い憤りを感じる」と強く批判した。その上で改めて日米両政府にオスプレイの配備撤回と飛行中止を求めた。

 飛行再開は、事故から3日目の16日に米側が日本政府に打診し、両政府は19日の再開で協議してきた。米軍はオスプレイの飛行は全面再開した一方、墜落事故が起きた際に行っていた空中給油訓練だけは休止を続けている。

 19日午前9時には、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が県庁に謝花喜一郎知事公室長を訪ね、飛行再開を伝えていた。謝花氏は中嶋氏に飛行を再開しないよう求めていた。翁長知事は中嶋氏の来訪後、飛行再開の受け止めを記者団に問われ、「言語道断でとんでもない」と批判していたが、同日午後の飛行再開となった。

 一方、在沖米軍トップのニコルソン在沖米四軍調整官は19日、飛行再開に伴う声明を発表し「MV22の安全性と信頼性に高い自信がなければ、米軍は飛行を続けないと理解してもらうことが重要だ」とした。その上で「同じく重要なのは操縦士の練度を維持し、同盟国を支援するために行う訓練の機会を確実に持つことだ」と再開の必要性を主張した。
【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-12-19 17:32 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧