沖縄-辺野古・高江から-2016年12月16日

 墜落事故後も政府関係者は辺野古推進に執拗に拘泥する。
 「墜落」事故を受けて、まず、考えなくてはいけないことは、「犠牲者を出さない」、ということにあるにもかかわらず。


 2016年12月16日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-翁長知事「欠陥機 撤回を」 オスプレイ墜落 国、返還式の中止拒否-2016年12月16日 11:03


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「オスプレイ墜落を受け、翁長雄志知事は15日、防衛省に稲田朋美防衛相を訪ね、胴体着陸などトラブルが相次ぐ同機を『欠陥機だ』と指摘し『県民が配備に強く反対してきたオスプレイがこのような事故を起こしたことに怒りを禁じ得ず、直ちに飛行中止と配備撤回を強く要請し、強く抗議したい』と改めて配備撤回を求めた。稲田氏は『防衛省としても情報収集、その公表、安全確認にしっかり取り組みたい』と述べるにとどめた。一方、県庁で同日、安慶田光男副知事と会談した若宮健嗣防衛副大臣は配備撤回要求を事実上拒否した。若宮氏は宜野湾市に佐喜真淳市長を訪ね『普天間の危険性除去を第一に考えている。そのために辺野古移設を最優先して前に進めたい』と述べた。墜落事故後、政府関係者が辺野古推進に言及するのは初めて。」
②「翁長知事はオスプレイが訓練するヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設が条件となっている米軍北部訓練場の過半返還を巡り、22日に予定されている式典の自粛も求めた。首相官邸で翁長知事と面談した杉田和博官房副長官は自粛要請を拒否し『開催したい』と明言した。翁長知事が会談後、記者団に明らかにした。翁長知事は外務省で小田原潔政務官にも同様に抗議した。政府の対応について翁長知事は『今までの政府のやり方と全く一緒だが、今回(の事故)は違うよということはしっかり受け止めてほしい』とくぎを刺した。」
③「一方、若宮氏は安慶田副知事との面談で県が求める配備撤回については『東アジアの不安定な安全保障環境で、欠くべかざる装備になっている』と否定した。面談後、若宮氏は記者団に『安全性を高めるという意味でも大きな意義があると思う。辺野古移設を極力、一歩でも早く前に進めていきたい』と辺野古移設を進める意向を示した。」
④「また宜野湾市では、佐喜真市長が『何よりも重要なのは市民、県民の命だ。20年間も我慢してきた市民にとって何を優先すべきかということを真剣に考え、普天間の一日も早い返還を実現してほしい』と訴えたことに対し、『省庁を超えて安倍政権としてできることは全て行う』と応じた。」


(2)琉球新報-オスプレイ解体作業始まる-2016年12月16日 13:59


 琉球新報は、「普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの墜落事故現場の名護市安部海岸で16日午後1時半ごろ、オスプレイ本体部分を米兵らがチェーンソーとみられる工具で切断をはじめた。本体部分の解体作業が始まったとみられる。現場は浅瀬で船からも陸からも本体を運ぶことが困難とみられることから、部分解体して機体を運ぶとみられる。」、と報じた。
 また、「事故について、航空危険行為処罰法違反での立件を目指し捜査に着手した第11管区海上保安本部(11管)は、米側に口頭で捜査協力を申し入れているが、16日午後1時半現在、米側から回答はない。2004年の沖国大米軍ヘリ墜落事故のように、日米地位協定に阻まれ、十分な捜査ができないまま事件送致する事態への懸念が高まっている。」、と伝えた。


(3)琉球新報-「人けない所に落ちた」 墜落現場で防衛副大臣 沖縄・名護海岸のオスプレイ事故、視察7分、「不幸中の幸い」とも-2016年12月16日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「13日夜に米軍輸送機オスプレイが墜落した沖縄県名護市安部の海岸に15日、若宮健嗣防衛副大臣が訪れ、黒川清彦内閣官房沖縄危機管理官から上空写真などを見ながら説明を受けた。現場から約1キロ離れた浜から双眼鏡で墜落現場を眺めるなどし『(パイロットの)判断で人けがない場所に落ちたんですね』とやりとりする場面があった。近くに集落もあり危険性が高い墜落事故にもかかわらず、操縦士をほめるかのような米軍寄りの発言が目立った。滞在時間は記者団とのやりとりを合わせてわずか7分間足らず。墜落現場までは歩いて約15分の距離だが、時間の無さを理由に目の前で墜落した機体を見ることはなかった。」
②「『人けのない所に落ちた』という発言について、当日はイザリ漁をしようとしている人もいて被害が出た可能性を指摘されると『米軍から情報を聞き取りたい』と答えた。それに先立ち同日、若宮副大臣は県庁での安慶田光男副知事との会談後、記者団に事故について『陸地部分では大きな事故につながるが、パイロットが洋上に出て、なんとか浅瀬で着水できた。不幸中の幸いだ』と述べた。発言の真意について若宮副大臣は『できるだけ事故は最小限にするのは当然だ。ひとかたもお亡くなりになられた方がいなかったということが、不幸中の幸いではなかったのかなという意味だ』と説明した。」


(4)沖縄タイムス-「一歩間違えば大惨事」今帰仁村議会がオスプレイ事故抗議決議 賛成多数で可決-2016年12月16日 15:26


 沖縄タイムスは、「今帰仁村議会(東恩納寛政議長)は16日の村議会定例会で、MV22オスプレイ墜落に抗議する意見書・決議両案を賛成多数(賛成8、反対1、退席1)で可決した。意見書・決議両案では『一歩間違えば人命にかかわる大惨事になりかねない重大な事故』として強く抗議。①オスプレイの配備撤回②辺野古新基地建設の中止・撤回―を求めている。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-オスプレイ墜落 国頭村議会が配備撤回の意見書案、全会一致で可決-2016年12月16日 16:09


 沖縄タイムスは、「国頭村議会(金城利光議長)は16日、オスプレイの墜落事故を受け同機種の配備撤回を求める意見書を全会一致で可決した。意見書では、これまで村民が米軍の伊部岳実弾射撃演習やハリアーパッド建設の阻止など、やんばるの自然を守る闘いをしてきたとし『豊かな自然環境を次世代に継承させるのも村民に課せられた重大な責務』と記している。宛先は内閣総理大臣ら。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>米軍らしき車両がゲート内に 完成確認作業か-2016年12月16日 14:44


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド工事で16日正午すぎ、N1地区に続くゲートから、プレハブ小屋や仮設トイレを載せて出てくるトラックや工事車両が確認された。同日午前、沖縄防衛局と米軍らしき車両6台がヘリパッドに続くゲート内に入ったことが確認された。予定されていたヘリパッドの完成確認作業とみられる。」、と報じた。


(7)琉球新報-宜野座村議会 夜間飛行とつり下げ訓練に抗議決議-2016年12月16日 12:11


 琉球新報は、「宜野座村議会(小渡久和議長)は16日午前、米海兵隊とオスプレイによるつり下げ訓練や夜間飛行に伴う騒音被害に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。宛先は抗議決議が在日米国大使や在米米軍司令官など、意見書が安倍晋三内閣総理大臣や外務大臣、防衛大臣、沖縄防衛局長など。同議会は同日午後4時、沖縄防衛局を訪れ、両文を手交する予定だ。」、と報じた。
 また、「議会は夜間飛行やつり下げ訓練に関して『村民に騒音被害を与え、恐怖と不安に陥れたことは戦場さながらの状況で断じて許されない』と抗議。決議文と意見書の中で『民間地上空における米軍機の飛行訓練の即時中止すること』『米軍機の夜間飛行訓練の即時中止』が書かれている。加えて、意見書では騒音被害があった場所については、新たに総音速的を設置することを求めている。」、と伝えた。


(8)琉球新報-オスプレイ墜落 6市町村議会が抗議決議 宜野座、今帰仁は配備撤回も-2016年12月16日 12:34


 琉球新報は、「オスプレイ墜落を受け、県内6市町村議会は16日正午までに、事故発生のほか、同じ日に事故機とは別のオスプレイが米軍普天間飛行場に胴体着陸していたことや、事故に関する在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官の発言などに対する抗議決議や意見書を全会一致で可決した。その上で宜野座村と今帰仁村の両議会はオスプレイの配備撤回を要求した。」、と報じた。
 また、「宜野座村、嘉手納町、南風原町、今帰仁村の4町村議会は抗議決議と意見書を可決。石垣市議会は抗議決議、国頭村は意見書を可決した。宜野座村議会は(1)墜落事故の原因を徹底的に究明し、結果を速やかに公表する(2)オスプレイの即時撤去―を要請。今帰仁村議会は配備撤回のほか、辺野古新基地建設を直ちに中止・撤回するよう求めた。そのほかの議会もそれぞれ原因究明まで飛行停止することや普天間飛行場の早期閉鎖、過重な米軍基地負担、訓練を見直すことなどを要請する文言を盛り込んだ。」、と伝えた。


 以下、琉球新報、沖縄タイムスの引用。







(1)琉球新報-翁長知事「欠陥機 撤回を」 オスプレイ墜落 国、返還式の中止拒否-2016年12月16日 11:03


 オスプレイ墜落を受け、翁長雄志知事は15日、防衛省に稲田朋美防衛相を訪ね、胴体着陸などトラブルが相次ぐ同機を「欠陥機だ」と指摘し「県民が配備に強く反対してきたオスプレイがこのような事故を起こしたことに怒りを禁じ得ず、直ちに飛行中止と配備撤回を強く要請し、強く抗議したい」と改めて配備撤回を求めた。稲田氏は「防衛省としても情報収集、その公表、安全確認にしっかり取り組みたい」と述べるにとどめた。一方、県庁で同日、安慶田光男副知事と会談した若宮健嗣防衛副大臣は配備撤回要求を事実上拒否した。若宮氏は宜野湾市に佐喜真淳市長を訪ね「普天間の危険性除去を第一に考えている。そのために辺野古移設を最優先して前に進めたい」と述べた。墜落事故後、政府関係者が辺野古推進に言及するのは初めて。

 翁長知事はオスプレイが訓練するヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設が条件となっている米軍北部訓練場の過半返還を巡り、22日に予定されている式典の自粛も求めた。首相官邸で翁長知事と面談した杉田和博官房副長官は自粛要請を拒否し「開催したい」と明言した。翁長知事が会談後、記者団に明らかにした。翁長知事は外務省で小田原潔政務官にも同様に抗議した。

 政府の対応について翁長知事は「今までの政府のやり方と全く一緒だが、今回(の事故)は違うよということはしっかり受け止めてほしい」とくぎを刺した。

 一方、若宮氏は安慶田副知事との面談で県が求める配備撤回については「東アジアの不安定な安全保障環境で、欠くべかざる装備になっている」と否定した。

 面談後、若宮氏は記者団に「安全性を高めるという意味でも大きな意義があると思う。辺野古移設を極力、一歩でも早く前に進めていきたい」と辺野古移設を進める意向を示した。

 また宜野湾市では、佐喜真市長が「何よりも重要なのは市民、県民の命だ。20年間も我慢してきた市民にとって何を優先すべきかということを真剣に考え、普天間の一日も早い返還を実現してほしい」と訴えたことに対し、「省庁を超えて安倍政権としてできることは全て行う」と応じた。


(2)琉球新報-オスプレイ解体作業始まる-2016年12月16日 13:59


 普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの墜落事故現場の名護市安部海岸で16日午後1時半ごろ、オスプレイ本体部分を米兵らがチェーンソーとみられる工具で切断をはじめた。本体部分の解体作業が始まったとみられる。現場は浅瀬で船からも陸からも本体を運ぶことが困難とみられることから、部分解体して機体を運ぶとみられる。

 事故について、航空危険行為処罰法違反での立件を目指し捜査に着手した第11管区海上保安本部(11管)は、米側に口頭で捜査協力を申し入れているが、16日午後1時半現在、米側から回答はない。2004年の沖国大米軍ヘリ墜落事故のように、日米地位協定に阻まれ、十分な捜査ができないまま事件送致する事態への懸念が高まっている。
【琉球新報電子版】


(3)琉球新報-「人けない所に落ちた」 墜落現場で防衛副大臣 沖縄・名護海岸のオスプレイ事故、視察7分、「不幸中の幸い」とも-2016年12月16日 06:30


 13日夜に米軍輸送機オスプレイが墜落した沖縄県名護市安部の海岸に15日、若宮健嗣防衛副大臣が訪れ、黒川清彦内閣官房沖縄危機管理官から上空写真などを見ながら説明を受けた。現場から約1キロ離れた浜から双眼鏡で墜落現場を眺めるなどし「(パイロットの)判断で人けがない場所に落ちたんですね」とやりとりする場面があった。


 近くに集落もあり危険性が高い墜落事故にもかかわらず、操縦士をほめるかのような米軍寄りの発言が目立った。

 滞在時間は記者団とのやりとりを合わせてわずか7分間足らず。墜落現場までは歩いて約15分の距離だが、時間の無さを理由に目の前で墜落した機体を見ることはなかった。

 「人けのない所に落ちた」という発言について、当日はイザリ漁をしようとしている人もいて被害が出た可能性を指摘されると「米軍から情報を聞き取りたい」と答えた。

 それに先立ち同日、若宮副大臣は県庁での安慶田光男副知事との会談後、記者団に事故について「陸地部分では大きな事故につながるが、パイロットが洋上に出て、なんとか浅瀬で着水できた。不幸中の幸いだ」と述べた。発言の真意について若宮副大臣は「できるだけ事故は最小限にするのは当然だ。ひとかたもお亡くなりになられた方がいなかったということが、不幸中の幸いではなかったのかなという意味だ」と説明した。


(4)沖縄タイムス-「一歩間違えば大惨事」今帰仁村議会がオスプレイ事故抗議決議 賛成多数で可決-2016年12月16日 15:26


 今帰仁村議会(東恩納寛政議長)は16日の村議会定例会で、MV22オスプレイ墜落に抗議する意見書・決議両案を賛成多数(賛成8、反対1、退席1)で可決した。

 意見書・決議両案では「一歩間違えば人命にかかわる大惨事になりかねない重大な事故」として強く抗議。①オスプレイの配備撤回②辺野古新基地建設の中止・撤回―を求めている。


(5)沖縄タイムス-オスプレイ墜落 国頭村議会が配備撤回の意見書案、全会一致で可決-2016年12月16日 16:09


 国頭村議会(金城利光議長)は16日、オスプレイの墜落事故を受け同機種の配備撤回を求める意見書を全会一致で可決した。意見書では、これまで村民が米軍の伊部岳実弾射撃演習やハリアーパッド建設の阻止など、やんばるの自然を守る闘いをしてきたとし「豊かな自然環境を次世代に継承させるのも村民に課せられた重大な責務」と記している。宛先は内閣総理大臣ら。


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>米軍らしき車両がゲート内に 完成確認作業か-2016年12月16日 14:44


 東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド工事で16日正午すぎ、N1地区に続くゲートから、プレハブ小屋や仮設トイレを載せて出てくるトラックや工事車両が確認された。

 同日午前、沖縄防衛局と米軍らしき車両6台がヘリパッドに続くゲート内に入ったことが確認された。予定されていたヘリパッドの完成確認作業とみられる。


(7)琉球新報-宜野座村議会 夜間飛行とつり下げ訓練に抗議決議-2016年12月16日 12:11


 【宜野座】宜野座村議会(小渡久和議長)は16日午前、米海兵隊とオスプレイによるつり下げ訓練や夜間飛行に伴う騒音被害に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。宛先は抗議決議が在日米国大使や在米米軍司令官など、意見書が安倍晋三内閣総理大臣や外務大臣、防衛大臣、沖縄防衛局長など。同議会は同日午後4時、沖縄防衛局を訪れ、両文を手交する予定だ。

 議会は夜間飛行やつり下げ訓練に関して「村民に騒音被害を与え、恐怖と不安に陥れたことは戦場さながらの状況で断じて許されない」と抗議。

 決議文と意見書の中で「民間地上空における米軍機の飛行訓練の即時中止すること」「米軍機の夜間飛行訓練の即時中止」が書かれている。加えて、意見書では騒音被害があった場所については、新たに総音速的を設置することを求めている。
【琉球新報電子版】


(8)琉球新報-オスプレイ墜落 6市町村議会が抗議決議 宜野座、今帰仁は配備撤回も-2016年12月16日 12:34


 オスプレイ墜落を受け、県内6市町村議会は16日正午までに、事故発生のほか、同じ日に事故機とは別のオスプレイが米軍普天間飛行場に胴体着陸していたことや、事故に関する在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官の発言などに対する抗議決議や意見書を全会一致で可決した。その上で宜野座村と今帰仁村の両議会はオスプレイの配備撤回を要求した。

 宜野座村、嘉手納町、南風原町、今帰仁村の4町村議会は抗議決議と意見書を可決。石垣市議会は抗議決議、国頭村は意見書を可決した。

 宜野座村議会は(1)墜落事故の原因を徹底的に究明し、結果を速やかに公表する(2)オスプレイの即時撤去―を要請。今帰仁村議会は配備撤回のほか、辺野古新基地建設を直ちに中止・撤回するよう求めた。

 そのほかの議会もそれぞれ原因究明まで飛行停止することや普天間飛行場の早期閉鎖、過重な米軍基地負担、訓練を見直すことなどを要請する文言を盛り込んだ。
【琉球新報電子版】


by asyagi-df-2014 | 2016-12-16 18:09 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧