沖縄-辺野古・高江から-2016年11月30日

 「1年近くたって逮捕した。異常な状態としか言いようがない」(三宅弁護士))
 「政府にとっては米軍基地の提供が、自国民の表現の自由や民主主義よりも大事だということの現れだ。」(池宮城弁護士)
 「高江や辺野古での警察の横暴は、復帰前の米軍施政下よりひどい」(池宮城弁護士)
 この両弁護士の言葉がすべてを現す。


 2016年11月30日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-県警、平和センター捜索 辺野古抗議拠点も 威力業務妨害容疑 4人逮捕-2016年11月30日 06:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「県警警備1課と名護署は29日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で1月、コンクリート製ブロックをゲート前に積み上げて普天間飛行場移設工事に抗議し、工事車両の進入と沖縄防衛局の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いで沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)を含む計4人を逮捕した。県警は逮捕に合わせ、複数箇所で家宅捜索を実施。本紙は6カ所での捜索を確認したが、捜査関係者によると、8カ所を捜索したという。県は25日、シュワブ内の陸上工事を承諾しており、工事が本格化するのを前に、反対する市民らによる抗議行動をけん制する目的があるとみられる。逮捕されたのは山城議長、職業不詳男性(66)=宜野座村、職業不詳男性(59)=名護市、職業不詳男性(40)=名護市=の4人。県警は捜査に支障を来すとして、それぞれの認否を明らかにしていない。」
②「逮捕容疑は1月28日午後2時5分ごろから同30日午前8時41分ごろにかけて、移設工事を阻止するため、米軍キャンプ・シュワブゲート前の路上にコンクリート製ブロック1400個余りを幅約5メートル、高さ約2メートルに積み上げてゲートをふさぎ、複数人で車両の前に立ちふさがるなどして工事関係車両の搬入と沖縄防衛局の業務を妨害した疑い。」
③「県警は29日午前から、山城議長の自宅や辺野古新基地建設に反対する市民らが活動拠点としているシュワブゲート前のテント、沖縄平和運動センターなど県内の複数の関係先で家宅捜索を実施し、書類など数十点を押収したとしている。県警は逮捕した4人について『(事件発生時の抗議行動で)主要な役割を担っており、山城議長が扇動していた』とし、逮捕時期に関しては『多数の人が事件に関わっており、被疑者特定と裏付け捜査に時間を費やした』と説明した。」
④「逮捕された市民と名護署で接見した三宅俊司弁護士は『皆、黙秘している』と説明した。その上で、威力業務妨害の根拠とされるブロックを積む行為について『市民は警察の目の前でブロックを積み、その翌日に警察がそのブロックを撤去する、という行為が繰り返された』とし、抗議が警察の監視下で行われたことを説明。『威力業務妨害なら、警察はブロックを積む前に市民を止めるべきだ』と警察の対応と逮捕の理由の矛盾を指摘した。『1年近くたって逮捕した。異常な状態としか言いようがない』と非難した。」


(2)沖縄タイムス-「戦後の沖縄でも、まれな権力の暴走」 池宮城紀夫弁護士(住民側弁護団長)-2016年11月30日 08:43


 沖縄タイムスは、池宮城紀夫弁護士(住民側弁護団長)の談話を次のように報じた。


①「今回の逮捕で、辺野古新基地と高江ヘリパッド建設に反対する住民運動を徹底的に弾圧しようとする政府の姿勢が明らかになった。政府にとっては米軍基地の提供が、自国民の表現の自由や民主主義よりも大事だということの現れだ。」
②「逮捕のタイミングが県の高江ヘリパッド建設と、シュワブ陸上部工事の再開容認と見事に重なる。政府や警察は県の姿勢が揺らいだ機会を逃さず、1月の出来事を持ち出して県と市民との分断を図ってきた。県警は市民がコンクリートブロックを積み上げる現場を確認しており、映像も記録しているはずだ。容疑を裏付ける証拠はそろっており、沖縄平和運動センターまで捜索する必要はないはずだ。県警は抵抗運動に関わる市民の情報が欲しくて、センターのパソコンを押収したのだろう。捜査権限を乱用しているのは明らかだ。」
③「高江や辺野古での警察の横暴は、復帰前の米軍施政下よりひどい。僕は当時の運動を見てきたが、米軍でも基地に反対する人々をむやみに逮捕・投獄することはしなかった。戦後沖縄の歴史の中でも、まれに見る権力の暴走が高江と辺野古で起きている。」


(3)沖縄タイムス-米高官、翁長知事ヘリパッド容認に「驚きではない」-2016年11月30日 07:57


 沖縄タイムスは、標題について、次のように報じた。


①「米国務省高官は28日、翁長雄志知事が報道各社とのインタビューで北部訓練場へのヘリパッド建設を容認した発言について、『驚くことではない。われわれは沖縄県知事がヘリパッド建設に反対していたと思ったことはない』と述べ、発言を巡る県内での受け止めとの差に疑問を呈した。同高官は本紙の取材に対し、『沖縄県知事は、先日の日本政府との協議でも北部訓練場の年内返還を【歓迎】と明確な意思表示をしたと聞いている』と指摘。『日本政府と県知事の間では既に、SACO(日米特別行動委員会)合意の履行は重要との共通認識をもとにした信頼関係がある』と述べた。」
②「その上で、『ヘリパッドを新設し、訓練場を整理統合することで土地の過半が返還され、沖縄の負担軽減につながる。米軍普天間飛行場の移設も、名護市辺野古に代替施設を建設して移設することで普天間が返還され、さらなる沖縄の負担軽減となる。同じ論理だ』との見解を示した。」


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>「県民の分断が狙いだ」高江で山城議長らの逮捕に抗議-2016年11月30日 13:16


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民約250人は30日午前、建設予定地N1地区出入り口で座り込み、県警が29日に沖縄平和運動センターの山城博治議長ら4人を威力業務妨害の疑いで逮捕したことに抗議の声を上げた。」、と報じた。
 また、「うるま市の男性は『逮捕は山城さんの拘束を長引かせ、県民の分断を図ることが狙いだ。安倍政権の策略に乗ってはいけない』と強調。別の参加者も『高江や辺野古の反対運動を弱体化させるためのキャンペーンにすぎず、でっち上げ。沖縄を実験場に、民意を封じ込める方法を試している。萎縮してはいけない』と呼び掛けた。市民によると同日午前、資材を載せたダンプ8台がメーンゲートから入る様子が確認された。」、と伝えた。


 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-県警、平和センター捜索 辺野古抗議拠点も 威力業務妨害容疑 4人逮捕-2016年11月30日 06:30


 県警警備1課と名護署は29日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で1月、コンクリート製ブロックをゲート前に積み上げて普天間飛行場移設工事に抗議し、工事車両の進入と沖縄防衛局の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いで沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)を含む計4人を逮捕した。県警は逮捕に合わせ、複数箇所で家宅捜索を実施。本紙は6カ所での捜索を確認したが、捜査関係者によると、8カ所を捜索したという。県は25日、シュワブ内の陸上工事を承諾しており、工事が本格化するのを前に、反対する市民らによる抗議行動をけん制する目的があるとみられる。

 逮捕されたのは山城議長、職業不詳男性(66)=宜野座村、職業不詳男性(59)=名護市、職業不詳男性(40)=名護市=の4人。県警は捜査に支障を来すとして、それぞれの認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は1月28日午後2時5分ごろから同30日午前8時41分ごろにかけて、移設工事を阻止するため、米軍キャンプ・シュワブゲート前の路上にコンクリート製ブロック1400個余りを幅約5メートル、高さ約2メートルに積み上げてゲートをふさぎ、複数人で車両の前に立ちふさがるなどして工事関係車両の搬入と沖縄防衛局の業務を妨害した疑い。
 県警は29日午前から、山城議長の自宅や辺野古新基地建設に反対する市民らが活動拠点としているシュワブゲート前のテント、沖縄平和運動センターなど県内の複数の関係先で家宅捜索を実施し、書類など数十点を押収したとしている。
 県警は逮捕した4人について「(事件発生時の抗議行動で)主要な役割を担っており、山城議長が扇動していた」とし、逮捕時期に関しては「多数の人が事件に関わっており、被疑者特定と裏付け捜査に時間を費やした」と説明した。
 逮捕された市民と名護署で接見した三宅俊司弁護士は「皆、黙秘している」と説明した。その上で、威力業務妨害の根拠とされるブロックを積む行為について「市民は警察の目の前でブロックを積み、その翌日に警察がそのブロックを撤去する、という行為が繰り返された」とし、抗議が警察の監視下で行われたことを説明。「威力業務妨害なら、警察はブロックを積む前に市民を止めるべきだ」と警察の対応と逮捕の理由の矛盾を指摘した。「1年近くたって逮捕した。異常な状態としか言いようがない」と非難した。


(2)沖縄タイムス-「戦後の沖縄でも、まれな権力の暴走」 池宮城紀夫弁護士(住民側弁護団長)-2016年11月30日 08:43


 今回の逮捕で、辺野古新基地と高江ヘリパッド建設に反対する住民運動を徹底的に弾圧しようとする政府の姿勢が明らかになった。政府にとっては米軍基地の提供が、自国民の表現の自由や民主主義よりも大事だということの現れだ。

 逮捕のタイミングが県の高江ヘリパッド建設と、シュワブ陸上部工事の再開容認と見事に重なる。政府や警察は県の姿勢が揺らいだ機会を逃さず、1月の出来事を持ち出して県と市民との分断を図ってきた。

 県警は市民がコンクリートブロックを積み上げる現場を確認しており、映像も記録しているはずだ。容疑を裏付ける証拠はそろっており、沖縄平和運動センターまで捜索する必要はないはずだ。県警は抵抗運動に関わる市民の情報が欲しくて、センターのパソコンを押収したのだろう。捜査権限を乱用しているのは明らかだ。

 高江や辺野古での警察の横暴は、復帰前の米軍施政下よりひどい。僕は当時の運動を見てきたが、米軍でも基地に反対する人々をむやみに逮捕・投獄することはしなかった。戦後沖縄の歴史の中でも、まれに見る権力の暴走が高江と辺野古で起きている。
(談)


(3)沖縄タイムス-米高官、翁長知事ヘリパッド容認に「驚きではない」-2016年11月30日 07:57


 【平安名純代・米国特約記者】米国務省高官は28日、翁長雄志知事が報道各社とのインタビューで北部訓練場へのヘリパッド建設を容認した発言について、「驚くことではない。われわれは沖縄県知事がヘリパッド建設に反対していたと思ったことはない」と述べ、発言を巡る県内での受け止めとの差に疑問を呈した。

 同高官は本紙の取材に対し、「沖縄県知事は、先日の日本政府との協議でも北部訓練場の年内返還を『歓迎』と明確な意思表示をしたと聞いている」と指摘。「日本政府と県知事の間では既に、SACO(日米特別行動委員会)合意の履行は重要との共通認識をもとにした信頼関係がある」と述べた。

 その上で、「ヘリパッドを新設し、訓練場を整理統合することで土地の過半が返還され、沖縄の負担軽減につながる。米軍普天間飛行場の移設も、名護市辺野古に代替施設を建設して移設することで普天間が返還され、さらなる沖縄の負担軽減となる。同じ論理だ」との見解を示した。


(4)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>「県民の分断が狙いだ」高江で山城議長らの逮捕に抗議-2016年11月30日 13:16



 東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民約250人は30日午前、建設予定地N1地区出入り口で座り込み、県警が29日に沖縄平和運動センターの山城博治議長ら4人を威力業務妨害の疑いで逮捕したことに抗議の声を上げた。

 うるま市の男性は「逮捕は山城さんの拘束を長引かせ、県民の分断を図ることが狙いだ。安倍政権の策略に乗ってはいけない」と強調。別の参加者も「高江や辺野古の反対運動を弱体化させるためのキャンペーンにすぎず、でっち上げ。沖縄を実験場に、民意を封じ込める方法を試している。萎縮してはいけない」と呼び掛けた。

 市民によると同日午前、資材を載せたダンプ8台がメーンゲートから入る様子が確認された。


by asyagi-df-2014 | 2016-11-30 17:34 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧