沖縄-辺野古・高江から-2016年11月23日

 現在、沖縄県東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、行われているのは、「県民、国民への説明が無いまま、強行に工事が進められている」(沖縄タイムス)、ということでしかない。
 


 2016年11月23日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-岸井氏「説明ないまま工事強行」 米軍ヘリパッド、ダンプ60台で砂利搬入-2016年11月22日 16:55


 沖縄タイムスは、「沖縄県東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、沖縄防衛局は22日正午までに合計60台のダンプカーで砂利を搬入した。午前9時55分ごろ、工事に反対する市民ら約20人が、N1ゲート前で『沖縄の水がめを誰が守るのだ』などと作業車両に声をあげた。警備にあたる機動隊員は、少なくとも午前9時半ごろにはメインゲートにつながる県道70号の3カ所で車両規制を実施。途中で車を止め、歩いて集会しているN1ゲートに向かった市民もいた。」、と報じた。
 また、「午前11時半ごろ、毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんが建設現場を視察。『県民、国民への説明が無いまま、強行に工事が進められている』と語った。」、と伝えた


(2)琉球新報-反戦語る 「戦争ほど恐ろしいものはない」-2016年11月23日 14:31


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米国の退役軍人らでつくる平和団体『ベテランズ・フォー・ピース(VFP)』のメンバーが21日、横浜市内で反戦平和をテーマに講演した。従軍経験や米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事が進む沖縄県東村高江で抗議活動に参加した体験を紹介し、『戦争ほど恐ろしいものはない。平和の世界を構築しよう』と呼びかけた。」
②「講演したのは『安保法制に反対する海外在住者の会』(OVERSEAs)の招きで来日中の元海兵隊員、マイケル・ヘインズさん(40)。2003年に始まったイラク戦争では戦地に派遣された。」
③「『テロなどの情報を基に一般家庭の襲撃を繰り返すうち、自分がやっていることこそテロだと思うようになった』といい、『イラク戦争後のイラクはもっと危険な国になってしまった。紛争を武力で抑え込むことはできない』と語った。」、沖縄については「ほとんどの米国人は沖縄に多くの基地があることも、辺野古の海に新たな基地が造られようとしていることも知らない。もっと知らしめたい」。そして「平和を実現するには組織作りが重要だ」と訴えた。集まった約150人は熱心に聴き入っていた。」


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>ゲート前で座り込み 午前中に抗議集会-2016年11月23日 12:46


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは23日、N1地区出入り口前で座り込みを続けた。午前中の抗議集会は、県内外から約300人が参加した。高江に住む伊佐真次東村議は『先週から夜中にも資材搬入をしている。夜中にトラックの音で起こされる住民にとっても迷惑だが、(搬入する)労働者も搾取されている。とにかく急いでヘリパッドを完成させたい政府の思惑が目に見えている』と批判した。また、午前9時55分から11時32分にかけて5回、米軍ヘリ2機が座り込む市民らの上空を低空飛行した。」、と報じた。


 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)沖縄タイムス-岸井氏「説明ないまま工事強行」 米軍ヘリパッド、ダンプ60台で砂利搬入-2016年11月22日 16:55


 沖縄県東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、沖縄防衛局は22日正午までに合計60台のダンプカーで砂利を搬入した。午前9時55分ごろ、工事に反対する市民ら約20人が、N1ゲート前で「沖縄の水がめを誰が守るのだ」などと作業車両に声をあげた。

 警備にあたる機動隊員は、少なくとも午前9時半ごろにはメインゲートにつながる県道70号の3カ所で車両規制を実施。途中で車を止め、歩いて集会しているN1ゲートに向かった市民もいた。

 午前11時半ごろ、毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんが建設現場を視察。「県民、国民への説明が無いまま、強行に工事が進められている」と語った。


(2)琉球新報-反戦語る 「戦争ほど恐ろしいものはない」-2016年11月23日 14:31


「戦場では人間性が失われていった」と振り返るマイケル・ヘインズさん(右)。左は通訳のレイチェル・クラークさん=横浜市中区の波止場会館で2016年11月21日、福永方人撮影

 米国の退役軍人らでつくる平和団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」のメンバーが21日、横浜市内で反戦平和をテーマに講演した。従軍経験や米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事が進む沖縄県東村高江で抗議活動に参加した体験を紹介し、「戦争ほど恐ろしいものはない。平和の世界を構築しよう」と呼びかけた。

 講演したのは「安保法制に反対する海外在住者の会」(OVERSEAs)の招きで来日中の元海兵隊員、マイケル・ヘインズさん(40)。2003年に始まったイラク戦争では戦地に派遣された。

 「テロなどの情報を基に一般家庭の襲撃を繰り返すうち、自分がやっていることこそテロだと思うようになった」といい、「イラク戦争後のイラクはもっと危険な国になってしまった。紛争を武力で抑え込むことはできない」と語った。

 また、沖縄については「ほとんどの米国人は沖縄に多くの基地があることも、辺野古の海に新たな基地が造られようとしていることも知らない。もっと知らしめたい」。そして「平和を実現するには組織作りが重要だ」と訴えた。集まった約150人は熱心に聴き入っていた。【福永方人】
(毎日新聞)


(3)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>ゲート前で座り込み 午前中に抗議集会-2016年11月23日 12:46


 【東】東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは23日、N1地区出入り口前で座り込みを続けた。午前中の抗議集会は、県内外から約300人が参加した。

 高江に住む伊佐真次東村議は「先週から夜中にも資材搬入をしている。夜中にトラックの音で起こされる住民にとっても迷惑だが、(搬入する)労働者も搾取されている。とにかく急いでヘリパッドを完成させたい政府の思惑が目に見えている」と批判した。

 また、午前9時55分から11時32分にかけて5回、米軍ヘリ2機が座り込む市民らの上空を低空飛行した。


by asyagi-df-2014 | 2016-11-23 17:51 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧