沖縄-辺野古・高江から-2016年11月21日

 市民は、機動隊や工事車両に、「県民は悲しんでいる。誇れる仕事をしよう」、と呼び掛けているという。
 日本のあちこちでおこってきたこと。
 理屈や理念では決着はついているはずなのに、事実は悪しき流れに陥る実態。


 2016年11月21日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。



(1)琉球新報-高江でヘリパッド工事続く ダンプカーなど40台余搬入-2016年11月21日 11:16


 琉球新報は、「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で21日午前11時現在、東村高江の同訓練場N1地区ゲートから、ダンプカーなど計40台余が砂利や土のう、芝生などを搬入した。市民は早朝からN1ゲート前の県道70号に座り込んで搬入を阻止しようとしたが、機動隊に排除され道路の両端に囲い込まれた。市民は機動隊や工事車両に『県民は悲しんでいる。誇れる仕事をしよう』などと呼び掛けた。」、と報じた。


(2)琉球新報-最高裁に中立・公正な審理求め オール沖縄900人が集会-2016年11月21日 13:23


 琉球新報は、「『辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議』は21日正午から、那覇市の福岡高裁那覇支部前の城岳公園で『最高裁に中立・公正な審理を求める集会』を開いた。主催者発表で900人が参加した。国会議員らやオール沖縄の幹事団体が登壇し、改めて辺野古新基地建設に反対する決意を県内外に発信した。オール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長が『高裁での議論は不十分だった。最高裁では中立・公正な立場でしっかり議論し、歴史に残る判決を期待している。裁判所の外からもしっかり訴え続け、勝利を勝ち取るまで諦めずに皆で頑張ろう』と訴えた。21日に東京の最高裁前で開かれた集会と連動して開催された。」、と報じた。


(3)琉球新報-判決破棄求め署名提出 辺野古反対市民団体、最高裁に-2016年11月21日 13:45


 琉球新報は、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る国と県の訴訟で、移設反対派の市民団体は21日、国勝訴とした福岡高裁那覇支部判決の破棄を求め、約5400の個人や団体から集めた署名を最高裁に提出した。署名は、最高裁が弁論を開いた上で『中立・公平に審理し、沖縄の民意に基づく知事の決断を正しく判断して、判決を破棄すること』を要望している。」、と報じた。
 また、「ピースボートの野平晋作共同代表は提出後に『辺野古移設しかないという高裁の認識は誤っている。今のままでは沖縄差別だ』と話した。9月の高裁那覇支部判決は、国の主張を支持し、翁長雄志知事が辺野古の埋め立て承認取り消しの撤回に応じないのは違法とした。県が不服として上告している。訴訟は第2小法廷が担当。最高裁は年度内にも結論を出すとみられる。」、と伝えた。


(4)琉球新報-県議会軍特委が東村と高江視察 伊集村長と意見交換-2016年11月21日 13:33


 琉球新報は、「県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)視察調査団は21日午前、東村役場を訪れ伊集盛久村長と意見交換した。意見交換は非公開で行われた。伊集村長は記者団に対し『(ヘリパッド)移設に対してどう思うか、(米軍北部訓練場が部分)返還された後はどのように使うかなど、全面的な意見交換になった』と述べた。軍特委からの陳情や要請はなかった。視察団は、午後には高江区の仲嶺久美子区長とも面談する。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>座り込みを排除、砂利や芝など搬入 抗議続く-2016年11月21日 13:14


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、沖縄防衛局は21日正午までに、延べ60台のダンプカーで砂利や芝などを搬入した。午前9時14分ごろにN1ゲート前で座り込みをしていた市民ら約40人を機動隊員約60人がごぼう抜きにし、路肩に追い込み行動を規制した。市民らは雨の中、『やんばるの森を壊すな』『なぜ沖縄だけ?』などと書かれたプラカードを掲げ、抗議活動を続けた。沖縄平和運動センターの大城悟事務局長によると、機動隊員は午前8時にはメインゲートにつながる道路の車両規制を始めた。途中で車を止め、歩いて集会をしているN1ゲートに向かった市民もいた。」、と報じた。


 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-高江でヘリパッド工事続く ダンプカーなど40台余搬入-2016年11月21日 11:16


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で21日午前11時現在、東村高江の同訓練場N1地区ゲートから、ダンプカーなど計40台余が砂利や土のう、芝生などを搬入した。

 市民は早朝からN1ゲート前の県道70号に座り込んで搬入を阻止しようとしたが、機動隊に排除され道路の両端に囲い込まれた。市民は機動隊や工事車両に「県民は悲しんでいる。誇れる仕事をしよう」などと呼び掛けた。
【琉球新報電子版】


(2)琉球新報-最高裁に中立・公正な審理求め オール沖縄900人が集会-2016年11月21日 13:23


 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は21日正午から、那覇市の福岡高裁那覇支部前の城岳公園で「最高裁に中立・公正な審理を求める集会」を開いた。主催者発表で900人が参加した。国会議員らやオール沖縄の幹事団体が登壇し、改めて辺野古新基地建設に反対する決意を県内外に発信した。

 オール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長が「高裁での議論は不十分だった。最高裁では中立・公正な立場でしっかり議論し、歴史に残る判決を期待している。裁判所の外からもしっかり訴え続け、勝利を勝ち取るまで諦めずに皆で頑張ろう」と訴えた。

 21日に東京の最高裁前で開かれた集会と連動して開催された。
【琉球新報電子版】



(3)琉球新報-判決破棄求め署名提出 辺野古反対市民団体、最高裁に-2016年11月21日 13:45


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る国と県の訴訟で、移設反対派の市民団体は21日、国勝訴とした福岡高裁那覇支部判決の破棄を求め、約5400の個人や団体から集めた署名を最高裁に提出した。

 署名は、最高裁が弁論を開いた上で「中立・公平に審理し、沖縄の民意に基づく知事の決断を正しく判断して、判決を破棄すること」を要望している。

 ピースボートの野平晋作共同代表は提出後に「辺野古移設しかないという高裁の認識は誤っている。今のままでは沖縄差別だ」と話した。

 9月の高裁那覇支部判決は、国の主張を支持し、翁長雄志知事が辺野古の埋め立て承認取り消しの撤回に応じないのは違法とした。県が不服として上告している。

 訴訟は第2小法廷が担当。最高裁は年度内にも結論を出すとみられる。
(共同通信)


(4)琉球新報-県議会軍特委が東村と高江視察 伊集村長と意見交換-2016年11月21日 13:33


 県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)視察調査団は21日午前、東村役場を訪れ伊集盛久村長と意見交換した。意見交換は非公開で行われた。伊集村長は記者団に対し「(ヘリパッド)移設に対してどう思うか、(米軍北部訓練場が部分)返還された後はどのように使うかなど、全面的な意見交換になった」と述べた。軍特委からの陳情や要請はなかった。視察団は、午後には高江区の仲嶺久美子区長とも面談する。
【琉球新報電子版】


(5)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>座り込みを排除、砂利や芝など搬入 抗議続く-2016年11月21日 13:14


 東村高江周辺で進む米軍北部訓練場のヘリパッド建設で、沖縄防衛局は21日正午までに、延べ60台のダンプカーで砂利や芝などを搬入した。午前9時14分ごろにN1ゲート前で座り込みをしていた市民ら約40人を機動隊員約60人がごぼう抜きにし、路肩に追い込み行動を規制した。

 市民らは雨の中、「やんばるの森を壊すな」「なぜ沖縄だけ?」などと書かれたプラカードを掲げ、抗議活動を続けた。

 沖縄平和運動センターの大城悟事務局長によると、機動隊員は午前8時にはメインゲートにつながる道路の車両規制を始めた。途中で車を止め、歩いて集会をしているN1ゲートに向かった市民もいた。



by asyagi-df-2014 | 2016-11-21 21:14 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧