沖縄-辺野古・高江から-2016年11月15日

「機動隊員の行為は憲法21条が保障する国民の知る権利や、報道の自由に対する重大な侵害」
「強制排除の法的根拠に疑問が示される中で、取材現場から事実を報道する役割は極めて大きい」
「近世まで独立国家として、日本本土とは異なる歴史を歩んだ」
「地元紙2紙は、沖縄の基地問題を考える上で不可欠な情報を国民に提供している」
「沖縄戦や戦後の米軍統治を経て本土に復帰した経緯から、米軍や日本政府の沖縄に対する姿勢を知ることは、沖縄の今後を知る上で極めて重要」



 岡山弁護士会のこの主張は、繰り返し頭に入れる必要がある。



 2016年11月15日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-建設反対、国に文書を 高江住民が村に要求-2016年11月15日 09:57


 琉球新報は、「東村の伊集盛久村長らと同村高江区の住民らによる行政懇談会が14日、高江公民館で行われた。懇談会は約1時間半、報道陣へは非公開で開かれた。出席者によると、米軍北部訓練場の新たなヘリパッド建設を巡る議論もあった。政府から村を通した区への財政支援に関し、住民からは迷惑料として受け取るが、ヘリパッド建設反対は堅持することを明文化し政府へ提出するべきだとの意見が出た。」、と報じた。
 また、「仲嶺久美子区長は記者団に『今後、内容を調整したい』と語った。懇談会後、伊集村長は記者団に財政支援に関し『(区でも受け取る方向が)決定されているので、われわれもその方向で調整したい。政府も前向きに考えている』と語った。既に完成し運用が始まっているN4地区に関し、村側からは集落上空を飛ばない形での飛行ルート変更を沖縄防衛局に要請しているとの説明があった。」、と伝えた。


(2)琉球新報-「山破壊で海が死ぬ」 反対決意強く漁師・山城さん-2016年11月15日 10:06


 琉球新報は、標題について次のように伝えた。


①高江で続いている米軍のヘリパッド建設抗議行動で14日、初めて抗議船1隻が出た。船長を務めるのは漁師の山城善勝(よしかつ)さん(72)。カヌーで宇嘉川河口へ上陸し、抗議活動へ出掛けた仲間を船上で待った。正午を過ぎると、空輸された資材の場所を目指して崖を登る市民が数人、船から見えた。「海は父。山は母。山が破壊されれば赤土が海へ流れ、どちらも死ぬ」。眉間にしわを寄せながら、仲間を見上げる。漁師になっておよそ50年。海でも「対」である山を守るため、ヘリパッド建設には断固反対を唱える。
②山城さんは1959年、通っていた石川中の2階から、火を噴きながら迫ってくるジェット機が宮森小に墜落するのを見た。本土復帰に憧れ、コザ騒動にも参加した。宮森小の事故から57年。『復帰前と比べて沖縄は悪くなっている。かつての敵は米国だったが、今は日本にも差別されている』。苦悶(くもん)の表情を見せる。それでも『勝利するまでは諦めないよ。今までの苦しみを忘れることはできない』。真っすぐに山を見詰め直した。
③「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは14日、『G地区』から訓練道でつながる宇嘉川河口付近を中心に36人で抗議活動を行った。市民らは民間ヘリが資材を空輸した場所を目指して崖を登り、訓練道の整備工事に抗議した。カヌー3艇が宇嘉川河口へ上陸した。 同日午前10時半ごろ、宇嘉川河口に市民ら約30人が集結。資材が降ろされた場所へは歩行ルートがあるとされるが、機動隊が隊列を組んで阻止しているという。市民らは切り立った崖を散り散りによじ登り、空輸された資材が4カ所に降ろされたのを確認した。「G地区」から宇嘉川河口につながる歩行訓練道2570メートルのうち、まだ森林管理署の許可を得られていない恐れのある820メートル部分に資材が降ろされた可能性があるという。」


(3)沖縄タイムス-「我々の税金が飛んでいる」米軍ヘリパッド建設に民間ヘリ-2016年11月15日 08:28


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄防衛局は14日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、国頭村安波の『G地区』と宇嘉川河口部を結ぶ歩行訓練ルートの工事のため、民間のヘリコプターを使用して資機材を搬入した。関係者によると、15日も引き続きヘリを使った搬入を継続する見通し。
②「防衛局によると、G地区から提供水域までの歩行ルートの整備上、地形が急斜面なため、建設に関する資機材の運搬が困難な区域があることから、ヘリによる搬入が必要だとの判断をした。歩行ルートは東海岸に流れる宇嘉川河口付近からG地区につながる道で、全長は約2キロ。ゴムボートで歩兵部隊が上陸し、オスプレイや攻撃ヘリなどと連携した訓練などが想定されているという。政府は1998年12月に宇嘉川河口部の陸域38ヘクタールと水域121ヘクタールを提供している。歩行訓練ルートが完成すると、海側からの上陸訓練が可能になるなど、建設しているヘリパッド4カ所で運用上、必要な条件が整うことになる。」
③「県は4日、歩行訓練ルートは防衛局が2007年に提出した環境影響評価図書に記載がない「新たな工事」だとして、反対する考えを文書で伝えていた。ただ、政府は12月20日を軸に訓練場の返還式典を実施したい考えで、工事を継続する方針だ。」
④「米軍北部訓練場のヘリパッド建設が進むやんばるの森に14日、沖縄防衛局がチャーターした民間ヘリコプターのローター音が約2カ月ぶりに響いた。ヘリは訓練場内を12回往復し、発電機などの資材を運搬。建設に反対する市民は『ヘリ使用に反発がある中、県民の気持ちを逆なでする行為だ』と憤った。」
⑤「ヘリが訓練場に飛来したのは午前9時半すぎ。目撃した大阪府の大学生(21)は『ヘリの音で何も聞こえなくなり、悲しくなった。機動隊は一体何を守っているのか。自然への傲慢(ごうまん)だと思う』」。浦添市の男性(67)は『県民が反発する中であえて飛ばしたのは、何とか建設したいという国の強引な姿勢だ。絶対に許せない』と力を込めた。」
⑥「『われわれの税金が飛んでいる』。本部町の男性(68)はヘリを見上げ、あきれたようにつぶやいた。神奈川県の自営業の男性(52)も同調し『教育や福祉に使うべきお金を基地建設のために使うのは、非常にむなしい行為だ』と指摘した。」
⑦「この日もN1地区ゲート前では反対する市民と機動隊員がにらみ合う中、土砂を積んだダンプ延べ55台がゲートを出入りした。」


(4)沖縄タイムス-.<米軍ヘリパッド>完成急ぐ国、空輸数増1日11回 北部訓練場返還まで1カ月【深掘り】-2016年11月15日 10:00


 沖縄タイムスは、標題について、次のように報じた。


①「米軍北部訓練場の『G地区』ヘリパッドと国頭村宇嘉川河口部を結ぶ歩行ルート建設のために、沖縄防衛局は14日、再び民間ヘリを投入し、資機材を搬入した。9月に使用したときより1日の空輸回数は上回った。ヘリパッドを米側に提供し、北部訓練場の過半を返還するまで残り約1カ月。防衛局は完成を急いでいる。
②「政府は来月20日に、菅義偉官房長官やケネディ駐日米大使が出席し、県内で返還式典を開くよう調整している。翁長雄志知事も招く予定だ。北部訓練場の約4千ヘクタールの返還は、六つのヘリパッドの移設が条件。防衛省が考える『完成』の状況はヘリパッドに加え、付帯する進入路や通行路の補修も含んでいる。」
③「沖縄防衛局が10月28日に、歩行ルートを建設するための環境影響評価をまとめた文書を提出した際、県は『新たな工事』だとして反対する考えを伝えたが、防衛局が押し切った。」
④「翁長知事は11日の会見でも、歩道整備は自然環境への影響が大きく実施すべきではないとして『政府の姿勢は到底容認できない』と批判した。だが、完成を急ぐ防衛局は、14日に工事用資機材を空輸するため民間ヘリを11回使用。9月は4日間で1日あたり5回~8回だった。」
⑤「最初に着手したN1地区は芝張りなど最後の仕上げ作業に入っており、完成は間近。防衛省関係者によると予定通り工事は進んでいるという。防衛局は、近く米軍から返還通知を受け取り、返還対象地の地権者へ賃貸借契約解除の通知を今週中にも送付する計画だ。」


(5)沖縄タイムス-岡山弁護士会が記者排除に抗議声明 「重大な人権侵害」-2016年11月15日 05:00


 沖縄タイムスは、「岡山弁護士会(水田美由紀会長)は9日、米軍北部訓練場の建設現場付近で機動隊員が沖縄タイムスと琉球新報の記者を強制排除し、取材を制限したことに抗議する会長声明を出した。」、「弁護士会は『機動隊員の行為は憲法21条が保障する国民の知る権利や、報道の自由に対する重大な侵害』と批判。『強制排除の法的根拠に疑問が示される中で、取材現場から事実を報道する役割は極めて大きい』と主張した。」、と報じた。
 また、「沖縄は『近世まで独立国家として、日本本土とは異なる歴史を歩んだ』『地元紙2紙は、沖縄の基地問題を考える上で不可欠な情報を国民に提供している』と指摘し『沖縄戦や戦後の米軍統治を経て本土に復帰した経緯から、米軍や日本政府の沖縄に対する姿勢を知ることは、沖縄の今後を知る上で極めて重要』と主張した。」、と伝えた。



 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-建設反対、国に文書を 高江住民が村に要求-2016年11月15日 09:57



 【東】東村の伊集盛久村長らと同村高江区の住民らによる行政懇談会が14日、高江公民館で行われた。懇談会は約1時間半、報道陣へは非公開で開かれた。出席者によると、米軍北部訓練場の新たなヘリパッド建設を巡る議論もあった。

 政府から村を通した区への財政支援に関し、住民からは迷惑料として受け取るが、ヘリパッド建設反対は堅持することを明文化し政府へ提出するべきだとの意見が出た。

 仲嶺久美子区長は記者団に「今後、内容を調整したい」と語った。懇談会後、伊集村長は記者団に財政支援に関し「(区でも受け取る方向が)決定されているので、われわれもその方向で調整したい。政府も前向きに考えている」と語った。

 既に完成し運用が始まっているN4地区に関し、村側からは集落上空を飛ばない形での飛行ルート変更を沖縄防衛局に要請しているとの説明があった。


(2)琉球新報-「山破壊で海が死ぬ」 反対決意強く漁師・山城さん-2016年11月15日 10:06


 高江で続いている米軍のヘリパッド建設抗議行動で14日、初めて抗議船1隻が出た。船長を務めるのは漁師の山城善勝(よしかつ)さん(72)。カヌーで宇嘉川河口へ上陸し、抗議活動へ出掛けた仲間を船上で待った。正午を過ぎると、空輸された資材の場所を目指して崖を登る市民が数人、船から見えた。「海は父。山は母。山が破壊されれば赤土が海へ流れ、どちらも死ぬ」。眉間にしわを寄せながら、仲間を見上げる。

 漁師になっておよそ50年。海でも「対」である山を守るため、ヘリパッド建設には断固反対を唱える。

 山城さんは1959年、通っていた石川中の2階から、火を噴きながら迫ってくるジェット機が宮森小に墜落するのを見た。本土復帰に憧れ、コザ騒動にも参加した。宮森小の事故から57年。「復帰前と比べて沖縄は悪くなっている。かつての敵は米国だったが、今は日本にも差別されている」。苦悶(くもん)の表情を見せる。それでも「勝利するまでは諦めないよ。今までの苦しみを忘れることはできない」。真っすぐに山を見詰め直した。(嘉数陽)
■抗議船初出航 宇嘉川河口からヘリ搬入に抗議
 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは14日、「G地区」から訓練道でつながる宇嘉川河口付近を中心に36人で抗議活動を行った。市民らは民間ヘリが資材を空輸した場所を目指して崖を登り、訓練道の整備工事に抗議した。カヌー3艇が宇嘉川河口へ上陸した。

 同日午前10時半ごろ、宇嘉川河口に市民ら約30人が集結。資材が降ろされた場所へは歩行ルートがあるとされるが、機動隊が隊列を組んで阻止しているという。市民らは切り立った崖を散り散りによじ登り、空輸された資材が4カ所に降ろされたのを確認した。

 「G地区」から宇嘉川河口につながる歩行訓練道2570メートルのうち、まだ森林管理署の許可を得られていない恐れのある820メートル部分に資材が降ろされた可能性があるという。


(3)沖縄タイムス-「我々の税金が飛んでいる」米軍ヘリパッド建設に民間ヘリ-2016年11月15日 08:28


 沖縄防衛局は14日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、国頭村安波の「G地区」と宇嘉川河口部を結ぶ歩行訓練ルートの工事のため、民間のヘリコプターを使用して資機材を搬入した。関係者によると、15日も引き続きヘリを使った搬入を継続する見通し。

 防衛局によると、G地区から提供水域までの歩行ルートの整備上、地形が急斜面なため、建設に関する資機材の運搬が困難な区域があることから、ヘリによる搬入が必要だとの判断をした。

 歩行ルートは東海岸に流れる宇嘉川河口付近からG地区につながる道で、全長は約2キロ。ゴムボートで歩兵部隊が上陸し、オスプレイや攻撃ヘリなどと連携した訓練などが想定されているという。政府は1998年12月に宇嘉川河口部の陸域38ヘクタールと水域121ヘクタールを提供している。歩行訓練ルートが完成すると、海側からの上陸訓練が可能になるなど、建設しているヘリパッド4カ所で運用上、必要な条件が整うことになる。

 県は4日、歩行訓練ルートは防衛局が2007年に提出した環境影響評価図書に記載がない「新たな工事」だとして、反対する考えを文書で伝えていた。

 ただ、政府は12月20日を軸に訓練場の返還式典を実施したい考えで、工事を継続する方針だ。

機動隊は一体何を守っているのか

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設が進むやんばるの森に14日、沖縄防衛局がチャーターした民間ヘリコプターのローター音が約2カ月ぶりに響いた。ヘリは訓練場内を12回往復し、発電機などの資材を運搬。建設に反対する市民は「ヘリ使用に反発がある中、県民の気持ちを逆なでする行為だ」と憤った。

 ヘリが訓練場に飛来したのは午前9時半すぎ。目撃した大阪府の大学生(21)は「ヘリの音で何も聞こえなくなり、悲しくなった。機動隊は一体何を守っているのか。自然への傲慢(ごうまん)だと思う」。浦添市の男性(67)は「県民が反発する中であえて飛ばしたのは、何とか建設したいという国の強引な姿勢だ。絶対に許せない」と力を込めた。

 「われわれの税金が飛んでいる」。本部町の男性(68)はヘリを見上げ、あきれたようにつぶやいた。神奈川県の自営業の男性(52)も同調し「教育や福祉に使うべきお金を基地建設のために使うのは、非常にむなしい行為だ」と指摘した。

 この日もN1地区ゲート前では反対する市民と機動隊員がにらみ合う中、土砂を積んだダンプ延べ55台がゲートを出入りした。


(4)沖縄タイムス-.<米軍ヘリパッド>完成急ぐ国、空輸数増1日11回 北部訓練場返還まで1カ月【深掘り】-2016年11月15日 10:00


 米軍北部訓練場の「G地区」ヘリパッドと国頭村宇嘉川河口部を結ぶ歩行ルート建設のために、沖縄防衛局は14日、再び民間ヘリを投入し、資機材を搬入した。9月に使用したときより1日の空輸回数は上回った。ヘリパッドを米側に提供し、北部訓練場の過半を返還するまで残り約1カ月。防衛局は完成を急いでいる。

ゲート内に入る大型ダンプカーとヘリパッド建設に抗議する市民ら=11日午前10時、東村高江
 政府は来月20日に、菅義偉官房長官やケネディ駐日米大使が出席し、県内で返還式典を開くよう調整している。翁長雄志知事も招く予定だ。

 北部訓練場の約4千ヘクタールの返還は、六つのヘリパッドの移設が条件。防衛省が考える「完成」の状況はヘリパッドに加え、付帯する進入路や通行路の補修も含んでいる。

 沖縄防衛局が10月28日に、歩行ルートを建設するための環境影響評価をまとめた文書を提出した際、県は「新たな工事」だとして反対する考えを伝えたが、防衛局が押し切った。

 翁長知事は11日の会見でも、歩道整備は自然環境への影響が大きく実施すべきではないとして「政府の姿勢は到底容認できない」と批判した。

 だが、完成を急ぐ防衛局は、14日に工事用資機材を空輸するため民間ヘリを11回使用。9月は4日間で1日あたり5回~8回だった。

 最初に着手したN1地区は芝張りなど最後の仕上げ作業に入っており、完成は間近。防衛省関係者によると予定通り工事は進んでいるという。

 防衛局は、近く米軍から返還通知を受け取り、返還対象地の地権者へ賃貸借契約解除の通知を今週中にも送付する計画だ。


(5)沖縄タイムス-岡山弁護士会が記者排除に抗議声明 「重大な人権侵害」-2016年11月15日 05:00


 岡山弁護士会(水田美由紀会長)は9日、米軍北部訓練場の建設現場付近で機動隊員が沖縄タイムスと琉球新報の記者を強制排除し、取材を制限したことに抗議する会長声明を出した。

 弁護士会は「機動隊員の行為は憲法21条が保障する国民の知る権利や、報道の自由に対する重大な侵害」と批判。「強制排除の法的根拠に疑問が示される中で、取材現場から事実を報道する役割は極めて大きい」と主張した。

 沖縄は「近世まで独立国家として、日本本土とは異なる歴史を歩んだ」「地元紙2紙は、沖縄の基地問題を考える上で不可欠な情報を国民に提供している」と指摘し「沖縄戦や戦後の米軍統治を経て本土に復帰した経緯から、米軍や日本政府の沖縄に対する姿勢を知ることは、沖縄の今後を知る上で極めて重要」と主張した。


by asyagi-df-2014 | 2016-11-15 18:15 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧