沖縄-辺野古・高江から-2016年11月12日

 翁長雄志沖縄県知事は、「沖縄の歴史、なぜ沖縄担当相という役職があるのか含め、議論する機会があれば、しっかりお伝えしたい」と強調したという。
 政治家とは何なのか。
 劣化とは何なのか。
 またしても、「沖縄から日本が見える」、に陥ってしまっている。


 2016年11月12日、沖縄-辺野古・高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-米兵の酒気帯び運転2件 那覇と読谷で相次ぐ-2016年11月12日 10:42


 琉球新報は、「11日夜から12日未明にかけて、本島中南部で米兵による酒気帯び運転が2件相次いで発生した。嘉手納署は11日午後11時8分ごろ、読谷村比謝の村道で基準値(呼気1リットル中0・15ミリグラム)を超える酒気を帯びた状態で自動車を運転したとしてトリイステーション所属の米陸軍二等兵曹の男(29)を道路交通法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。男は容疑を認めているという。」、「那覇署は12日午前3時14分、那覇市松山の市道で酒気帯び運転をしたとして、キャンプ・コートニー所属の米海兵隊伍長の男(23)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。男の呼気からは基準値2倍強のアルコールが検知された。男は『大量には飲んでいない』と容疑を一部否認しているという。」、と報じた。


(2)琉球新報-ゲート前から車両消える ツール・ド・おきなわ開催で-2016年11月12日 11:14


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事で12日午前、N1地区のゲート前の県道70号には警察車両、建設に抗議する市民関連の車両も全て移動し、駐車車両がない状態になった。ゲート前を走る県道70号は12、13の両日、本島北部で開催される『ツール・ド・おきなわ2016大会』のコースになっている。車両の移動については12日に行われる一般の各種サイクリングや13日のレースの安全性を確保するため、大会事務局、警察、市民らで調整していた。」
②「12日午前10時半現在、N1地区ゲート前には、ゲートをふさぐための大型車両など2台と反対市民の車1台だけが県道には出ない形で駐車されている。ただ午前11時現在、N1地区ゲートとメーンゲートの間に民間警備員の車数台は残っている。民間警備員は警備を続けているが、機動隊員など警察は付近で確認されていない。沖縄防衛局による砂利の搬入も行われていない。」
③「建設に反対する土曜日一斉行動の集会は午前7時ごろから約250人が参加して行われた。高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会の間島孝彦共同代表が『「きょうと明日はロードレースが行われる。きのうはダンプカーの砂利搬入は12台できょうと明日はゼロ台だ。3日間砂利搬入は止まることになる』と述べた。午前9時半ごろには『路上に1台も車がないようにしよう』と呼び掛け、東村高江にある新川ダムの駐車場に車両を移動するよう呼び掛けた。この日は同駐車場で集会を継続する予定。」


(3)沖縄タイムス-平和運動センターの山城博治議長ら2人を起訴 那覇地検-2016年11月11日 13:06


 沖縄タイムスは、「那覇地検は11日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設現場付近で防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害と公務執行妨害の両罪で、沖縄平和運動センター議長の山城博治議長(64)ら2人を起訴した。山城議長は同日付で、北部訓練場への侵入防止用に設置していた有刺鉄線1本を切断したとして、器物損壊罪でも起訴された。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-沖縄県と2村、ヘリパッド再アセス要求 オスプレイ対象に-2016年11月11日 18:00


 
 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、沖縄県の翁長雄志知事は11日午後、会見を開き、東村、国頭村とともに政府に対しオスプレイの使用を前提とした環境影響評価の再実施を求めると発表した。オスプレイの配備撤回も求めた。知事は月内にも上京し、防衛省に要請する方針。沖縄防衛局の自主アセスはCH53ヘリコプターを対象としているが、既に完成したN4地区のヘリパッドではオスプレイの訓練が繰り返し実施されている。」
②「N4の運用開始後、東村高江では騒音が増加しており、知事は『生活、自然環境への影響が懸念される』と指摘。現在、防衛局が建設を進めている4カ所の運用開始前に、オスプレイを対象としたアセスを実施するよう求めた。」
③「会見には国頭村の宮城久和村長、東村の伊集盛久村長は同席しなかった。」


(5)沖縄タイムス-ヘリパッド再アセス要求 沖縄知事会見に2村長がいなかったワケ-2016年11月12日 07:02


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、沖縄県と国頭、東の両村が環境影響評価(アセスメント)の再実施を政府に求めた。実際にオスプレイを使用しているにもかかわらず、どのような影響が出るか調査をしない政府に、県だけでなく容認する地元2村も切実な声を上げた。だが、知事との共同会見の席に両村長の姿はなかった。振興策で政府、与党との関係を深める2村と県との間に、すきま風が吹く。」
②「『オスプレイを使うなら、オスプレイで調査をしてもらわないと話にならない』。県幹部の一人は、オスプレイでのアセスに応じない沖縄防衛局の姿勢を強く批判した。県は仲井真弘多知事時代の2013年にも再アセスを要求した。だが、防衛局は応じず、15年2月には先に提供されたN4地区でオスプレイの訓練を開始した。幹部は、『国はあまりにも県民に不誠実だ』と訴える。」
③「国は、北部訓練場のことし12月中の返還を決め、ヘリパッド4カ所の工事は既に最終段階に入っている。『完成』を目前に控える中でのアセス実施要求に、防衛省関係者は『アセスを実施すれば返還は遅れる』とけん制する。」
④「一方、ヘリパッドに対する東、国頭両村と県の立場は異なる。2村が建設を容認しているのに対し、県は『オスプレイ使用』の場合は容認できないが、知事は明確に『反対』の立場はとらない。」
⑤「防衛省関係者は今回の3者合意を『反対と言えない翁長知事が、周囲に反対しているように見せかけるパフォーマンスだ』と冷ややかにみる。別の関係者も、『地元2村と唯一合意できるのが【オスプレイ反対】。その1点で足並みをそろえたのは、返還を【歓迎】して批判を浴びた苦い思い出を払拭(ふっしょく)したいのでは』と邪推する。」
⑥「11日の会見には当初、国頭村の宮城久和村長が参加する予定だった。だが、11日の昼ごろになり、急きょキャンセルの連絡が県に入った。宮城村長は本紙の取材に『要請には連名でサインしている。考え方は知事と変わらない』と足並みをそろえる。だが、東村関係者は『今回の話は県から一方的にあった』とし、『ヘリパッドで揺らぐオール沖縄を立て直そうとする知事に、利用されているとしか思えない』と不信感を募らせる。また、別の村関係者は政府に高江区への振興費の直接交付を求めているため、『今、知事と一緒に会見で並べば、防衛からどんな電話がかかってくるか分からない』と打ち明ける。」
⑦「『アメとムチ』で県内が分断される構図が、如実に浮き彫りになった形だ。県関係者は、今回の3者合意は被害を受ける地元の声を広く内外に伝えるためで、『絶対にオスプレイの配備と使用は許さないという県の意思表示でもある』と強調する。『ヘリパッドが造られるのを指をくわえて眺めているわけにはいかない。完成しても反対の声を上げる、県の姿勢の表れだ』」


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>N1表側出入り口付近で抗議集会-2016年11月12日 11:11


 沖縄タイムスは、「東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは12日、米軍北部訓練場N1地区表側出入り口付近で集会を開き、約190人が参加した。普段は付近の県道に機動隊車両が何台も停車し、市民らの横で機動隊員らが監視しているが、同日はなく、仮設フェンス内に隊員ら数人だけで、車両は数回行き来していた。」、と報じた。
 また、「ツール・ド・おきなわのサイクリングへの影響を避けるため、市民らは午前9時40分ごろに同場所での集会を閉め、新川ダムに向かう県道付近に移動して開いている。」、「市民らによると、午前10時半現在、N1やメーンゲートから砂利を積んだトラックなどの搬入は確認されていない。」、と報じた。


(7)沖縄タイムス-翁長知事、鶴保氏に「なぜ沖縄相という役職があるのか伝えたい」-2016年11月12日 05:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県の翁長雄志知事は11日の定例会見で、鶴保庸介沖縄担当相が『【土人】発言』に『差別と断定できない』などの認識を示したことに『沖縄の歴史が分かっていれば、出てこない(発言)と思う。大変遺憾であり、残念だ』と失望感を示した。『【土人】発言』そのものには【県知事としても一県民としても言語道断で、到底許せるものではなく、強い憤りを感じている】と改めて怒りを表明した。」
②「知事は沖縄担当相の職責について『閣僚の中で一番、沖縄に気持ちを寄せ、気持ちをくんで沖縄の振興を一緒に頑張っていく立場にある』と指摘。『そういった言動が複数回、話題になるのは大変残念だ』と述べた。その上で『沖縄の歴史、なぜ沖縄担当相という役職があるのか含め、議論する機会があれば、しっかりお伝えしたい』と強調した。」
③「米大統領選でトランプ氏が当選したことを受けた対応では『沖縄問題はたいへん微妙な難しい問題だ。本人に少しでも直接報告したいと思い、ワシントン事務所には指示をしている』と説明。県ワシントン事務所に、トランプ氏との直接会談を実現するよう指示したことを明らかにした。」
④「鶴保庸介沖縄担当相は11日の閣議後会見で、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に抗議する市民に対する大阪府警の機動隊員による『土人』との発言に関して、『差別と断じることは到底できない』とした自らの発言を撤回しない考えを改めて示した。民進党の蓮舫代表が『理解できない』と批判したことに対しては、『何度も同じ事を繰り返すしかこの件にはないので、コメントございません。ここでもう一度繰り返すと、またいろいろ言った、言わないになる』と述べるにとどめた。金田勝年法相が『差別的発言』だと認めていることについて、鶴保氏は詳細を把握していないとして『法相に話を聞いていただければと思う』とした。公明党の井上義久幹事長は同日の会見で、鶴保氏の発言に関し『沖縄が、沖縄への蔑視や差別の象徴として捉えていることを重く見る必要がある』と苦言を呈した。」


 以下、琉球新報及び沖縄タイムスの引用。








(1)琉球新報-米兵の酒気帯び運転2件 那覇と読谷で相次ぐ-2016年11月12日 10:42


 11日夜から12日未明にかけて、本島中南部で米兵による酒気帯び運転が2件相次いで発生した。嘉手納署は11日午後11時8分ごろ、読谷村比謝の村道で基準値(呼気1リットル中0・15ミリグラム)を超える酒気を帯びた状態で自動車を運転したとしてトリイステーション所属の米陸軍二等兵曹の男(29)を道路交通法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。男は容疑を認めているという。

 那覇署は12日午前3時14分、那覇市松山の市道で酒気帯び運転をしたとして、キャンプ・コートニー所属の米海兵隊伍長の男(23)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。男の呼気からは基準値2倍強のアルコールが検知された。男は「大量には飲んでいない」と容疑を一部否認しているという。【琉球新報電子版】


(2)琉球新報-ゲート前から車両消える ツール・ド・おきなわ開催で-2016年11月12日 11:14


 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事で12日午前、N1地区のゲート前の県道70号には警察車両、建設に抗議する市民関連の車両も全て移動し、駐車車両がない状態になった。ゲート前を走る県道70号は12、13の両日、本島北部で開催される「ツール・ド・おきなわ2016大会」のコースになっている。車両の移動については12日に行われる一般の各種サイクリングや13日のレースの安全性を確保するため、大会事務局、警察、市民らで調整していた。

 12日午前10時半現在、N1地区ゲート前には、ゲートをふさぐための大型車両など2台と反対市民の車1台だけが県道には出ない形で駐車されている。ただ午前11時現在、N1地区ゲートとメーンゲートの間に民間警備員の車数台は残っている。民間警備員は警備を続けているが、機動隊員など警察は付近で確認されていない。沖縄防衛局による砂利の搬入も行われていない。
 建設に反対する土曜日一斉行動の集会は午前7時ごろから約250人が参加して行われた。高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会の間島孝彦共同代表が「きょうと明日はロードレースが行われる。きのうはダンプカーの砂利搬入は12台できょうと明日はゼロ台だ。3日間砂利搬入は止まることになる」と述べた。午前9時半ごろには「路上に1台も車がないようにしよう」と呼び掛け、東村高江にある新川ダムの駐車場に車両を移動するよう呼び掛けた。この日は同駐車場で集会を継続する予定。【琉球新報電子版】



(3)沖縄タイムス-平和運動センターの山城博治議長ら2人を起訴 那覇地検-2016年11月11日 13:06


 那覇地検は11日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設現場付近で防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害と公務執行妨害の両罪で、沖縄平和運動センター議長の山城博治議長(64)ら2人を起訴した。

 山城議長は同日付で、北部訓練場への侵入防止用に設置していた有刺鉄線1本を切断したとして、器物損壊罪でも起訴された。


(4)沖縄タイムス-沖縄県と2村、ヘリパッド再アセス要求 オスプレイ対象に-2016年11月11日 18:00


 米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、沖縄県の翁長雄志知事は11日午後、会見を開き、東村、国頭村とともに政府に対しオスプレイの使用を前提とした環境影響評価の再実施を求めると発表した。オスプレイの配備撤回も求めた。知事は月内にも上京し、防衛省に要請する方針。

 沖縄防衛局の自主アセスはCH53ヘリコプターを対象としているが、既に完成したN4地区のヘリパッドではオスプレイの訓練が繰り返し実施されている。

 N4の運用開始後、東村高江では騒音が増加しており、知事は「生活、自然環境への影響が懸念される」と指摘。現在、防衛局が建設を進めている4カ所の運用開始前に、オスプレイを対象としたアセスを実施するよう求めた。

 会見には国頭村の宮城久和村長、東村の伊集盛久村長は同席しなかった。


(5)沖縄タイムス-ヘリパッド再アセス要求 沖縄知事会見に2村長がいなかったワケ-2016年11月12日 07:02


 沖縄県米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り、沖縄県と国頭、東の両村が環境影響評価(アセスメント)の再実施を政府に求めた。実際にオスプレイを使用しているにもかかわらず、どのような影響が出るか調査をしない政府に、県だけでなく容認する地元2村も切実な声を上げた。だが、知事との共同会見の席に両村長の姿はなかった。振興策で政府、与党との関係を深める2村と県との間に、すきま風が吹く。(政経部・大野亨恭、北部報道部・城間陽介、東京報道部・上地一姫)

 「オスプレイを使うなら、オスプレイで調査をしてもらわないと話にならない」。県幹部の一人は、オスプレイでのアセスに応じない沖縄防衛局の姿勢を強く批判した。

 県は仲井真弘多知事時代の2013年にも再アセスを要求した。だが、防衛局は応じず、15年2月には先に提供されたN4地区でオスプレイの訓練を開始した。幹部は、「国はあまりにも県民に不誠実だ」と訴える。

 国は、北部訓練場のことし12月中の返還を決め、ヘリパッド4カ所の工事は既に最終段階に入っている。「完成」を目前に控える中でのアセス実施要求に、防衛省関係者は「アセスを実施すれば返還は遅れる」とけん制する。

 一方、ヘリパッドに対する東、国頭両村と県の立場は異なる。2村が建設を容認しているのに対し、県は「オスプレイ使用」の場合は容認できないが、知事は明確に「反対」の立場はとらない。

 防衛省関係者は今回の3者合意を「反対と言えない翁長知事が、周囲に反対しているように見せかけるパフォーマンスだ」と冷ややかにみる。別の関係者も、「地元2村と唯一合意できるのが『オスプレイ反対』。その1点で足並みをそろえたのは、返還を『歓迎』して批判を浴びた苦い思い出を払拭(ふっしょく)したいのでは」と邪推する。

 11日の会見には当初、国頭村の宮城久和村長が参加する予定だった。だが、11日の昼ごろになり、急きょキャンセルの連絡が県に入った。

 宮城村長は本紙の取材に「要請には連名でサインしている。考え方は知事と変わらない」と足並みをそろえる。だが、東村関係者は「今回の話は県から一方的にあった」とし、「ヘリパッドで揺らぐオール沖縄を立て直そうとする知事に、利用されているとしか思えない」と不信感を募らせる。

 また、別の村関係者は政府に高江区への振興費の直接交付を求めているため、「今、知事と一緒に会見で並べば、防衛からどんな電話がかかってくるか分からない」と打ち明ける。

 「アメとムチ」で県内が分断される構図が、如実に浮き彫りになった形だ。

 県関係者は、今回の3者合意は被害を受ける地元の声を広く内外に伝えるためで、「絶対にオスプレイの配備と使用は許さないという県の意思表示でもある」と強調する。「ヘリパッドが造られるのを指をくわえて眺めているわけにはいかない。完成しても反対の声を上げる、県の姿勢の表れだ」


(6)沖縄タイムス-<米軍ヘリパッド>N1表側出入り口付近で抗議集会-2016年11月12日 11:11


 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは12日、米軍北部訓練場N1地区表側出入り口付近で集会を開き、約190人が参加した。普段は付近の県道に機動隊車両が何台も停車し、市民らの横で機動隊員らが監視しているが、同日はなく、仮設フェンス内に隊員ら数人だけで、車両は数回行き来していた。

 ツール・ド・おきなわのサイクリングへの影響を避けるため、市民らは午前9時40分ごろに同場所での集会を閉め、新川ダムに向かう県道付近に移動して開いている。

 市民らによると、午前10時半現在、N1やメーンゲートから砂利を積んだトラックなどの搬入は確認されていない。


(7)沖縄タイムス-翁長知事、鶴保氏に「なぜ沖縄相という役職があるのか伝えたい」-2016年11月12日 05:00


 沖縄県の翁長雄志知事は11日の定例会見で、鶴保庸介沖縄担当相が「『土人』発言」に「差別と断定できない」などの認識を示したことに「沖縄の歴史が分かっていれば、出てこない(発言)と思う。大変遺憾であり、残念だ」と失望感を示した。「『土人』発言」そのものには「県知事としても一県民としても言語道断で、到底許せるものではなく、強い憤りを感じている」と改めて怒りを表明した。

 知事は沖縄担当相の職責について「閣僚の中で一番、沖縄に気持ちを寄せ、気持ちをくんで沖縄の振興を一緒に頑張っていく立場にある」と指摘。「そういった言動が複数回、話題になるのは大変残念だ」と述べた。

 その上で「沖縄の歴史、なぜ沖縄担当相という役職があるのか含め、議論する機会があれば、しっかりお伝えしたい」と強調した。

 米大統領選でトランプ氏が当選したことを受けた対応では「沖縄問題はたいへん微妙な難しい問題だ。本人に少しでも直接報告したいと思い、ワシントン事務所には指示をしている」と説明。県ワシントン事務所に、トランプ氏との直接会談を実現するよう指示したことを明らかにした。
■鶴保大臣、発言撤回せず 
 【東京】鶴保庸介沖縄担当相は11日の閣議後会見で、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に抗議する市民に対する大阪府警の機動隊員による「土人」との発言に関して、「差別と断じることは到底できない」とした自らの発言を撤回しない考えを改めて示した。

 民進党の蓮舫代表が「理解できない」と批判したことに対しては、「何度も同じ事を繰り返すしかこの件にはないので、コメントございません。ここでもう一度繰り返すと、またいろいろ言った、言わないになる」と述べるにとどめた。

 金田勝年法相が「差別的発言」だと認めていることについて、鶴保氏は詳細を把握していないとして「法相に話を聞いていただければと思う」とした。

 公明党の井上義久幹事長は同日の会見で、鶴保氏の発言に関し「沖縄が、沖縄への蔑視や差別の象徴として捉えていることを重く見る必要がある」と苦言を呈した。


by asyagi-df-2014 | 2016-11-12 17:43 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧